承認前のエボラ治療の実施に関する倫理課題を検討 WHOが専門委員会開催


(解説)世界保健機関(WHO)は8月8日に西アフリカのエボラの流行を国際的な公衆衛生上の緊急事態であると発表しました。エボラの流行が世界に広がるという意味での緊急事態ではなく、エボラの流行が西アフリカ地域において制御不能な状態のまま広がってしまうことを国際社会が協力して防がなければならないという意味での緊急事態です。「日本には広がらないからいいや」というような傍観者的態度でいられるほど世界は切り離されているわけではない。人道的な危機を座視していることはできない。地域の不安定化がもたらす事態には国際社会が協力して解決の道を切り開いていかなければならない。公衆衛生の観点に立てば、21世紀の世界は紛れもなくそういう状態にあることを明確に示す発表でもあります。つまり、HIV/エイズ対策とも深く関わる事態というべきでしょう。
 この危機への対応の過程で、まだ人での臨床試験を行っていない(つまり安全性も効果も実証されていない)実験段階の治療法を実際に使用することは医療倫理の観点から許されるのかという問題が提起されています。西アフリカでエボラウイルスに感染し、米国に緊急搬送された米国人医療関係者2人に実際にそうした治療が実際に提供されていることから提起された課題です。
逆に西アフリカで現に多数の人が死の危機に瀕しているときに、先進国の患者だけがそうした治療を受けられるという格差の存在が許されるのかというもう一つの大きな問題提起もあります。また、そうした治療を危機の場合の特別の措置として認めるにしても、その治療を受けられる人は当面、限られているので、誰がそれを受けるのか、その優先順位はどういう基準で決まるのかといった問題も出てきます。
 これらの課題に対応するため、WHOは本日(11日)に緊急の専門家会議を招集して検討する予定になっています。WHOの会議予告の日本語仮訳です。


承認前のエボラ治療の実施に関する倫理課題を検討 WHOが専門委員会開催
  2014年8月8日
http://www.who.int/csr/disease/ebola/ethics-panel-discussion/en/

 エボラウイルスに感染した2人の医療従事者に対し、実験段階の治療を提供したことが、臨床試験前で安全性が確認されていない治療法をアウトブレーク時提供することは許されるか、もしもその治療薬が極めて少ししかない時に使用するとすれば誰に優先的に提供すべきか、という問題を提起した。

 試験管、動物実験レベルでは多数の治療候補の研究が進められている。最初の人に対する臨床試験が今後2-4カ月中に開始される可能性もある。ただし、2014末あるいはそれ以降の臨床試験の拡大や治療応用に十分な量を確保することは差し当たって難しいだろう。

 WHOは8月11日(月)、エボラ対策における実験段階の治療について検討するための医療倫理、医科学分野の専門家、流行国関係者による委員会を開催する。

 検討課題は以下の通り。
・未承認の治療を副作用も分からないままに治療や予防目的で使用することは倫理にかのうのか。それが可能だとしたら、どのような基準と条件が必要なのか。
・上記のような環境のもとで未承認の治療法を採用することが倫理にかなうとしたら、どのような基準によって、治療や予防を受ける優先順位が決まるのか。



Panel discussion on ethical considerations for use of unregistered interventions for Ebola viral disease
8 August 2014

The recent treatment of two health and workers infected with the Ebola virus with experimental medicine has raised questions about whether medicine that has never been tested and shown to be safe in people should be used in the outbreak, and, given the extremely limited amount of medicine available, if it is used, who should receive it.
 
A number of interventions have been through the laboratory and animal study phases of development. It is likely that ‘first in man’ studies will be conducted over the next 2-4 months. It is also likely that the number of doses available for further study and/or deployment from end 2014 onwards will remain insufficient to meet demand.

On Monday, August 11, WHO is convening a panel discussion of medical ethicists, scientific experts and lay people from affected countries to assess the role of experimental therapies in the Ebola outbreak response.
Issues to be considered include:

• Whether it is ethical to use unregistered interventions with unknown adverse effects for possible treatment or prophylaxis. If it is, what criteria and conditions need to be satisfied before they can be used?

• If it is ethical to use these unregistered interventions in the circumstances mentioned above, then what criteria should guide the choice of the intervention and who should receive priority for treatment or prevention?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック