エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 米HIV/エイズ国家戦略:2020年に向けた更新版 その4

<<   作成日時 : 2015/08/05 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


HIVケア継続構想のデータで示された必要性が大きな領域

 こうした成果にもかかわらず、HIVの流行は続いており、依然として米国の大きな保健医療課題となっている。米国内のHIV陽性者は現在、120万人に達し、直近の全国推計はさらに改善の必要な対策分野を以下のように指摘している。

・ HIV感染の認識:米国のHIV陽性者のうち推定で8人に1人は自らのHIV感染を知らず、結果としてHIV感染の管理を可能にする医療を受けられずにいる。かなり遅れて感染を知るケースも多い。2013年にHIV陽性と分かった人の24%は感染判明時にすでにステージ3(エイズ)の状態だった。
・ ケアとの連係:感染が判明したらできるだけ早くHIVケアにつながることでHIV陽性者は早期治療の恩恵を十分に得られるようになる。ただし、貧困、失業、親しい相手からの暴力、ホームレス状態を含む住居の不安定化、飢餓、交通手段の欠如などに妨げられ、必要な医療が受けられないこともしばしばある。2013年には新規にHIV感染が分かった人のうち、3カ月以内に医療ケアにつながった人は82%だった。
・ ケアの継続:HIV陽性者にとって、医療ケアを継続することはウイルス量抑制に向けた重要な前提条件だ。感染した人たちが医療機関を訪れ、治療を受け、健康状態を維持できるようにするための社会的、構造的な支援が必要になる。だが、2012年には、HIV陽性者のうちケアを継続して受けている人はわずか39%にとどまっている。
・ ウイルス量の抑制:ウイルスの抑制−感染した人が健康を保ち、他の人への感染リスクを減らせるレベルにまでHIVを管理できている状態を意味する−はHIV陽性者の健康状態を改善し、長く生きていけるようにするだけでなく;パートナーへのHIV感染のリスクを大きく減らすことになる。2012年には米国のHIV陽性者全体の30%しかウイルスの抑制はできていなかった。

 これらのデータは、米国内のHIV陽性者がすべて自らの感染を知り、利用可能なケアと治療の恩恵を十分に受けられるようにするには、どこにもっと注意を向けるべきなのかをはっきりと示している。



HIV Care Continuum Data Indicate Areas of Greatest Need:

Despite these advances, there is still an HIV epidemic and it remains a significant health issue for the United States. Today, 1.2 million people in the United States are living with HIV and the most recent national estimates point to areas where further improvements are needed.

•Awareness of Status: An estimated 1 in 8 people living with HIV in the United States are unaware of their infection and, thus, are not receiving regular medical care to manage the disease. Many individuals are also diagnosed late. In 2013, 24 percent of persons diagnosed with HIV had a stage 3 (AIDS) classification at the time of diagnosis.
•Linkage to care: Being linked to HIV care as soon as possible after diagnosis allows people with HIV to gain the full benefits of early treatment. Yet, issues such as poverty; unemployment; intimate partner violence; unstable housing, including homelessness; hunger; lack of access to transportation; and other issues often prevent people from accessing the health care they need. In 2013, 82 percent of those newly diagnosed with HIV infection, were linked to HIV medical care within 3 months of their diagnosis.
•Engagement in care: For people living with HIV, staying engaged in medical care is an important precursor to becoming virally suppressed. Key social and structural supports are necessary to make it possible for affected individuals to visit a medical provider, take medications, and stay healthy. Yet, in 2012, only 39 percent of all persons living with HIV infection were engaged in care.
•Viral suppression: Being virally suppressed―which means that HIV is under control at a level that keeps people healthy and reduces the risk of transmitting the virus to others―not only improves a person with HIV’s health and enhances their lifespan; it also significantly reduces their risk of transmitting HIV to partners. In 2012, only 30 percent of all persons living with HIV infection in the United States achieved viral suppression.

These data clearly indicate areas where increased attention is needed to ensure that all individuals living with HIV in the U.S. are aware of their infection and able to realize the full benefits of available care and treatment.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米HIV/エイズ国家戦略:2020年に向けた更新版 その4 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる