危機報道の新たなる出発 (IRINプレスリリース)

(解説) 国連人道問題調整事務所(OCHA)の支援を受け、ウェブサイトで人道分野の報道や論評を幅広く続けてきたIRIN(地域情報統合ネットワーク)が来年1月に国連から離れ、独立の機関として新たなスタートを切ることになりました。IRINは公式サイトのPlusNewsというページでHIV/エイズ分野のニュースも幅広く、かつ深く伝えていた国際メディアです。途上国のとりわけ現場に立脚した情報は貴重でしたが、最近は報道量がかなり減少しており、どうしたのかなと思っていたところでした。再出発ですね。公式サイトに11月20日付で掲載されたプレスリリースを日本語仮訳で紹介します。

 http://www.irinnews.org/

 IRINについては以前、日本記者クラブでOCHA神戸事務所の記者会見が行われた際に「国連が資金を出し、ただし報道内容については一切、口をはさまない」という説明がありました。そのようなかたちで主に途上国からの情報と視点を国際社会に伝える仕組みが維持されていることには実は新鮮な驚きがありました。社会的に重要であっても、なかなか取り上げられないニュースというのは日本国内でもたくさんあり、HIV/エイズなどはその代表選手のような感じも最近は受けているので、日本にもそんな仕組みがうまくできないだろうかと感じたことを思い出します。

 理想は素晴らしいけれど、現実的な運用となると国連でも報道のスポンサーになるのはなかなか難しいということでしょうか。新体制は香港を拠点とする投資会社関連の財団から支援を受け、活動を続けていくということです。中国の影響といったものが出てくるのか、こないのか。このあたりはHIV/エイズ分野から見ると危惧の念もないことはない(というか、大いにあるようにも思う)のですが、当面は判断を保留して運営状況を見ていきましょう。



危機報道の新たなる出発 (IRINプレスリリース)
IRIN人道問題ニュースサービスが国連から離れる。非営利のメディアベンチャー創設にジンウェル財団が2500万ドルを拠出
http://www.irinnews.org/report/100867/press-release-irin-humanitarian-news-service-to-spin-off-from-the-un

【ジュネーブ 2014.11.20】 約20年間にわたって国連の一部として活動してきた人道ニュース通信IRINが国連を離れ、民間資金の支援による非営利のメディアベンチャーとして独立する。

 IRINは数々の賞を受けた人道問題分野のニュース・論説配信組織で、見過ごされたり、誤解、無視されたりしがちな地域を主に取り上げている。紛争や自然災害の現場から独自の報告を毎月28万人のウエッブ利用者やほぼすべての国にまたがる5万人の定期購読者に提供している。国連の政策決定者やドナー国政府、学者、メディア、援助ワーカーなども読者になっている。また、世界のさまざまなニュース媒体でも引用や再配信がなされている。

 2015年1月に新体制となり、香港に拠点を置くジンウェル慈善財団からの2500万ドルの拠出により、数年間の活動継続が可能となった。新IRINはスイスに本部を置き、英国のシンクタンク、海外開発研究所の人道政策グループの支援を受けていくことになる。

 国連のヴァレリー・エイモス人道問題事務担当事務次長は次のように語っている。
 「IRINは世界の人道活動の重要な情報源です。時期的に見て、国連から離れて活動を開始するとの判断は適切であり、独立のニュース配信機関としての存続を可能にしたジンウェル慈善財団の関与を大いに歓迎します」

 ジンウェル慈善財団のジョー・ロウ代表は次のように付け加えた。
 「IRINの転身は今後の飛躍の機会となります。IRINは過去20年近くにわたり、素晴らしい成果をあげてきました。その実績にふさわしい地位を提供すべき時です。必ずや大きな飛躍を果たしてくれるものと期待しています」

 ジンウェル慈善財団は2012年から国際保健、自然保護、教育などの分野で幅広い支援を行ってきた。主なものとしては、MDアンダーソンがんセンターにおけるがん治療へのアクセスの拡大を15年間支援、山猫保護の主導組織であるパンサベラに対する10年間の支援、ナショナルジオグラフィックの海洋保全事業への5年間の支援などがある。IRINに対する複数年の支援は同財団にとって人道部門に対する初の投資となる。

 IRINの共同設立者でもあるベン・パーカー暫定事務局長はこう述べている。
 「危機の被害者から資金提供者まで、極めて多くの人から私たちの報道と分析を頼りにしていると言われました。今回の改革がよい結果をもたらし、さらに高いレベルで報道を続けられるようになることを確信しています」

 海外開発研究所のケビン・ワトキンス事務局長はこう語っている。
 「IRINの転身は喜んで支援したい。独立を果たしたIRINが人道危機について現場から最新の分析を提供し、とりわけ人道政策グループを通じ、この分野の政策の策定と実行により大きな影響を与えられるようになることを大いに期待しています」。ODIは国際開発、人道問題において英国を代表する独立系シンクタンクである。

IRINとは
 IRINは「地域情報統合ネットワーク」の略で、1995年にナイロビの小さなオフィスからアフリカ中部における人道分野のニュースをファックスで配信したのがスタートだった。報道のカバー地域は次第に、他のアフリカ地域や東南アジア、中東にも広がり、これまでに数多くの賞を獲得してきた。IRINは英語、フランス語、アラビア語でニュースを発行。月間のオンライン読者は28万人に達している。アーカイブには記事10万本と写真3万枚が所蔵されている。約190カ国の援助機関、メディア、外交官、非営利組織などが読者となっている。

ジンウェル慈善財団とは
 ジンウェル慈善財団(ジンウェル財団)は国際投資顧問会社ジンウェル・キャピタルによる慈善組織。ジンウェルは劉財閥の第三世代を代表する企業、慈善組織である。ジンウェル財団は社会投資のため劉一族の遺産により設立された。国際保健、教育、自然保護分野における世界的な課題の解決を目指している。



A NEW START FOR CRISIS REPORTING

IRIN humanitarian news service to spin off from the UN. Jynwel Foundation invests $25 million to create global non-profit media venture

(GENEVA, November 20, 2014) - After nearly 20 years as part of the United Nations, the humanitarian news service IRIN is spinning off to become an independent non-profit media venture, with the support of a major private donor.

IRIN is an award-winning humanitarian news and analysis service covering the parts of the world often under-reported, misunderstood or ignored. It delivers unique reporting from the frontlines of conflicts and natural disasters to 280,000 web visitors a month and more than 50,000 subscribers in almost every country. Its readership includes UN decision-makers, donor governments, academics, media and aid workers in the field. Its work is syndicated, republished and cited by news outlets and journals from around the world.

A new beginning starting January 1, 2015 will be made possible with an initial commitment of US $25 million, to be disbursed over several years, from the Hong Kong-based Jynwel Charitable Foundation. The new IRIN will be based in Switzerland, with support from the UK- based Overseas Development Institute’s (ODI) Humanitarian Policy Group.

The UN Humanitarian Chief, Valerie Amos, said: "IRIN is an important resource for humanitarian workers around the world. This is the right time for the service to branch out and we welcome the generous commitment from Jynwel Charitable Foundation which has helped to secure its future as an independent news service."

Jho Low, Director of Jynwel Charitable Foundation, added: "IRIN’s transition presents a great opportunity for growth and revitalization. IRIN has done fantastic work for nearly 20 years. It's time to give it the place on the world stage that it deserves. I believe in the vision and am excited by the potential."

Since 2012, Jynwel Charitable Foundation has supported a range of causes in global health, conservation and education. Major gifts of the Foundation include a 15-year commitment to MD Anderson Cancer Center to democratize access to cancer care, a 10-year commitment to Panthera, the leading wild cat conservation organization, and a 5-year commitment to National Geographic’s Pristine Seas to identify and preserve the last pristine areas in our oceans. The multi-year commitment to IRIN is the Foundation’s first investment in the humanitarian sector.

Ben Parker, co-founder of IRIN and its interim director, said: "So many people - from those hit by crises to donors - tell us they rely on our insight and analysis. This breakthrough will make all the difference and allow us to take the service to a whole new level of impact and relevance."

ODI’s Executive Director, Kevin Watkins, said: “We are delighted to support this transition for IRIN, and are excited at the prospect of an independent IRIN playing a leading role in providing up-to-date and on-the-ground analysis of humanitarian crises to inform policy and practice in the sector, in particular through our Humanitarian Policy Group.” ODI is the UK's leading independent think tank on international development and humanitarian issues.


About IRIN:
IRIN, originally the "Integrated Regional Information Networks", started distributing humanitarian news about Central Africa by fax from a small office in Nairobi in 1995. Over the years, its award-winning coverage expanded to the rest of Africa, South East Asia and the Middle East. IRIN publishes reports in English, French and Arabic and has a monthly online audience of 280,000 website visitors. It has around 100,000 articles and 30,000 photos in its archive. Its audience is drawn from the aid, media, diplomatic and non-profit communities in some 190 countries.


About Jynwel Charitable Foundation Limited:
Jynwel Charitable Foundation Limited (“Jynwel Foundation”) is the philanthropic initiative of Jynwel Capital, an international investment and advisory firm. Jynwel represents the third generation of the Low family business and philanthropy. Jynwel Foundation is built on the family’s heritage and vision for investing in society, and seeks to fund breakthrough programs that are working to solve the world’s toughest problems in global health, education and conservation.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック