メルボルン宣言  誰も置き去りにはできない


(解説)7月20日から25日まで、オーストラリアのメルボルンで開かれる第20回国際エイズ会議に向けて、組織委員会が「メルボルン宣言」を発表染ました。その日本語仮訳です。2年に1度の国際エイズ会議では、その時点で最も重要と考えられるメッセージが宣言のかたちで発表され、広く賛同署名を募ったうえ、会議の場で公式に採択ることで、世界のエイズ対策についてある程度の共通認識を確立する努力が続けられています。今回は世界各地で性的少数者を犯罪者として扱う立法や政策、法執行がなされる事例が相次いで報告されていることへの憂慮と危機感が強く表明される宣言になりました。


メルボルン宣言
 誰も置き去りにはできない
http://www.aids2014.org/declaration.aspx

 クリングネーション原住民であり、長くこの地を守ってきたWurundjeri, Boonerwrung, Taungurong, Djajawurrung、Wathaurungの人々の伝統的会合の場であるメルボルンに私たちは集ります。第20回国際会議(AIDS2014)で世界のHIV対策の進展状況を評価し、今後の方向性をさぐるためです。
 差別をなくすことこそが、エビデンスに基づき、ジェンダーを固定化しないHIV対策と効果の高い公衆衛生プログラムを実現する基礎となることを、私たち宣言署名者、賛同者はここに明らかにしておきます。
 HIVに打ち勝ち、HIV予防、治療、ケア、支援のユニバーサルアクセスを達成するには、誰もがジェンダーや年齢、人種、民族、障害、宗教、信念、出身国、国籍、性的指向、ジェンダー自認、セックスワーカーとしての立場、受刑者、抑留者であること、不法薬物を使ったり使った経験があること、HIV陽性者であることを理由に犯罪者として扱われたり、差別されたりすることがあってはなりません。
 すべての女性、男性、トランスジェンダー、インターセックスの成人と子供に、平等の権利、およびHIV予防、ケア、治療の情報とサービスへの平等のアクセスが認められていることを私たちははっきり述べておきます。ジェンダーの平等を促進することが、HIVの流行に最も大きな影響を受けている人たちのニーズに対応したHIV対策を実現するうえで不可欠です。さらに性を売る人、売ったことがある人、不法薬物を使用している人、使用したことがある人にも、差別されることなく個人情報が守られるかたちでHIVケアと治療のサービスが利用できることを含め、他の人と同等の権利があります。
 弱い立場の人たちのHIVに対する脆弱性をより深刻化させるような政策や行為につながる差別的な法執行が続いていること、差別的で有害な立法が続いていることに対し、私たちは重大な懸念を共有しています。こうした法律や政策は、社会から排除されがちな人たちに対する過激な暴力を扇動し、偏見を助長し、HIV対策を妨害するものであり、社会正義や平等、人権の実現を阻み、HIV陽性者やHIV感染の高いリスクにさらされている人たちの保健へのアクセスの妨げるものです。
 世界の80カ国以上で、性的指向を理由に人を犯罪者として扱う受け入れがたい法律が存在しています。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックスの人たちを含むすべての人が、他の人と同等の権利を有しています。すべての人は生まれながらにして自由で平等であり、人類という家族の対等なメンバーなのです。
 HIV陽性者、およびHIV感染や他の病気の高いリスクにさらされている集団を差別する保健医療提供者は、すべての人を分け隔てなくケアし、治療しなければならないという倫理的な義務を果たしていません。
 したがって、私たちは、こうした差別的で偏見の強い行為に対し、直ちに、結束して、反対するよう呼びかけ、以下の行動を通し、より適切で有効な手法を採用することをすべての組織に求めています。

・各国政府はHIVに対する脆弱性を高めるような抑圧的法律を撤廃し、偏見に満ちた差別的な政策と法執行を直ちにやめる。また同時に、平等な扱いを実現するための法律を成立させる。
・政策決定者は、人々の健康や福祉を損なう差別的な法律や政策の根拠として、国際的な保健会議や会合を使うようなことは決してしない。
・セクシズムやホモフォビア、トランスフォビアといった特定の個人や集団に対する不寛容や差別を広げるような組織からは、HIV対策の資金拠出を受けない。
・すべての保健医療提供者はHIV対策資金確保のための前提条件として、差別をなくす取り組みが実践されていることを示す。
・売春反対の誓約、注射針・注射器の購入禁止といった資金提供への条件は、セックスワーカーや注射薬物使用者のHIV、性感染症、C型肝炎との闘いを実質的に妨げることになるため、取り除く。
・すべての署名者がインクルージョン、非犯罪化、非差別、寛容という宣言の考え方を広めていく。

 結論として、私たちは公正さ、保健医療サービスへのユニバーサルアクセス、基本的人権と尊厳を擁護するための揺るぎない姿勢を自ら再確認しなければなりません。すべての人が国際人権枠組みで保障された権利を有し、その枠組みに守られているのです。
 依然として流行の拡大の主要因となっている犯罪視や偏見、差別などの障壁を克服できなければ、エイズの終わりは実現しません。


Melbourne Declaration
Nobody left behind

We gather in Melbourne, the traditional meeting place of the Wurundjeri, Boonerwrung, Taungurong, Djajawurrung and the Wathaurung people, the original and enduring custodians of the lands that make up the Kulin Nation, to assess progress on the global HIV response and its future direction, at the 20th International AIDS Conference, AIDS 2014.
We, the signatories and endorsers of this Declaration, affirm that non-discrimination is fundamental to an evidence-based, rights-based and gender transformative response to HIV and effective public health programmes.
To defeat HIV and achieve universal access to HIV prevention, treatment, care and support – nobody should be criminalized or discriminated against because of their gender, age, race, ethnicity, disability, religious or spiritual beliefs, country of origin, national status, sexual orientation, gender identity, status as a sex worker, prisoner or detainee, because they use or have used illicit drugs or because they are living with HIV.
We affirm that all women, men, transgender and intersex adults and children are entitled to equal rights and to equal access to HIV prevention, care and treatment information and services. The promotion of gender equity is essential to HIV responses that truly meet the needs of those most affected. Additionally, people who sell or who have sold sex, and people who use, or who have used illicit drugs are entitled to the same rights as everyone else, including non-discrimination and confidentiality in access to HIV care and treatment services.
We express our shared and profound concern at the continued enforcement of discriminatory, stigmatizing, criminalizing and harmful laws which lead to policies and practices that increase vulnerability to HIV. These laws, policies, and practices incite extreme violence towards marginalized populations, reinforce stigma and undermine HIV programmes, and as such are significant steps backward for social justice, equality, human rights and access to health care for both people living with HIV and those people most at risk of acquiring the virus.
In over 80 countries, there are unacceptable laws that criminalize people on the basis of sexual orientation. All people, including lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex people are entitled to the same rights as everyone else. All people are born free and equal and are equal members of the human family.
Health providers who discriminate against people living with HIV or groups at risk of HIV infection or other health threats, violate their ethical obligations to care for and treat people impartially.
We therefore call for the immediate and unified opposition to these discriminatory and stigmatizing practices and urge all parties to take a more equitable and effective approach through the following actions:

・Governments must repeal repressive laws and end policies that reinforce discriminatory and stigmatizing practices that increase the vulnerability to HIV, while also passing laws that actively promote equality.
・Decision makers must not use international health meetings or conferences as a platform to promote discriminatory laws and policies that undermine health and wellbeing.
・The exclusion of organisations that promote intolerance and discrimination including sexism, homophobia, and transphobia against individuals or groups, from donor funding for HIV programmes.
・All healthcare providers must demonstrate the implementation of non-discriminatory policies as a prerequisite for future HIV programme funding.
・Restrictions on funding, such as the anti-prostitution pledge and the ban on purchasing needles and syringes, must be removed as they actively impede the struggle to combat HIV, sexually transmitted infections, and hepatitis C among sex workers and people who inject drugs.
・Advocacy by all signatories to this Declaration for the principles of inclusion, non-criminalization, non-discrimination, and tolerance.

In conclusion we reaffirm our unwavering commitment to fairness, to universal access to health care and treatment services, and to support the inherent dignity and rights of all human beings. All people are entitled to the rights and protections afforded by international human rights frameworks.
An end to AIDS is only possible if we overcome the barriers of criminalization, stigma and discrimination that remain key drivers of the epidemic.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第70号(2014年6月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第70号(2014年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2014-07-05 18:13