メルボルン宣言プレスリリース



(解説)先ほど掲載した第20回国際エイズ会議のメルボルン宣言について会議公式サイトに掲載されたプレスリリースの日本語仮訳です。宣言とあわせてお読みください。


すべての人にHIV予防、治療、ケアへのアクセスを確保するため、AIDS2014メルボルン宣言がHIV陽性者やHIV感染のリスクにさらされている人たちへの差別根絶を呼びかけ
http://www.aids2014.org/WebContent/File/AIDS2014_Melbourne_Declaration_16May2014.pdf

2014年5月16日(スイス・ジュネーブ) 差別をなくすことこそがエビデンスに基づくHIV対策と効果的な公衆衛生プログラムの基礎であることを強調した宣言が本日、第20回国際エイズ会議(AIDS2014)織委員会から発表された。会議は2014年7月20日から25日までオーストラリアのメルボルンで開かれる。

 「HIVの流行に大きな影響を受けている人たちへの差別的な法執行や犯罪化立法・政策の動きが危機的なほど強まっています」とAIDS2014国際委員長であり、パリのパスツール研究所レトロウイルス感染制御部長でもある国際エイズ学会(IAS)のフランソワーズ・バレ-シヌシ理事長は語る。

 「そうした動きは明らかに基本的人権の侵害であり、HIV予防、治療、ケアへのアクセスを妨げることで対策を困難にするものです。私たちは宣言により、すべての人が等しく権利と尊厳を有していることを繰り返し強調しておきたい。私たちはみな平等であり、人間という家族の一員として生まれてきたのです」

 HIVとエイズへの世界的対応にかかわるすべての人が下記サイトを訪れ、宣言に署名するとともに、それぞれのネットワークでこの宣言を紹介してほしい。
www.aids2014.org/declaration.aspx
 「本当にHIVの流行の流れを変えたいのなら、誰もが取り残されることのないようにしなければなりません。AIDS2014は真にグローバルでインクルーシブな会議であり、宣言の精神が会議の場に反映されることになります」と地元組織委員会の共同委員長で、モナシ大学メアルフレッド病院感染症科部長兼メルボルン・バーネット医科学研究所副所長のシャロン・ルイス教授は言う。「サイエンス、コミュニティ、そしてリーダーシップと責任の3分野のホットな課題をすべて網羅し、充実したプログラムを提供できると思います。プログラムの一部として、若者やアクティビスト、コミュニティ代表にはグローバルビレッジとユースプログラムがあります」


AIDS 2014 Melbourne Declaration calls for the eradication of discrimination against people living with or at risk of HIV, to ensure equal access for all people to HIV prevention, treatment and care

16 May 2014 (Geneva, Switzerland ) A declaration affirming that non-discrimination is fundamental to an evidence-based response to HIV and effective public health programmes was announced today by the organizers of the 20th International AIDS Conference (AIDS 2014), to be held in Melbourne, Australia, from 20-25 July 2014.

“The enforcement of discriminatory and criminalising laws and policies against Key Affected Populations is deeply alarming.” said Professor Françoise Barré-Sinoussi, AIDS 2014 International Chair, President of the International AIDS Society (IAS) and Director of the Regulation of Retroviral Infections Unit at the Institut Pasteur in Paris.

“Such practices clearly violate basic human rights and heavily undermine HIV programmes by posing barriers to access to HIV prevention, treatment, and care. With the declaration we want to reiterate that every individual has the same rights and dignity as everyone else as we are born equal and part of the human family.”

All individuals and organizations involved in the global response to HIV and AIDS are encouraged to visit and sign the declaration at www.aids2014.org/declaration.aspx and to share it with their networks. “If we really want to change the course of HIV we must make sure that nobody is left behind. AIDS 2014 will be a truly global, inclusive conference and will reflect the principles of the declaration” commented Professor Sharon Lewin, Local Co-Chair of AIDS 2014, Head of the Department of Infectious Diseases, Alfred Hospital and Monash University and Co-Head of the Centre for Biomedical Research at the Burnet Institute in Melbourne.“ We are excited to offer a strong conference programme exploring in great depth all the hot issues in the three programme areas: Science, Community, and Leadership and Accountability. As part of the programme, the Global Village and Youth Programme will offer a dynamic a vibrant platform for youth, activists and community representatives”.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック