『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』から1 大統領宛書簡

(解説) 生命倫理問題研究に関する米大統領諮問委員会(生命倫理委員会)の報告書『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』は付属資料や参考文献一覧も入れると90ページもあるので、全部はとても訳しきれませんが、プレスリリースに続き、少しさわり部分を紹介します。まずは生命倫理委員会についての簡単な紹介と大統領宛の手紙の日本語仮訳です。


エボラと倫理課題 保健計画および対応
 生命倫理大統領委員会 2015年2月、ワシントンDC
http://www.bioethics.gov

生命倫理問題研究に関する大統領諮問委員会について
生命倫理問題研究に関する大統領諮問委員会(生命倫理委員会)は医学、科学、倫理、宗教、法律、技術各分野の指導者による専門家委員会である。倫理委員会は医学およびその関連分野の科学的・技術的進歩に伴って生じる生命倫理課題について、大統領に助言を行う。委員会は科学研究、医療提供、技術革新が社会的、倫理的な責任を果たせるかたちで行われるように政策が策定、実施されることを求めている。
委員会の詳細はこちらで。 http://www.bioethics.gov

 商品名や商業資料の使用は対象を特定するためのもので、推奨を意味するものではない。

ABOUT THE PRESIDENTIAL COMMISSION FOR THE STUDY OF BIOETHICAL ISSUES
The Presidential Commission for the Study of Bioethical Issues (Bioethics Commission) is an advisory panel of the nation’s leaders in medicine, science, ethics, religion, law, and engineering. The Bioethics Commission advises the President on bioethical issues arising from advances in biomedicine and related areas of science and technology. The Bioethics Commission seeks to identify and promote policies and practices that ensure scientific research, health care delivery, and technological innovation are conducted in a socially and ethically responsible manner.
For more information about the Bioethics Commission, please see
http://www.bioethics.gov


委員長、副委員長によるオバマ大統領宛の手紙

バラク・オバマ大統領宛
 ホワイトハウス
 ペンシルバニア通り1600、NW
ワシントンDC 20500

親愛なる大統領
 命倫理問題研究に関する大統領諮問委員会(生命倫理委員会)の名により、「エボラと倫理課題 保健計画および対応」を報告します。生命倫理委員会はこの報告書で、最近の西アフリカにおけるエボラの流行、とりわけその流行に対する米国の対応に焦点をあてています。将来の公衆衛生上の緊急事態に備えた計画の策定および対応能力の充実・強化をはかるには、リーダーシップ、透明性、すべてのレベルにおける公衆衛生面での意思決定に倫理的判断を反映させることなど、大きな課題の改善がいくつか、差し迫って必要なことを強調しました。

 公衆衛生上の緊急事態への対応、およびエボラの流行に関しては、公開の対話の機会を設け、審議の過程が明確に分かるようにすべきであることを重視し、委員会は2度の公聴会を開催し、臨床・公衆衛生・医学研究、米国とアフリカの保健専門家、米国内の西アフリカ出身者コミュニティの指導者、エボラ対策に関与した人たちなど、さまざまな分野の専門家の意見を聴きました。さらに委員会はパブリックコメントを求め、数多くの思慮深い意見を得ることができました。

感染症の流行に対する反応には各国の価値観を大きく反映するものであることを今回のエボラの流行は明らかにしている。高い倫理性とエビデンスに基づき、熟慮を重ねて採用した公衆衛生政策は、社会が国内および世界的な保健問題に責任を持って取り組んでいることを示すものです。今回の流行に対応するための世界の動きに米国が加わったことは、世界市民として人道的な義務を遂行し、同時に保健面からわが国の安全を保障するという意味から、倫理的にも政策的にも必要なことでした。

 公衆衛生上の危機が次に襲ってきたときに備え、対応能力を高めていくには、力強いリーダーシップと世界的な保健基盤の強化、効果的なコミュニケーション、倫理面での専門家の機敏な対応が必要だと委員会は考えています。

 包括的な反省の上に立ち、次に向けた準備を行うには、計画の策定段階が最も重要です。緊急事態の最中ではありません。国際保健に対する世界的な関心が高まっているいまこそ、さまざまな要素を統合して既存の公衆衛生基盤の強化をはかっていく必要があります。

 国内および国際的な公衆衛生対応能力の強化、および隔離などの強制手段や緊急事態下の研究のあり方を含め、危機対応上とくに検討が必要な事項について、生命倫理委員会は高度の倫理基準としっかりとした議論にもとにして、報告書の中で7つの提言を行っています。

 生命倫理委員会は大統領からの信頼を栄誉に思い、あなたと国民に奉仕する機会を得たことを感謝します。

心より

 委員長  アミー・ガットマン Ph.D.
副委員長 ジェームズ・W・ワグナー Ph.D. 



President Barack Obama
The White House
1600 Pennsylvania Avenue, NW
Washington, DC 20500
Dear Mr. President:
On behalf of the Presidential Commission for the Study of Bioethical Issues, we present to you our brief, Ethics and Ebola: Public Health Planning and Response.
In this brief the Bioethics Commission focuses on ethical challenges raised by the current Ebola epidemic in western Africa, with a particular focus on the U.S. response to the epidemic. We address the pressing need to improve key elements of our planning and response capabilities for future public health emergencies, including leadership, transparency, and explicit ethics integration at all levels of public health decision making.
Recognizing the importance of transparent public dialogue and deliberation on public health emergency response and the Ebola epidemic, the Bioethics Commission held two public meetings on this topic, and heard from speakers with diverse backgrounds and perspectives, including medicine, public health, and clinical research; U.S. and African health care professionals; community leaders from the western African diaspora in the United States; and individuals involved in the Ebola response. In addition, the Bioethics Commission solicited public comment and received many thoughtful replies.
The current Ebola epidemic reveals how the response to outbreaks of infectious disease can reflect national values. Deliberate development of public health policies in accordance with high ethical and evidentiary standards is the mark of a society committed to national and global health. U.S. participation in a coordinated global response to this epidemic is both ethically and prudentially required to fulfill our humanitarian obligations as global citizens and to protect our national health security.
The Bioethics Commission believes that empowered leadership, strong global public health infrastructure, effective communication, and agile ethics expertise are critical to ensuring our capability to respond to the next public health crisis.
The best time to reflect comprehensively and deliberate on our readiness is during response planning, not in the midst of an emergency. We must take this opportunity, when the world is focused on global public health, to integrate each of these elements into our existing public health infrastructure.
Here the Bioethics Commission offers seven recommendations to improve domestic and global public health response capabilities and to ensure that specific aspects of emergency response, including the use of restrictive measures such as quarantine, and research conducted during an emergency, are guided by the highest ethical standards and robust public deliberation.

The Bioethics Commission is honored by the trust you have placed in us, and we are grateful for the opportunity to serve you and the nation in this way.
Sincerely,

Amy Gutmann, Ph.D.
Chair
James W. Wagner, Ph.D.
Vice Chair

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック