公衆衛生対策には倫理面の準備が必要なことをエボラは教えている 米・生命倫理委員会が大統領に報告


(解説) 西アフリカにおけるエボラの流行は、保健分野における様々な倫理的課題への対応を迫る現象でもありました。今回の流行により新たに生まれた課題というよりも、すでにHIV/エイズをはじめとする様々な新興・再興感染症の流行を経験する過程でしばしば指摘、ないしは自覚されながらも、喉もと過ぎれば熱さを忘れる式に放置されてきた問題にまたまた直面せざるを得なくなったといった課題ではないでしょうか。さすがに米国は、エボラに対する社会の反応もひどかったけれど、立ち直りもはやいといいますか、生命倫理問題研究に関する大統領諮問委員会が2月26日、大統領宛の報告書『『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』(ETHICS and EBORA Public Health Planning and Response)を発表しました。まずは、委員会によるプレスリリースの日本語仮訳です。


生命倫理委員会:公衆衛生対策には倫理面の準備が必要なことをエボラは教えている
 緊急の公衆衛生対応に倫理面での視点を含めるよう委員会が要請
 2015年2月26日 生命倫理委員会プレスリリース
http://bioethics.gov/node/4632

ワシントンD.C. ― 生命倫理問題研究に関する米大統領諮問委員会(生命倫理委員会)は本日、公衆衛生上の緊急事態のもとでは常に、連邦政府が地球規模の対応に参加する責任が政策的にも倫理的にもあると勧告する報告書を発表した。

 「西アフリカにおけるエボラの流行は脆弱な保健システムを破壊し、何千もの人を殺しています。そして、地球規模の保健危機に対する我々の対応能力のどこに問題があるのかを明らかにしました」と委員長のアミー・ガットマン博士は述べた。「今回の経験は、次の流行が襲ってくる前に大急ぎで準備をしておかなければならないことを示しています。準備を怠り、科学的な成果に基づくことができなければ、死なずにすむたくさんの人が亡くなることになります。たとえば、今回の流行では、ワクチンは開発されていなかったし、医療従事者を支援することもできませんでした」

 生命倫理委員会がこのテーマを選んだ理由について、ガットマン委員長はこう説明する。「社会正義と政策的な要請の両面から、我々はこのような恐るべき流行との闘いに加わる必要があります。人道的な責務を自覚し、相互に結びついた世界に感染症が広がっていくことを認識すれば、倫理的にも政策的にも選択の余地はありません。倫理面からも国益の観点からも流行に対応する必要があるのです」

 報告書『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』の中で生命倫理委員会は、米国が保健基盤と緊急対応能力を強化すること、保健分野のコミュニケーションを改善すること、公衆衛生上の緊急事態に関してはすべてのレベルで計画策定と対応に倫理的な知見を反映させることなどの必要性を指摘している。

 「公衆衛生分野の準備には、倫理課題に対する準備も必要です」とガットマン博士は語る。「たとえば、エボラの流行でいえば、最善の科学的エビデンスにもとづき、なぜ症状が出ていない人を隔離してはいけないのかということを早期に、そして流行の期間中も伝える必要があります。必要もなく専門家の自由を制限したり、保健医療従事者を管理したりすることは道義的に誤っており、逆効果でもあります。生命を救う以上に多くの生命を失う結果になってしまいます」

 生命倫理委員会は政策、および研究デザインに関し7項目の勧告を行っている。たとえば、米国政府には、国内および地球規模の保健危機に対応するために必要な能力の強化を求めている。勧告には以下の項目が含まれている。
・世界的な保健危機に対応するため、資金確保や保健分野の国際・国内・非政府機関との協力を通し、世界保健機関(WHO)の能力を強化する。
・連邦政府内にすべての国内および国際的な公衆衛生分野の緊急事態に責任を持つ保健担当官を任命し、危機に対応する権限を与える。
・命令系統を円滑にすること、緊急時の対応に必要な技術の取得と維持のための資金を確保することなどを通じ、米公衆衛生局の展開能力を強化する。

 さらに生命倫理委員会は、流行の急速な拡大といった緊急時における公衆衛生分野の意思決定の際に、倫理原則をタイムリーかつ機敏に反映させることの必要性も勧告している。公衆衛生に関する質の高い倫理的知見により、リアルタイムに入手可能なエビデンスに基づいて緊急事態を把握し、その対応について判断できるようにしておく必要があるのだ。とりわけ、米国政府にはそうした判断に責任を持つ単一の保健担当官を任命しておくべきだとの勧告も行っている。

 検疫や他の移動制限に関する議論についても生命倫理委員会は政府および保健機関に対し、公衆衛生的な制限手段をとる場合には、入手可能な最善の科学的エビデンスに基づき、制限を必要最小限に抑えた手段を採用するよう勧告している。

「政府および公衆衛生機関は、そうした手段をとる理由を明確に知らせ、実施期間中も常に情報をアップデートして公開できるようにすべきだ。とりわけ、最も大きな影響を受ける人たちのニーズには配慮しなければならない」と生命倫理委員会は報告書の中で書いている。

『エボラと倫理的課題:保健計画の策定および対応』は生命倫理委員会の8番目の出版物である。生命倫理委員会は米国の科学研究、医療提供、技術革新が社会的、倫理的な責任を満たすかたちで進められるよう、必要な政策の策定とその遂行について検討を行っている。思慮に富む専門家による独立の委員会で、大統領および政府に対し助言を行うとともに、その助言を通じ生命倫理課題に関する国民の教育を目指している。

これまでの実績は以下の通りである。(略)



Bioethics Commission: Ebola Teaches Us Public Health Preparedness Requires Ethics Preparedness
Commission calls for accountable integration of ethics into emergency public health response
.February 26, 2015

WASHINGTON, D.C. – Today the Presidential Commission for the Study of Bioethical Issues (Bioethics Commission) reported that the federal government has both a prudential and a moral responsibility to actively participate in coordinated global responses to public health emergencies wherever they arise.

“The Ebola epidemic in western Africa overwhelmed fragile health systems, killed thousands of people, and highlighted major inadequacies in our ability to respond to global public health emergencies,” Commission Chair Amy Gutmann, Ph.D., said. “It demonstrated the dire need to prepare before the next epidemic. A failure to prepare and a failure to follow good science ― for example, by not developing vaccines and not supporting health care providers ― will lead to needless deaths.”

Explaining why the Bioethics Commission chose to take on the topic, Gutmann said: “Both justice and prudence demand that we do our part in combating such devastating outbreaks. Once we recognize our humanitarian obligations and the ability of infectious diseases to travel in our interconnected world, we cannot choose between the ethical and the prudential. Ethics and enlightened interest converge in calling for our country to address epidemics at their source.”

In its brief, Ethics and Ebola: Public Health Planning and Response, the Bioethics Commission argues that the United States must strengthen health infrastructure and emergency response capabilities, improve health communications, and integrate ethics expertise at every level of public health emergency planning and response.

“Public health preparedness requires ethics preparedness,” Gutmann said. “We need to be prepared, for example, to communicate early and often during an Ebola epidemic ― drawing upon the best scientific evidence ― why not to quarantine asymptomatic individuals. Needlessly restricting the freedom of expert and caring health care workers is both morally wrong and counterproductive; it will do more to lose than to save lives.”

The Bioethics Commission’s seven recommendations offer targeted policy and research design suggestions. For example, the Bioethics Commission recommended that the United States strengthen key elements of its domestic and global health emergency response capabilities. These include:

•Strengthening the capacity of the World Health Organization to respond to global health emergencies through the provision of increased funding and collaboration with other international, national, and non-governmental public health organizations;
•Identifying and empowering a single U.S. health official accountable for all federal domestic and international public health emergency response activities; and
•Strengthening the deployment capabilities of the U.S. Public Health Service, including by streamlining command structure for deployment and providing appropriate resources to train and maintain skills needed for emergency response.
In addition, the Bioethics Commission recommended that ethical principles be integrated into timely and agile public health decision making processes employed in response to rapidly unfolding epidemics. It called for qualified public health ethics expertise to be readily available to identify ethical considerations relevant to public health emergencies and responses in light of real-time available evidence. Specifically, it recommends that a single U.S. health official should be accountable for ethics integration.

On the contentious issue of quarantine and other policies related to movement restrictions, the Bioethics Commission recommended that governments and public health organizations employ the least restrictive means necessary―based on the best available scientific evidence―when implementing restrictive public health measures.

“Governments and public health organizations should be prepared to clearly communicate the rationale for such measures and provide ongoing updates to the public about their implementation, with particular attention to the needs of those most directly affected,” the Bioethics Commission wrote in its brief.

Ethics and Ebola: Public Health Planning and Response is the Bioethics Commission’s eighth published project. The Bioethics Commission seeks to identify and promote policies and practices that ensure that scientific research, health care delivery, and technological innovation are conducted by the U.S. in a socially and ethically responsible manner. The Bioethics Commission is an independent, deliberative panel of thoughtful experts that advises the President and the Administration, and, in so doing, educates the nation on bioethical issues.

To date the Bioethics Commission has:

•Advised the White House on the benefits and risks of synthetic biology;
•Completed an independent historical overview and ethical analysis of the U.S. Public Health Service STD experiments in Guatemala in the 1940s;
•Assessed the rules that currently protect human participants in research;
•Examined the pressing privacy concerns raised by the emergence and increasing use of whole genome sequencing;
•Conducted a thorough review of the ethical considerations of conducting clinical trials of medical countermeasures with children, including the ethical considerations involved in conducting a pre-and post-event study of anthrax vaccine adsorbed for post-exposure prophylaxis with children;
•Offered ethical analysis and recommendations for clinicians, researchers, and direct-to-consumer testing companies on how to manage the increasingly common issue of incidental and secondary findings; and
•Deliberated on the ethical issues associated with the conduct and implications of neuroscience research.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック