米CDCが新ガイドラインでPrEP(曝露前予防)を推奨

 (解説) HIVに感染していない人が感染予防のために抗レトロウイルス薬を服用することはPrEP(曝露前予防)と呼ばれています。参考まで二付け加えておくと、針刺し事故などの後に時間をおかずに抗レトロウイルス薬の投与を行うのはPEP(曝露後予防)です。米国のCDC(米疾病予防管理センター)が5月14日、そのPrEPの実施を推奨するガイドラインを発表しました。ただし、薬を飲んでいればHIV感染を防げるのだから、皆さん、がんがんPrEPを広げましょうというような意味での推奨ではありません。あくまで推奨の中身は《一定の感染リスクがある患者のための予防の選択肢のひとつとしてPrEPを考えるよう保健医療提供者に勧めている》ということです。その一定のリスクがある人についても、具体的にどんな人が対象になるのかを示しています。また、《単一で100%効果があるHIV感染の予防手段はない》としてコンドーム使用など他の予防手段もあわせて勧める必要があることも指摘しています。予防薬があるんだって、といった話だけが一人歩きしても困るので、参考までにCDCのサイトに5月14日付で掲載された新ガイドラインに関する発表の日本語仮訳を以下に紹介しておきます。


HIV感染のリスクが高い人に対し、新ガイドラインで毎日の予防投薬を推奨 2014年5月14日
http://content.govdelivery.com/accounts/USCDC/bulletins/b7c7a2
 e-HAP FYI : What’s New in CDC HIVから

 米疾病予防管理センター(CDC) と米公衆衛生局は本日、HIV感染のリスクが高い患者には曝露前予防(PrEP)の実施を考えるよう推奨する保健医療提供者向けの新たな臨床ガイドラインを発表した。 PrEPは、HIVに感染していない人を対象にあらかじめ予防目的で経口の抗レトロウイルス薬を毎日、服用できるよう提供するもので、HIV感染を減らす効果があることが確認されている。

 保健関連の政府機関や公衆衛生専門家、コミュニティ指導者らの協力を得てCDCがまとめた新ガイドラインは、一定の感染リスクがある患者に対し予防の選択肢のひとつとしてPrEPを考えるよう保健医療提供者に勧めている。また、服薬の継続やHIV感染リスクの低減策に関するカウンセリングの重要性を強調し、HIV感染の有無や副作用、毒性、感染リスクの高い行為などを定期的にモニターすることもあわせて推奨している。

 具体的には、以下のいずれかに該当するHIV未感染の患者にPrEPを勧めるとしている。:

・HIVに感染しているパートナーと現在、関係を持っている人。

・最近の検査ではHIV陰性だが、互いに性交渉の相手が一人ではなく、

・最近6カ月の間にコンドームなしのセックスをしたゲイ男性、バイセクシャル男性、または性感染症の診断を受けた人。

・HIV感染のリスクが高いと考えられる相手(たとえば注射薬物使用者、HIVに感染しているかどうか分からないバイセクシュアルの男性)とセックスをする際、常にコンドームを使っているわけではない異性愛者の男女。

・最近6カ月の間に違法薬物を注射し、注射器具を他の使用者と共用した人、または最近6カ月の間に薬物治療を受けている人。

 性的に活発な人の場合、単一で100%効果があるHIV感染の予防手段はないことから、ガイドラインは医師に対し、PrEPだけでなく、コンドームなど他の手段もあわせて患者に勧め、予防効果を高めるよう勧告している。
米食品医薬品局(FDA)は2012年7月16日、テノホビル/エムトリシタビン合剤(TDF/FTC)をHIV性感染のリスクが高い成人のPrEP用薬として承認している。

 様々な集団を対象にした臨床試験の結果から、CDCはこれまで数年にわたり、暫定的な指針を示してきた。今回の新ガイドラインは、性感染や注射薬物使用による感染を防ぐPrEPについて、暫定指針に代わって示された初の詳細かつ包括的な臨床指針である。また、PrEPを処方する際に医師が利用できる資料も含まれている。

 今回のガイドラインは、医師に対し、この強力な予防手段を活用するための貴重な情報を提供するものであり、HIVとの闘いにおける重要なステップとなるであろう。新規のHIV感染は、世界全体では毎年、推定270万件、米国だけでも推定5万件も発生しており、HIV/エイズの影響を軽減するために感染を予防する安全で効果的な新規手段が緊急に求められている。

 必要とする人たちを対象にして指示通りに使われれば、PrEPには米国の流行を変える潜在的な力がある。感染していないゲイ男性27万5000人、および一方がHIV陽性で他方は陰性という異性間のカップル14万組がこの対策の恩恵を受ける可能性があるとCDCは推定している。

 最終的には、HIV新規感染を防ぐというPrEPの役割が果たせるかどうかは、使用者が受け入れるかどうかにかかっている。どうすれば保健医療提供者が患者に効果的に薬を届け、患者が投薬を継続し、リスクの高い行動をとらないようにすることができるのか。そしてHIV感染の高いリスクがある人たちへのアクセスを確保できるのか。

 CDCは、PrEPに対する理解を広げるさまざまな動きを積極的にリードし、コミュニティで使えるようにするための課題解決に取り組んでいる。CDC財団と協力して、実用化に向けた課題、価格、臨床面での影響などを把握するためのパイロットプログラムを開始しようとしている。PrEP普及のための各州、地方保健当局に対する支援は今後も継続し、医師や患者に対しPrEPへの理解を広げて行くための予防教育にも取り組んでいきたい。

 米国におけるPrEPの効果的活用法を実証するためのプロジェクト、およびコミュニティにおける調査研究には他の組織も取り組んでいる。

 ただし、米国においてPrEPによるHIV感染予防を実現するには、理解を広げ、具体的な課題を解決するために力をあわせていかなければならない。多くのグループがそのための重要な役割を担っている。

  ・HIV予防団体はPrEP教育を現行プログラムに組み込んでいくことができるし、臨床の現場で働く人たちもこの   安全で効果的なHIV感染の予防法に対する理解を広げるうえで中心的な役割を担うことができる。

  ・HIV予防とケアの提唱者は、HIV感染の高いリスクにさらされている人たちの間の関心と理解を高めることが できる。

  ・保健医療提供者は必要な患者にPrEPを処方することができる。

 新ガイドラインは本日CDCのウェブサイトに掲載された。ガイドラインと提供者向け資料の閲覧、および米国におけるPrEPの実施について詳しく知りたい人はこちらをご覧ください。
www.cdc.gov/hiv/prevention/research/prep/





New guidelines recommend daily HIV prevention pill for those at substantial risk
May 14, 2014

Today, CDC and the U.S. Public Health Service released new clinical guidelines recommending that health care providers consider pre-exposure prophylaxis (PrEP) for patients at substantial risk for HIV infection. The strategy of providing daily oral antiretroviral drugs to uninfected individuals prior to HIV exposure, known as PrEP, has been shown to reduce HIV acquisition.
The new guidelines, developed by CDC in partnership with other federal health agencies, public health experts and community leaders, recommend that providers consider PrEP as a prevention option for any patients who meet specified risk criteria. They also underscore the importance of counseling that covers adherence and HIV risk reduction and recommend regular monitoring of HIV status, side effects and toxicities, and risk behaviors.
More specifically, the guidelines recommend PrEP for HIV-uninfected patients with any of the following indications:
・Is in an ongoing relationship with an HIV-infected partner.
・Is not in a mutually monogamous relationship with a partner who recently tested HIV-negative, and who is:
・A gay or bisexual man who has had sex without a condom or been diagnosed with a sexually transmitted infection within the past six months.
・A heterosexual man or woman who does not regularly use condoms when having sex with partners known to be at risk for HIV (for example, injecting drug users or bisexual male partners of unknown HIV status).
・Has injected illicit drugs within the past six months and has shared equipment or been in drug treatment within the past six months.
For sexually active people, since no prevention strategy is 100% effective, the guidelines also recommend that physicians encourage patients to use PrEP with other proven prevention strategies, such as condoms, to provide even greater protection than when used alone.
On July 16, 2012, the U.S. Food and Drug Administration approved the combination medication tenofovir disoproxil fumarate plus emtricitabine (TDF/FTC) for use as PrEP among adults at risk for sexually acquired HIV infection.
Over the past several years, CDC has issued interim guidance as trial results in various populations have become available. These new guidelines are the first to offer detailed and comprehensive clinical guidance on PrEP for both sexual and injecting drug use, and replace the interim guidance. They also include a providers’ supplement with additional materials and tools for clinicians who prescribe PrEP.
Today’s guidelines are an important step forward in the fight against HIV as it provides physicians with key information useful to effectively deliver this powerful, new prevention tool. With 2.7 million new infections estimated to occur each year worldwide, and approximately 50,000 in the United States, safe and effective new approaches to prevent HIV are urgently needed to reduce the toll of the disease.
PrEP has the potential to alter the course of the US epidemic, if targeted to populations in need and used as directed. In fact, CDC estimates that as many as 275,000 uninfected gay men and 140,000 discordant heterosexual couples could potentially benefit from this intervention.
Ultimately the role of PrEP in preventing new HIV infections will depend on: its acceptability to users; how effectively it is delivered by health care providers, including support for patients to achieve high medication adherence and to prevent increases in risk behavior; and access to the drug by those at substantial risk of HIV.
CDC is leading a variety of efforts to support PrEP uptake and address these critical issues for delivery in community settings. We are collaborating with the CDC Foundation to launch an implementation pilot program to identify the practical requirements, costs and impact of PrEP delivery in clinical care settings. We continue to provide ongoing support to state and local health departments on the delivery of PrEP in their jurisdictions and are engaged in prevention education efforts to increase awareness of PrEP among clinicians and consumers alike.
Other organizations are also implementing PrEP demonstration projects and research studies in community settings to help determine how PrEP can most effectively be used in the United States.

Yet, in order to realize the promise of PrEP for HIV prevention in the US, we must work collectively to expand uptake and address practical implementation issues. Many groups have critical roles to play:

・HIV prevention organizations can integrate PrEP education into existing programs while those working in clinical settings can play a central role in increasing awareness and uptake of this safe and effective HIV prevention intervention
・Advocates for HIV prevention and care can raise awareness and understanding of PrEP among those populations most at risk and
・Health care providers can prescribe PrEP to those patients with indications for its use

The new guidelines were posted today on CDC’s website. To view the guidelines and provider supplement or learn more about PrEP implementation in the United States, visit
  www.cdc.gov/hiv/prevention/research/prep/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 1日1錠でHIV感染が防げます 米CDCバイタルサインズ

    Excerpt: (解説) 米CDC(疾病管理予防センター)の公式サイトのVital SignsにHIVの曝露前感染予防投薬(PrEP)の特集が掲載されました。その本文部分を抜き出して日本語仮訳にしました。  当.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2015-12-07 14:43