米HIV/エイズ国家戦略:2020年に向けた更新版 その2


 更新戦略は2020年までの間、以下の優先分野にとくに力を入れるよう求めている:

・ HIV検査の普及をはかり、ケアにつなげる。それによってHIV陽性者が早期に治療を開始できるようになる。
・ HIV陽性者が包括的なケアを受けられるよう幅の広い支援を行う。治療継続のための支援を含む。
・ すべてのHIV陽性者の体内ウイルス量を抑制する。このことは陽性者自身の健康に益するとともに他の人への感染を減らすことにもなる。
・ 包括的な曝露前感染予防(PrEP)サービスへの十分なアクセスを確保する。PrEP目的の服薬継続を望み、かつそれが適切と判断される人に対してはサービスが受けられるようにする。PrEPはHIV予防の一連の手段の一つであり、HIVに感染していない人が治療薬の錠剤を毎日1錠のむことで感染を防ぐことができる。


 2010年戦略の方向性を引き継ぎ、更新版もまた-様々な理由から- HIVはすべてのアメリカ人に同じように影響を与えているわけではないことを認識している。米国内のHIVの流行はキーポピュレーションと一定の地域に集中しており、更新版戦略では、以下のグループへの対応を優先させるよう示している。

・ 人種、民族を問わずすべてのゲイ、バイセクシャル、およびその他の男性とセックスをする男性。とりわけ黒人ゲイ、バイセクシャル男性の間ではHIV感染が大きな負担になっていることに留意する。
・ 黒人女性、男性
・ ラテンアメリカ系男女
・ 注射薬物使用者
・ 13~24歳の若者。とりわけ若い黒人ゲイ、バイセクシャル男性の間ではHIV感染が大きな負担になっていることに留意する。
・ 南部諸州の人たち
・ トランスジェンダーの女性。とりわけ黒人のトランスジェンダー女性の間ではHIV感染が大きな負担になっていることに留意する。



The Update calls for particular focus on the following priority activities through 2020:

•Widespread HIV testing and linkage to care, enabling people living with HIV to access treatment early.
•Broad support for people living with HIV to remain engaged in comprehensive care, including support for treatment adherence.
•Universal viral suppression among people living with HIV, since it benefits their health and reduces transmission of the virus to others.
•Full access to comprehensive pre-exposure prophylaxis (PrEP) services for those whom it is appropriate and desired, with support for medication adherence for those using PrEP. As one of the tools in the HIV prevention toolkit, PrEP is a way for people who don’t have HIV to prevent HIV infection by taking a pill every day.

Continuing on the path set by the 2010 Strategy, the Update also recognizes that―for a variety of reasons―HIV does not impact all Americans equally. The HIV epidemic in the United States is concentrated in key populations and geographic areas and the Update guides our response to prioritize the following groups:

•Gay, bisexual, and other men who have sex with men of all races and ethnicities, noting the particularly high burden of HIV among Black gay and bisexual men
•Black women and men
•Latinos and Latinas
•People who inject drugs
•Youth aged 13 to 24 years, noting the particularly high burden of HIV among young Black gay and bisexual men
•People in the Southern United States
•Transgender women, noting the particularly high burden of HIV among Black transgender women

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック