『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』から 7つの勧告


(解説)生命倫理問題研究に関する米大統領諮問委員会(生命倫理委員会)の報告書『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』から7項目の勧告だけを抜き出して日本語仮訳を掲載します。実は「勧告」にいたる「分析」の部分が重要なのですが、こちらは長いので、余裕があればいずれそのうち。


パートⅠ エボラと倫理課題概観
勧告1
相互に結びついた世界では、倫理的な理由からも、国益をまもるためにも、米国政府には公衆衛生上の緊急事態に備え、協調して危機に対応するための世界の動きに加わる責任がある。

勧告2
 米国は国内および国際的な公衆衛生上の緊急事態に対応する能力を強化すべきである。その中には (1)増大する資金の確保や保健分野の国際・国内・非政府機関との協力を通じ、世界的な保健危機に対応する世界保健機関(WHO)の能力強化をはかる (2)すべての国内および国際的な公衆衛生上の緊急事態に責任をもって対応する連邦政府の保健担当官を任命し、権限を与える (3)命令系統を円滑にすること、緊急時の対応に必要な技術の取得と維持のための資金を確保することなどを通じ、米公衆衛生局の展開能力を強化する。

勧告3
 政府担当者は、教育とコミュニケーションにより、公衆衛生対策の必要性を伝える責任がある。コミュニケーションの努力は相互に関係する以下の3つの目的を果たすために進めるべきである。 (1)個人およびコミュニティが自らの健康を守るための正確で役に立つ情報を明確に誰もが得られるかたちで広く提供する (2)公衆衛生対策に直接の影響を受ける人たちに対し、それぞれの価値観とその背景要因を尊重しながら情報を提供する (3)公衆衛生の緊急事態に現れがちな差別や偏見を低減する。

勧告4
 流行の急速な拡大といった緊急時における公衆衛生分野の意思決定には、倫理原則をタイムリーかつ機敏に反映させる必要がある。公衆衛生に関する質の高い倫理的知見を生かし、リアルタイムで入手可能なエビデンスに基づいて、緊急事態に伴う倫理課題を把握するとともに、その対応について判断できるようにしておかなければならない。公衆衛生上の緊急事態に対する準備と実践に倫理を反映させる方法の一環として、すべての国内および国際的な公衆衛生上の緊急対応を統括する政府保健担当官は、その任務の不可欠な側面として倫理課題にも責任を持つべきである。


パートⅡ 保健計画の策定と対応
勧告5
 政府および保健機関は感染拡大を防ぐために検疫、移動制限などの強制的公衆衛生策を実施する際には、入手可能な科学的エビデンスに基づき、必要な限り強制性の小さな手段をとるべきである。さらに、そうした手段をとる理由を明確に伝え、実施期間中も常に情報をアップデートして公開できるようにしなければならない。とりわけ、最も大きな影響を受ける人たちには特別の配慮が必要である。

勧告6
エボラ流行期における研究は、すべての参加者に対し、研究が実施されるコミュニティで持続的に利用できる範囲で最良の対症的ケアを提供しなくてはならない。臨床試験のデザインは方法を厳格に定め、ホストコミュニティに分かりやすく説明し、理解を得られる結果を生みだせるものでなければならず、研究完了の遅滞もできるだけ短くする必要がある。適切に計画されたプラセボ対照群を置く試験は、これらの条件を満たすことができる。また、無作為化の適応といった革新的なデザインも、研究目標を実現する手段と考えるべきである。研究チームは立案段階から影響を受けているコミュニティに積極的に関わり、これらの倫理的、科学的要請をもっともよく反映した試験のデザインを決定しなくてはならない。

勧告7
 米国政府は、エボラウイルス関連の生体試料の採取に対し、公衆衛生上の緊急事態におけるインフォームド・コンセントの確認やプライバシーの適切な保護など、倫理的な手順を踏まえるように確認すべきである。米国政府はまた、パートナーと協力して、できるだけ多くの人が関連研究の成果から利益を得られるようにしておくべきである。米国内および海外で研究の利益を公正に配分するための効果的な戦略を打ち出すために、常に国際的パートナーと対話を重ね、地元科学者らと協力して活動することで、それが可能になる。




Recommendation 1
In an interconnected world, for ethical reasons and to protect national interests, the U.S. government has a responsibility to engage in preparedness and to participate in coordinated global responses to public health emergencies.

Recommendation 2
The United States should strengthen key elements of its domestic and global health emergency response capabilities. These include (1) strengthening the capacity of the World Health Organization to respond to global health emergencies through provision of increased funding and collaboration with other international, national, and nongovernmental public health organizations; (2) identifying and empowering a single U.S. health official accountable for all federal public health emergency response activities, including both domestic and international; and (3) strengthening the deployment capabilities of the U.S. Public Health Service, including by streamlining command structure for deployment and by providing appropriate resources to train and maintain skills needed for emergency response.

Recommendation 3
Public officials have a responsibility to support public education and communication regarding the nature and justification of public health responses. Communication efforts should serve the following three interrelated purposes: (1) provide the public with useful, clear, accessible, and accurate information about the response, including what is known about what communities and individuals can do to protect their health; (2) provide those most directly affected by public health policies and programs with an appreciation of the values reflected in, and reasoning behind, their implementation; and (3) mitigate stigmatization and discrimination associated with many public health emergencies.

Recommendation 4
Ethical principles should be integrated into timely and agile public health decision making processes employed in response to rapidly unfolding epidemics. Qualified public health ethics expertise should be readily available to identify ethical considerations relevant to public health emergencies and responses in light of real-time available evidence. As one part of ethics integration into preparation for and implementation of public health emergency response, a single U.S. health official accountable for all federal domestic and international public health emergency response activities should also be accountable for ethics integration as an essential facet of public health emergency response.

Recommendation 5
Governments and public health organizations should employ the least restrictive means necessary―on the basis of the best available scientific evidence―in implementing restrictive public health measures, such as quarantines and travel restrictions, intended to control infectious disease spread. In addition, governments and public health organizations should be prepared to communicate clearly the rationale for such measures and provide ongoing updates to the public about their implementation, with particular attention to the needs of those most directly affected.

Recommendation 6
Research during the Ebola epidemic should provide all participants with the best supportive care sustainably available in the community in which the research is conducted. Trial designs should be methodologically rigorous and capable of generating results that are clearly interpretable, acceptable to the host communities and, to the extent possible, minimize delays to completing the research. Properly designed placebo-controlled trials can meet these conditions, and innovative designs, such as adaptive randomization, ought to be considered as a means of addressing these research goals. Research teams should actively engage with affected communities while planning research to determine the trial design that best reflects these ethical and scientific requirements.

Recommendation 7
The U.S. government should ensure that Ebola virus related biospecimens are obtained ethically, including addressing the challenges of obtaining informed consent during a public health emergency and ensuring adequate privacy protections. The U.S. government should also, in collaboration with partners, facilitate access to the benefits that result from related research to the broadest group of persons possible. This can be achieved by engaging in dialogue with global partners and working collaboratively with local scientists whenever possible to develop effective strategies for ensuring equitable distribution of the benefits of research both in the United States and abroad.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック