『教育とHIVの歴史と展望』 (ユネスコ)


(解説)国連教育科学文化機関(UNESCO)がHIV教育の歴史と今後の展望についてまとめた報告書『Charting the Course of Education and HIV』を発行しました。ユネスコ公式サイトに掲載された紹介文の日本語仮訳です。タイトルは直訳すると「教育とHIVに関する進路図を示す」といったあたりでしょうか。ちょっと丸めて「教育とHIVの歴史と展望」としました。報告書自体は180ページ以上あり、とても手が出せません。要約に相当する《Education and HIV: Where to from here?》という部分なら10ページぐらいです。誰かが訳してくれると、資料として役立つような気もしますが、いかがでしょうか。


『教育とHIVの歴史と展望』
http://www.unesco.org/new/en/education/resources/in-focus-articles/charting-the-course-of-education-and-hiv/#topPage

「エイズの流行を終わらせることは可能です。教育がその鍵を握っています」 
  2012年9月、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、ミシェル・シデベ事務局長

HIVはいまも、世界中で何百万もの人々に影響を与えています。いくつかの国では大きな成果が上がっているものの、世界がどこでも、同じようにうまくいっているわけではありません。2012年には年間で230万人が新たにHIVに感染しているのです。このことはこれまでにも増して対策に力を入れていく必要があることを示しています。

流行の初期段階から、教育はエイズ対策の中心的な役割を担ってきました。とりわけ、学校におけるHIV教育は重要でしたが、さまざまな議論を呼ぶことにもなりました。ユネスコが新たに発行した『教育とHIVの歴史と展望』は、ユネスコ職員の知識と経験、および理論、実践面での専門家の協力に基づき、HIV分野の国際目標の合意形成に向けた新たな課題と対応策を検証したものです。HIVの新規感染の予防と治療、ケア、そして偏見と差別をなくすために教育分野からの貢献策を提言しています。

本書は基本的人権の2つの柱である教育と保健がいかに密接に関係したものであるかということを示しています。健康であれば、よりよく学ぶことができます。また、教育を受ければ、健康に暮らすスキルを身につけることができます。必要な情報を集め、健康に役立つ適切な選択を行うための知識と価値観と態度と技術が教育によって得られるのです。もちろん、知識を得るだけで行動が変わるわけではありませんが、正確な知識を得ることはより安全な性行動を選択するための前提条件であり、それが結果として、効果的なHIV対策の基盤となるのです。教育によって、被害をもたらすようなジェンダーの規範に対応することができれば、ジェンダーに基づく差別や暴力を減らすことができます。このことは平等な権利を保障し、公正で豊かな社会を築くうえで重要であり、同時に効果的なHIV対策を実現するためにも不可欠です。

はじめの頃は、ウイルスが急速に広がり、しかも効果的な治療法がなかったとから、新たな感染を防ぐための緊急な対応が求められました。教育はHIVに関する医学的な話題を提供したり、道徳的な課題として取り上げたりすることが中心になっていました。若者の性的な活動を抑えるために脅しの手法が採用されることも多く、「禁欲以外にない」といった考え方が強調されることもありました。しかし、こうした方法は意図した効果をあげることはできず、HIVの感染率は上昇を続けました。その結果、生きていくための技術に対する認識を深め、コミュニケーションや問題に対処する能力を重視したスキルベースの方法が採用されるようになったのです。また、貧困やジェンダー、文化、価値観、信仰、権力、政治といった構造的、あるいは環境的要因の重要性も認識され、HIV対策に取り入れられていきました。

この本で紹介されているエビデンスによると、HIV を含めセクシュアリティに関する包括的で質の高い教育は、性の開始年齢を早めることにはつながっていません。それどころか、性行為の開始年齢を遅らせ、より安全な性行動を取り、HIVの知識を向上させることが示されています。カリキュラムに何を含めるべきなのか、HIV とセクシュアリティをどのように取り上げればいいのかといったことはすでに私たちにも分かっています。ただし、既存のカリキュラムの多くは、弱点をいくつか抱えています。セックスやセクシュアリティに関する課題についてどう調べたらいいのか、どこにいけばサービスを利用できるのかといった情報が十分に提供できていないこと、社会的、文化的な要因や性の権利、性的多様性といった課題にあまり関心が払われていなかったことなどです。さらに教え方が偏りがちになるという問題もあります。とくに教員が学校やコミュニティからセクシャリティや関係性について教えることを求められていないと感じたり、支援されていないと思ったりする状態、あるいは教える準備ができていないときにはその傾向が強くなります。そうなると、若者の多くがセクシャリティについて最も基本的な教育すら受けることができず、適切な知識を得られないまま学校を後にするということにもなりかねません。

・世界の都市の名前は教えてもらったけれど、自分が今住んでいる町の通りで生き残るにはどうしたらいいのか、それは分からない。
・3カ国語で会話と作文を教えてもらったけれど、自分がどう思っているのかを伝えることはできない。
・ラットの再生については教えてもらったけれど、妊娠を避けるにはどうしたらいいのかが分からない。
・数学の問題の解き方は教えてもらったけれど、自分の問題はどう解決したらいいのか分からない。
・はい、たくさんの事実を教えてくれてありがとう。私は賢くなったはずなのに、何も知らないような感じがするのはどうしてなのか。
・生活上の問題に対処できるようになるには、学校から出て行かなければならないと感じるのはどうしてなのか。
(資料: 南アフリカ共和国教育省、2002年。人権擁護会議報告:セクシュアリティ教育の重要性)

著者らはHIV教育の新たなアプローチを提唱している。それはHIV教育を組み立て直し、先生に対する研修と支援を見直し、実施方法を改善し、学校の保健プログラムとのつながりを強化し、流行の変化に対応し、包括的なセクシャリティ教育に対する若者や保護者のニーズの拡大に見合ったものにしなければならない。




Charting the Course of Education and HIV
‘Ending AIDS is possible – and education is the key to success’ Executive Director of UNAIDS, September 2012

HIV continues to affect millions of people worldwide. While significant progress has been made in a number of countries, advances have not been uniform, and the 2.3 million new infections in 2012, point to the need to redouble our efforts.

From the beginning, the education sector played a central role in responding to the epidemic, notably by providing school-based HIV education, which has been the subject of much debate. UNESCO new publication, Charting the Course of Education and HIV, builds on the experience of UNESCO staff and contributions from key thinkers and practitioners to examine emerging challenges and opportunities that need to be harnessed to reach the internationally agreed targets related to HIV. . It proposes a way forward for the education sector to contribute to the prevention of new infections, treatment and care, and the reduction of stigma and discrimination.

The publication points out how education and health, two basic human rights, are intrinsically linked, as healthy learners learn better, and better educated learners have the skills to be healthy. Education develops the knowledge, values, attitudes and skills required to make informed choices and adopt healthier behaviours. While knowledge is usually insufficient on its own for behavioural change, it is a prerequisite for the adoption of safer sexual behaviours and thus the foundation for an effective HIV response. Education can address harmful gender norms and help to reduce gender-based discrimination and violence which are important both in their own right for equal, fair and prosperous societies and as critical enablers for an effective HIV response.

Early on in the epidemic, the rapid spread of the virus and lack of treatment options required urgent action to prevent new infections. Most education approaches were characterized by teaching about HIV as a science topic or as a moral issue. In many contexts, formal education used scare tactics in an attempt to prevent young people from engaging in sexual activity, or promoted ‘abstinence-only’ messages. These methods did not have the intended effect, and infection rates continued to rise. As a result, skills-based approaches such as life skills education, which emphasize cognitive, communication and coping skills, were adopted and the importance of structural and environmental factors such as poverty, gender, culture, values, beliefs, power and policy were recognised and started to be integrated into the HIV response.

Evidence laid-out in the book shows that good quality comprehensive sexuality education, including HIV, does not lead to early sexual initiation; instead, it helps delay sexual debut, increase safer sexual behaviour, and improve HIV knowledge. We know what needs to be included in the curriculum and how HIV and sexuality should be covered. However, many existing curricula have weaknesses, including inadequate reference to key aspects of sex and sexuality, lack of information about where to access services, and limited attention to social and cultural factors, sexual rights and sexual diversity. In addition selective teaching is a challenge, particularly in situations where teachers do not feel mandated or supported by the school or community to teach about sexuality and relationships or are unprepared to address them. As such, many adolescents and young people do not receive even the most basic sexuality education and leave school without adequate knowledge.

・You taught me the names of the cities of the world BUT I do not know how to survive in the streets in my own city.cities of the world BUT I do not know how to survive in the streets in my own city.
・You taught me to speak and write in three languages BUT I do not know how to say what I feel in my heart.
・You taught me about reproduction in rats BUT I do not know how to avoid pregnancy.
・You taught me how to solve maths problems BUT I still can’t solve my own problems.
・Yes, you taught me many facts and thank you, I am now quite clever BUT why is it I feel I know nothing?
・Why do I feel I have to leave school to learn about coping with life?
Source: South African Department of Education. 2002. Conference Report Protecting the Right to Innocence: The Importance of Sexuality Education.

The authors put forward a new approach for HIV education which requires, inter alia, the reframing of HIV education; rethinking teacher training and support; improving implementation; strengthening the links with school health programmes; adaptation to an evolving epidemic; and meeting the increasing demand by young people and their parents for comprehensive sexuality education.

For hard copies of the publication please visit the UNESCO Bookshop. For additional information please contact aids(at)unesco.org.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック