アジア太平洋地域における今後のエイズ対策への資金


(解説) アジア太平洋諸国政府間会議のサイドイベントで発表された資金に関する報告書のプレスリリースです。なお、報告書(英文 pdf版)はこちら。
http://www.aidsdatahub.org/sites/default/files/publication/Investing_for_Results_2015.pdf
 委員会の11人のメンバーにはグローバルファンド戦略投資効果局長の國井修博士も加わっていますね。報告書は80ページもあるのでどなたか日本語に訳していただける方がいらっしゃるようでしたらよろしくお願いします。9項目提言は以下の通り(英文のままですいません)。
1 Introduce funding transition plans, supported by bridge funding options
2 Develop country ‘investment cases’ for HIV
3 Focus resources where most infections are occurring
4 Protect funding for civil society
5 Create an enabling legal environment that supports effective programmes
6 Integrate biomedical interventions into universal health care schemes
7 Develop new financing streams
8 Reduce the costs of HIV drugs and other commodities
9 Ensure reliable future access to affordable HIV drugs


アジア太平洋地域における今後のエイズ対策への資金
   2015年1月30日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/january/20150130_IGM_funding_landscape

 アジア太平洋地域のエイズ対策資金に関する報告書「結果を出すための投資―アジア太平洋諸国はエイズ終結に向け、どうすればいいのか」がHIV/エイズに関するアジア太平洋諸国政府間会議の関連会合で発表された。会議は1月28日から30日まで、タイのバンコクで開催された。報告書は独立の諮問委員会が行った分析を要約したものである。

 関連会合は国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界銀行が主催し、アジア太平洋地域エイズ対策国連事務総長特使であるJ.V.R.プラサダ・ラオ氏が、公衆衛生専門家、政治指導者、市民社会組織代表ら11人のメンバーからなる委員会の議長を務めた。

 域内の多くの国が中所得国の状態から脱しようとしている中で、外部からの援助資金は縮小傾向にあり、委員会はその資金ギャップ解消を目指して開かれた。

 委員会は、域内各国のエイズ対策に関する現行政策と資金誓約を分析し、今後数年のエイズ対策の持続をはかるために9項目の具体的提言を行っている。

 提言には、援助資金の継続を生かしつつ国内資金の拡大をはかる資金確保手段の移行計画、HIV感染が最も多く発生しているところへの資金の重点配分、市民社会への資金の確保などが含まれている。

コメント
 「これからの10年間に資金を確実に増やしていかない限り、過去の成果は帳消しになり、流行は再び拡大することになります」
 アジア太平洋地域エイズ対策国連事務総長特使、J.V.R.プラサダ・ラオ氏


 「各国が戦略的に正しい選択を行えば、アジア太平洋地域は、2030年までに公衆衛生の脅威としてのエイズ終結という目的を最初に達成する地域になるかもしれません」
 UNAIDSのジャン・ビーグル事務局次長

 「この地域が我々の定義する成功をおさめるには変化が必要です。成功に向けた道という意味ではありません。HIV感染を減らし、ゼロに迫れるようにしなければなりません」
 世界銀行のデヴィッド・ウイルソン世界エイズプログラム部長


Funding the future AIDS response in the Asia–Pacific region
30 January 2015

A report on the AIDS funding landscape in the Asia–Pacific region, Investing for results: how Asia–Pacific countries can invest for ending AIDS, has been launched at a side event at the Asia–Pacific Intergovernmental Meeting on HIV and AIDS, which took place in Bangkok, Thailand, from 28 to 30 January. The report summarizes an analysis carried out by an independent advisory panel.

Convened jointly by UNAIDS and the World Bank and chaired by the United Nations Secretary-General’s Special Envoy for AIDS in Asia and the Pacific, J.V.R. Prasada Rao, the 11-member panel was comprised of public health experts, policy leaders and representatives of civil society organizations.

With many countries in the region graduating to middle-income status, external funding is shrinking and the panel was tasked with resolving the funding gap.

It analysed the existing policy and funding commitments for the national AIDS response in the region and suggested a set of nine concrete recommendations to help guide and sustain the AIDS response in the coming years.

The recommendations included introducing funding transition plans to enable countries to take advantage of continued donor assistance while shifting to greater domestic investment, focusing resources where most new HIV infections occur and protecting funding for civil society.

Quotes

“Without assured and scaled up funding over the next decade, there is a real danger of past gains being wiped out, leading to a resurgence of the epidemic.”
J.V.R. Prasada Rao, United Nations Secretary-General’s Special Envoy for AIDS in Asia and the Pacific

“Asia and the Pacific could become the first region to end AIDS as a public health threat by 2030, if countries make the right strategic choices.”
Jan Beagle, Deputy Executive Director, UNAIDS

“In this region, we need to change our definition of success. We cannot use any longer a process definition of success. Our definition has to be about reducing HIV incidence and driving it as close to zero as possible.”
David Wilson, Global AIDS Program Director, World Bank

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第78号(2015年2月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第78号(2015年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2015-03-01 17:03