米HIV/エイズ国家戦略:2020年に向けた更新版 その3


主要な科学的、政策的成果をテコとして生かす

 更新版戦略では、2010年以降に達成された主要な科学的、政策的、および他分野の成果を集約し、今後の対応に対するテコの役割を果たせるよう11のステップと37の推奨行動を提唱している。

・ 医療保険制度改革法(ACA)の履行:医療保険制度改革法(ACA)は医療保障へのアクセスを持つアメリカ人-HIV陽性者およびHIV感染の高いリスクにさらされている人を含む-の数を増やした。そこには無料HIV検査のような予防的サービスも含まれている。
・ 効果の高い予防:米疾病管理予防センター(CDC)は2010年以来、地理的、人口動態的なHIV流行の影響を踏まえ、限られたHIV予防資金を最も費用対効果が高く、成果の測定が可能な対策に集中させる方法を追求してきた。
・ HIV検査:過去5年で新たなHIV検査診断薬および検査普及策は大きく進展してきた。加えて、15~65歳の人すべてにHIVスクリーニング検査を行うことは現在、独立の米国予防医学専門委員会(USPSTF)のA級勧告となっている。これは2014年4月以降、医療保険制度改革法(ACA)に基づく新たな医療計画では対象年齢層に対し、HIVスクリーニング検査を無料で提供しなければならないという意味でもある。
・ HIV治療の利益:国立衛生研究所(NIH)が支援した戦略的抗レトロウイルス治療開始時期(START)研究が明らかにした研究結果によると、HIVに感染している人の健康状態が早期治療により改善されるという明確なエビデンスが示された。研究結果はまた、HIV治療を早く始めることが、治療を受けている人をエイズ日和見感染症の発症から守るだけでなく、エイズ関連のがんや他の非エイズ疾患からも守ることを示している。
・ 予防としての治療:NIHの資金によるHIV予防研究ネットワーク052研究では、効果の高い抗レトロウイルス治療を続けているHIV陽性者は自らの健康と長期生存に加え、ウイルス量の抑制により他の人へのHIV性感染のリスクが96%低下することも明らかにされている。HIV陽性の妊婦に対する抗レトロウイルス治療も妊娠、出産時の母子感染のリスクを劇的に減少させている。
・ ライアン・ホワイトHIV/AIDSプログラム(RWHAP)は、十分な医療保障が得られなかったり、財政的に困難な状態にあったりするHIV陽性者を対象にした連邦政府最大の包括的ケア提供プログラムである。医療提供のための公衆衛生アプローチと生活に不可欠な支援を提供することで、十分な医療保障を受けられなかったり、生活資金に困っていたりする米国内のHIV陽性者の半数以上の生活を支えてきた。こうした支援により、HIV陽性者自身の健康状態が改善されただけでなく、HIV感染の予防に資することで公衆衛生的な利益ももたらしてきた。2010年以降、エイズ治療薬補助プログラム(ADAP)に対する大幅な資金の増額が、生命に関わる治療薬のアクセス確保に大きく貢献してきた。
・ 曝露前予防投与(PrEP):2012年には米食品医薬品局(FDA)がツルバダをPrEP目的で使用することを承認した。数種類の臨床試験により有効性が示されたうえでの判断である。この新たなHIV予防手段を最も有効に活用するために、米国公衆衛生局(PHS)は2014年、医師のPrEP処方を助け、HIV感染の大きなリスクを抱える患者に関連サービスを提供するための治療ガイドラインを発表した。PrEPを確実に続けていれば、HIV感染のリスクは最大92%減少することになる。
・ デジタルツールと技術:デジタル技術とソーシャルメディアは保健関連の情報提供の方法を変えた。デジタルツールを使えば、他の手段よりも広い層に深い影響を与え、HIV検査の促進やケアの開始と継続に大きな成果が期待できる。
・ これまでの活動との統合:オバマ大統領は2012年、HIV/エイズ、女性・少女に対する暴力、ジェンダーに関連した医療格差に共通する課題に取り組むための省庁間専門委員会を設置する覚書に署名した。また2013年にはHIVケア継続構想の大統領令に署名した。こうした構想における勧告はこの分野に対する関心を高めており、今回の更新版にもきちんと取り入れられている。


Leveraging Major Scientific and Policy Advances:

The 11 Steps and 37 Recommended Actions in the updated Strategy integrate and leverage the major scientific, policy, and other advances that have occurred since 2010. These include:

•Implementation of the Affordable Care Act: The Affordable Care Act has increased the number of Americans―including persons living with and at risk for HIV―who have access to health care coverage including preventive services such as HIV testing that are covered without cost sharing.
•High Impact Prevention: Since 2010, Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has pursued an approach that concentrates limited HIV prevention resources on the most cost-effective and scalable interventions that are aligned geographically and demographically with the burden of HIV.
•HIV Testing: The past five years have seen the development of new HIV diagnostic tests and expanded testing efforts. In addition, screening all persons aged 15 to 65 years for HIV is now a grade “A” recommendation of the independent U.S. Preventive Services Task Force. This means that, as of April 2014, new health plans under the Affordable Care Act must offer HIV screening without cost sharing.
•Benefits of HIV Treatment: Results from the National Institutes of Health (NIH)-supported Strategic Timing of Antiretroviral Treatment (START) study recently provided clear evidence that early treatment promotes improved health outcomes for those with HIV. It also demonstrated that starting HIV therapy early not only protects individuals against opportunistic infections associated with AIDS, but also from AIDS-related cancers as well as other non-AIDS outcomes.
•Treatment as Prevention: The NIH-funded HIV Prevention Trials Network 052 study showed that, in addition to benefiting their own health and longevity, people living with HIV who adhere to effective antiretroviral therapy and have a suppressed viral load can reduce the risk of sexual transmission of HIV by 96 percent. Antiretroviral therapy for pregnant women with HIV also dramatically reduces the risk of transmission during pregnancy and childbirth.
•Ryan White HIV/AIDS Program (RWHAP): The RWHAP is the largest Federal program solely dedicated to providing a comprehensive system of care to people living with HIV who do not have sufficient health care coverage or financial resources to cope with HIV. It touches the lives of over half of all people living with HIV in the United States, by taking a public health approach to provide medical care and essential support services to people living with HIV who do not have sufficient health care coverage or financial resources to cope with HIV infection. Doing so not only improves the health outcomes for individuals with HIV, it serves the public health benefit of helping to prevent HIV transmission. Since 2010, critical funding increases for the AIDS Drug Assistance Program have been provided to ensure access to lifesaving treatment.
•PrEP: In 2012, the FDA approved the use of Truvada for use as PrEP after several clinical trials demonstrated its efficacy. To make best use of this new HIV prevention tool, the U.S. Public Health Service released clinical practice guidelines in 2014 to assist clinicians in providing PrEP and associated services to their patients at substantial risk for HIV infection. When taken consistently, PrEP can reduce one’s risk for acquiring HIV by up to 92%.
•Digital Tools and Technology: Digital technology and social media have changed how health-related information is delivered, opening new opportunities to use digital tools to extend the reach and deepen the impact of our efforts to provide information and promote HIV testing as well as to help link and retain individuals in care.
•Integrating previous Executive Actions: In 2012, President Obama signed a memorandum forming an Interagency Working Group on the Intersection of HIV/AIDS, Violence against Women and Girls, and Gender-Related Health Disparities and in 2013, signed an Executive Order launching the HIV Care Continuum Initiative. The recommendations from these initiatives have increased our focus on this areas, and they have been fully integrated into the Update.


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック