AIDS2014 開会式 ジョナサン・マン記念講演 1

(解説) オーストラリアで最も重要な法律家として国際的にも著名なマイケル・カービー元判事が7月20日、メルボルンで開かれた第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の開会式でジョナサン・マン賞受賞記念講演を行いました。おそらくは今回の会議における最も重要な演説でしょう。
 ジョナサン・マンは世界のエイズ対策の牽引役だった研究者で、1998年にニューヨーク発の航空機の墜落事故で亡くなっています。カービー元判事が記念講演を依頼されたのはマレーシア航空17便の撃墜事件の何週間も前ですが、マン氏を偲ぶ賞における受賞記念講演は、同じく航空機の墜落により死亡した6人のAIDS2014参加予定者の追悼の辞にもなりました。
 カービー氏は、理不尽な暴力の犠牲になった何人かのエイズアクティビストの名前も挙げ、反同性愛法などHIV対策を妨げる法律や法施行を強く批判しました。また、生前のジョナサン・マンがしばしば指摘していたエイズパラドックス(HIVに感染した人たちを処罰し、排除しても、人々が検査を受け、エイズによる死亡や苦痛が減っていくことはなく、逆にHIV陽性者を守ることで、HIV感染やエイズによる死亡も減っていく)を紹介し「法律と政策は、エイズの流行に対する解決策の一部であり、決して問題の一部であってはならない」と語っています。
 講演の日本語仮訳を2回に分けて掲載します。

AIDS2014 開会式 ジョナサン・マン記念講演
http://www.aids2014.org/WebContent/File/AIDS2014_Opening_Addresses_Michael_Kirby.pdf

マイケル・カービー閣下 AC CMG(大英帝国勲章コンパニオン)
 マイケル・カービー氏はオーストラリア高等裁判所(最高裁)の元判事であり、オーストラリアで最も重要な法律家、人権擁護者である。法律家としての経歴に加え、国連開発計画(UNAP)のHIVと法律世界委員会委員など国連および国際社会の様々な分野で活躍している。

『エイズ、喪失、そして復活』

ジョナサン・マンを失ったことの悲しみ
 メルボルンの会議に集まった私たちの中には、残酷な出来事や喪失を感じてこなかった者はいないでしょう。私たちは大きな苦痛と不条理と憎悪について知る者でもあります。30年前にHIV/エイズが現れて以来、1日としてその影響を免れたことはありません。
 私たち一人一人が、HIV陽性者やその周囲の人、ケアにあたる人が直面した悲惨な思い、危険に拍車をかけるような恐ろしい行為、野蛮な行動について語ることができます。エイズで亡くなった人、亡くなろうとしている人のことを知っています。愛を求め、人権の尊重を求め、延命のための医療を求めてきた人たちです。私たちは公正や思いやりを拒まれたたくさんの人のことを知っています。私たちはいま、そうではなく生きられることを確認するためにここにいます。その方法を示すためにメルボルンにやってきました。声を上げなければならないのです。黙している時ではありません。

 マレーシア航空17便で会議に参加しようとしていた友人や同僚たちを失うという、いままさに目前の喪失の中にあって、私たちは最も残酷なかたちで世界保健機関(WHO)の初代世界エイズ計画部長、ジョナサン・マンの死を思い出しています。この素晴らしい人道主義者は世界に向けてエイズの流行の恐るべき影響を警告し続けてきました。マン博士夫妻は1998年、ニューファンドランド島セントジョンズ沖で、航空機墜落事故のため他の多数の乗客とともに亡くなりました。彼もまたエイズの会議に向かう途中でした。大切なメッセージを携えていたのです。私たちにとって、そして世界にとって、それははかり知れない喪失でした。彼の思い出がここまで私たちを導いてくれたのです。

 数週間前に開会式で講演するよう依頼されたとき、私はこのようなかたちでさらに多くの人を失う航空機事故があろうとは思いませんでした。しかも今回は、故意の人為的な行為による墜落です。会議に参加しようとした人たち、そして他の人を傷つけようなどとは思っていなかった多数の平和を愛する乗客たちが殺されたのです。何と残酷で身勝手な殺戮行為でしょうか。争いに熱中する者がこのような手段を使えるとは、なんと非道な行為でしょうか。エイズの世界的流行と闘う中で、このような荒涼とした思いを何度、味わわなければならないのでしょうか。

 疑いなく、このような不条理で残酷な事態に私たちは直面し続けています。国際エイズ学会(IAS)のジョープ・ランゲ元理事長夫妻のこと、そしてこの会場で今日、一緒に座っているはずだった人たちのことを忘れることはできません。医学研究や患者のケア、法律改革と人権のために一身を捧げてきた人たちです。時計を巻き戻すことができたら、今宵ともに笑い、考え、夢を語り、肩を組むことができたら。でも、もうそれはできません。


知らん顔はできない
 いまこそ、私たちはこの人たちの思い出を大切にし、そして不条理で不公正で破壊的な行為がもたらす苦しみを忘れてはなりません。これまでに苦しみを受け、そしていまも闘い続けている他の多くの人たちに思いを致す必要があります。

・ドゥエイン・ジョーンズは2013年7月、ジャマイカのモンテゴベイで殺害されました。ダンスパーティーに参加し、ゲイであることを非難されたのです。激しく殴打され、刺され、銃で撃たれ、車でひかれて、どぶに投げ込まれました。ウガンダのゲイアクティビスト、デビッド・カトーもまた、2011年1月に殺されています。反同性愛法に反対したためハンマーで殴り殺されました。その法律がいまウガンダで施行されているのです。エリック・レムベムベのことも思い出します。カメルーのゲイアクティビストです。2013年7月にヤウンデで殺害されました。チャールズ・オモンデ・ラコはケニア西部で殺害され、道ばたに投げ捨てられていました。暴力は終わりません。平等を求めて勇気ある改革を進め、その結果として蛮行に苦しめられるのです。死者について語ることをお許し下さい。でも、彼らが受けた苦しみこそが、いま私たちに行動を促すのです。
・南アフリカの母親とその子供たちは世界の動きに勇気を得て、抗レトロウイルス治療を求めています。1ドルあれば赤ちゃんをHIV感染から守ることができるのです。
・セックスワーカーや薬物使用者、受刑者、トランスセクシュアルの人たち、HIV陽性の障害者のことを思います。この人たちにとって、私たちの会議のテーマ「誰も置き去りにはできない」は残酷な皮肉に聞こえるかもしれません。
・私たちはひどい法律を生み出す立法府や洞察に欠けた司法に対し、苦い失意を抱いています。最近のインド最高裁判決は、ゲイを差別する植民地時代の法律を無効としたナズ財団訴訟におけるデリ高裁の誇り高き判決をひっくり返してしまいました。
 ・アフリカでは恐るべき新法が次々に生まれ、流血の事態を招いています。暴力がエイズとの闘いを後退させているのです。
 ・孤独な患者たちが希望も持てずに死んでいこうとしています。注射薬物使用者やその他の排除されがちな人たちが、家族や社会の拒絶にあっています。治療を受けることができれば、命は救われ、誇りも失わずに済むのに、です。

 こうした思いが前に進む力になります。

 この会議に参加しようとして亡くなった仲間たちも、私たちと同様、これらのことを知っていました。メルボルンに集まった私たちすべて、そして遠く離れた多数の人たちもそれを知っています。同じイメージを抱き、この大陸のこの友好的な国を訪れようとしていたのです。私たちが粉々になった思いを広い集め、復活させることを彼らは期待しています。これまでの努力を再生させ、倍増させて引き継ぐことを求めているのです。

 小さな努力であっても、人類の大いなるパズルの重要なピースです。人権を尊重する世界、エイズの苦痛に終わりを告げることのできる世界の実現を求めるパズルです。


謝罪と確認
 この悲しみと苦痛の時において、私は語る前に以下の点を謝罪しなければなりません。

 ・語るべき資格は亡くなった友人たちを知る人にこそあります。個人あるいは集団の弔辞の中に彼らがなしてきたこと、そして私たちがこれからなすべきことが語られています。
 ・私はHIV陽性者ではありません。ジョナサン・マンはいつも、感染した人たちの声を聞き、何を言わんとしているかを理解することが大切だと語っていました。ダーバンの第13回国際エイズ会議におけるエドウィン・キャメロン判事の衝撃的演説は忘れられません。彼は、HIV治療の医学的な真実を拒絶し続けるという当時の南アフリカ政府の常軌を逸した態度(いまは変わっているが)を厳しく非難しました。
 ・私はHIV感染に直面する障害者ではありません。誰ひとり置き去りにしないのなら、この人たちにこそいま、話をする機会を保証すべきだと思います。その声がこれから数日、高らかに、そしてはっきりとメルボルンで発せられることを期待しています。

 それでも私自身、セクシャリティの故に差別と憎悪の対象となる苦い思いを味わった者の一人として、話をすることはできます。エイズの流行の初期段階において、私は深く愛する友人12人を失いました。彼らもまた差別や敵意、無関心、嫌がらせに苦しみ、それを克服してきたのです。彼らは生き、そして世の中はもっとよくなるだろうと信じて亡くなっていきました。科学や教育、知識、人の優しさなどによって、世界はそうなってきました。オーストラリアでも他の地域でもそうなりました。少しずつそうなっているのです。それでもなお、啓発がまだ必要です。置き去りにされる人がたくさんいるのです。



Jonathan Mann Memorial Lecture
The Hon. Michael Kirby AC CMG
Michael Kirby is a former justice of the High Court of Australia and one of Australia’s foremost jurists and human rights advocates. In addition to his judicial career, he has served the United Nations and the international community in a range of capacities, including as member of the UNDP Global Commission of HIV and the Law.

AIDS, LOSS AND RENEWAL
JONATHAN MANN. LOSS AND GRIEF
We who gather at this conference in Melbourne are no strangers to cruelty and loss. We know about suffering, irrationality and hatred. We have not been free of these forces for a single day since HIV/AIDS first appeared in our midst 30 years ago.
Every one of us can tell stories about horrible acts and brutal conduct that have added to the misery and danger faced by people living with HIV and by those who love and care for them. We know of people who have died, or are dying, of AIDS. Who are seeking love and the human right to respect and to life-saving healthcare. We know many who are denied, justice and human empathy. We are here to affirm that there is another path. We point the way. It is why we have come to Melbourne. It is why we must lift our voices. This is not a time for silence.

In the immediate loss of friends and colleagues, who were coming to the conference on MH17, we are reminded, most cruelly, of the earlier death of Jonathan Mann: the first director of the Global Program on AIDS of the World Health Organisation. This inspired humanitarian, who did so much to alert the world to the dangers of AIDS, perished with his wife and a plane full of passengers off St John’s, Newfoundland on 1998. He too was on his way to a conference on AIDS. He too had precious gifts to impart. It was a terrible loss to us and to the world. His memory drives us on.

When I was asked to give this Opening Plenary weeks ago I little thought that the plane crash that caused those deaths would be multiplied and magnified, this time by deliberate conduct of human beings. That it would kill delegates to our conference, and many other peaceful travellers, going about their lives with no harm in their hearts to others. How cruel and self-centred these murders appear to be. How reckless and outrageous to make such means available to zealots. How much more pain do we have to face in the world of AIDS before we are through this bleak experience?

Be in no doubt that irrational cruelty is, and will remain, our companion on this journey. It requires us to remember the past President of the International AIDS Society, Joep Lange and his wife. To think of all the other delegates who expected to be sitting here with us in this hall at this occasion. They devoted themselves to scientific research, to patient care, to law reform and human rights. Would that we could turn the clock back. Would that we could laugh, and think, and dream, and struggle shoulder to shoulder with them here tonight. Yet we cannot.


NO STRANGERS TO SUFFERING
So we think of them and of others who have suffered, or are suffering, through irrational, unjust and destructive acts:

• Of Dwayne Jones, murdered in Montego Bay, Jamaica in July 2013 because he attended a dance party and was condemned as gay. He was beaten, stabbed, shot and then run over by a car and dumped in a ditch. No-one brought to justice. We think of David Kato a gay activist in Uganda. He too was killed in January 2011 – hammered to death for opposing the antihomosexual law that has now been brought into effect in his country. We think of Eric Lembembe, a gay activist in Cameroon who was murdered in Yaounde in July 2013. We think of Charles Omondi Racho, who was killed and dumped by the roadside in Western Kenya. The violence does not end. Yet brave reformers continue to stand up for their idea of equality and to suffer brutality as a result. Forgive me for speaking of the dead. But their suffering, in our context, is a demand for action;

• We think of the mothers and families in South Africa who, inspired by global efforts, challenged the denial to them of antiretrovirals which, for a mere dollar, would save their babies from HIV infection;

• We think of sex workers, drug users, prisoners, transsexuals, the disabled people living with HIV. For them our conference theme of ‘No One Left Behind’ must often seem a cruel irony;

• We think of the bitter disappointments of legislatures that have failed to act. And of courts that have shown no insight. Like the recent decision in India that reversed the noble judgment of the Delhi High Court in the Naz Foundation Case invalidating the colonial law on gays;

• We think of horrible new laws spreading throughout Africa and the violence that they breed. That violence sets back the struggle against AIDS; and

• We think of the lonely patients dying without hope. And the injecting drug users and other outcasts, rejected by family and society, where therapy would restore their lives and sense of self-worth.

These thoughts too propel us on.

All of us in Melbourne, and many far away, know that those of our companions who were lost on their way to join us also knew these things. They too had these images in their minds, as they set out to this continental and welcoming country. They would expect us to pick up our shattered spirits. They would demand that we renew and redouble our efforts.

They would see those efforts as small but vital pieces of the great human puzzle that seeks to build a world that respects human rights, and heralds the day when the suffering of AIDS will be over.

APOLOGIES AND AFFIRMATIONS
I owe many apologies for presuming to speak at this moment of grief and pain:
• Apologies because the voice should really belong to those who knew and could tell us the simple stories of our friends who have been lost. And of the individual and collective contributions THAT they have made to the struggle in which we are still engaged;
• Apologies because I am not a person who is living with HIV or AIDS. Jonathan Mann always insisted on the importance of listening to the voices, of those who are infected and understanding what they say. Who will ever forget the electric words of Justice Edwin Cameron, at the Durban Conference, as he castigated the government of his country for the crazy, wrong refusal (now reversed) to acknowledge the true science of HIV; and
• Apologies because I am not a disabled person facing HIV. I know now that it had been hoped, and urged, that a voice would be given on this occasion to such a speaker so that truly no one would be left behind. I hope that such voices will be raised in these days in Melbourne, loud and clear.

Yet I can speak as one who has tasted the bitter dregs of discrimination and hatred, because of my sexuality. By reason of that ethos, I lost 12 greatly loved friends in the early days of the epidemic. They too suffered discrimination, hostility, indifference, disgust. But they overcame these emotions. They lived and then they died in the sure conviction that things would get better. And so, through science, and education, and knowledge and human kindness this has happened. It has occurred in Australia and in other lands. Step by step it has happened. Yet the enlightenment has still to reach many places where, all too many get left behind.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック