UNAIDSがProtect the Goalキャンペーン世界ツアーを南アフリカで開始

(解説)(解説) Protect the Goal(ゴールを守れ)キャンペーンはサッカーW杯に向けたUNAIDSとサッカー界の共同キャンペーンで、前回の南ア大会開催時に始まったそうです。第2回となる今回は3月5日、その南アでスタートし、6月の2014W杯ブラジル大会に向けて世界ツアーが展開されます。UNAIDSのプレスレリースの日本語仮訳です。


UNAIDSがProtect the Goal(ゴールを守れ)キャンペーン世界ツアーを南アフリカで開始
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/march/20140305prptg/

【ジュネーブ/ヨハネスブルグ、2014年3月5日】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、トベカ・マディバ・ズマ財団(TMZF)および南アフリカサッカー協会開発機関(SDA)と協力して、Protect the Goalキャンペーンの世界ツアー開始を宣言した。2010年のサッカーW杯南ア大会で初めて実施されたキャンペーンで、HIV予防への関心を高め、若者に各国の国内および国際的なHIV対策活動への参加を呼びかけている。

「SDAおよびUNAIDS とともにこうした活動に参加できることを光栄に思います」とトベカ・マディバ・ズマ大統領夫人は語った。彼女の財団はProtect the Goal キャンペーンの共同スポンサーとなっている。「アフリカの若者ができるだけ多く参加できるように支援したい。HIVに対する関心を高めるとともに、助けを必要としている若者たちがHIV検査と治療を受けられるようにする必要もあります」

世界ツアー開始の公式イベントはアフリカ最大の競技場であるサッカーシティスタジアムで、南ア対ブラジルの国際親善試合中に行われた。世界ツアーはアフリカからW杯に出場するアルジェリア、カメルーン、コートジボワール ガーナ、ナイジェリアの5カ国で続けられる。

イベントでは、クウェク・マンデラさんとンダバ・マンデラさんをキャンペーンの国際スポークスパーソンとすることも発表された。キャンペーンの目的は、エイズから自由な世代という目標に向けて世界が団結するため、スポーツの高い人気と動員力を活用することだ。またHIV新規感染者ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロの3つのゼロというUNAIDSのビジョンへの関心を高め、実現に向けた支援を行うことも目指している。

「世界のサッカー界がエイズと闘う姿勢を急速に整える中で、南アフリカのパートナーとともに活動できることを私たちは誇り思います」とUNAIDS事務局長上級顧問のジブリ・ディアロ博士は語った。

キャンペーンは世界中から支援を得ている。UNAIDS はアフリカサッカー連盟((CAF)、北中米カリブサッカー連盟(CONCACAF)、南米サッカー連盟(CONMEBOL)、アジアサッカー連盟(AFC) と協力協定を結んでいる。

アフリカでは、UNAIDS と青少年指導者を含むパートナー組織が、アフリカ最大の大会であるアフリカネイションズカップなどのスタジアムやファンゾーンの大画面でHIV予防のメッセージを観客に伝えている。

アジアでは、アジア サッカー連盟、アジア開発銀行と協力して、HIV啓発やHIV予防と治療の改善、HIVに 関連する偏見や差別の除去などにミャンマー、カンボジア、フィリピン、マレーシア、タイの5カ国で取り組んでいる。

北中米カリブサッカー連盟(CONCACAF)も主要なスポーツイベントの中でキャンペーンを進めている。ゴールドカップ大会では、米国代表とパナマ代表のキャプテンがサッカー界でHIVに対する意識を高めていくことを約束した。

世界全体で若者のHIV陽性者は540万人と推定され、180万人が緊急にHIV治療を必要としている。何百万という若いHIV陽性者が自らの感染を知らず、平均すると1日約2100人の若者が新たにHIVに感染している。新規感染者全体の36%を占めているのだ。

 Protect the Goalキャンペーンの一環としてUNAIDSとTMZF、SDA、および若者にHIV教育を行っている南アフリカの非営利組織グラスルートサッカーが3月6日、希望のためのアレクサンドラサッカーセンターでイベントを開催する。若者が安心してHIV予防を学べるセンターだ。イベントでは、キャンペーン用公式サッカーボールが恵まれない人たちに配られる予定になっている。



UNAIDS Protect the Goal campaign tour kicks-off in South Africa

GENEVA/JOHANNESBURG, 5 March 2014—The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), in cooperation with the Tobeka Madiba Zuma Foundation (TMZF) and the South African Football Association Development Agency (SDA), have announced the kick-off of the Protect the Goal world tour. Protect the Goal, which was first launched at the 2010 FIFA World Cup in South Africa, is a campaign to raise awareness around HIV prevention and encourage young people to get actively involved in both the national and global response to HIV.

“I'm honored to join forces with SDA and UNAIDS in the AIDS response," said Madame Tobeka Madiba Zuma, whose foundation is a co-sponsor of the Protect the Goal campaign. "I want to help reach as many young people around Africa as I can. While we need to begin with HIV awareness, we also need to deliver HIV testing and treatment to many young people who need our help."

The official world tour kick-off event was held at the Soccer City Stadium, the largest stadium in Africa, during the South Africa-Brazil international friendly game. The world tour will continue its journey through the five African countries—Algeria, Cameroon, Côte d’Ivoire, Ghana, and Nigeria—whose national teams have qualified for the 2014 FIFA World Cup in Brazil.

The event also provided an opportunity to announce Kweku Mandela and Ndaba Mandela as global spokespersons for Protect the Goal. The objectives of the campaign are to use the popularity and convening power of sport to unite the world for the goal of an AIDS-free generation. The campaign also raises awareness and support for UNAIDS’ vision of zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths.

“We are proud to be working with our South African partners in a rapidly evolving environment for mobilizing the global football community against AIDS,” said Dr. Djibril Diallo, Senior Adviser to the Executive Director of UNAIDS.

The campaign has garnered support from around the world. UNAIDS has signed cooperation agreements with the Confederation of African Football (CAF), Confederation of North, Central America and Caribbean Association Football (CONCACAF), South American Football Association (CONMEBOL), and Asia Football Confederation (AFC).

In Africa, UNAIDS and partners, including youth leaders, have disseminated HIV prevention messages on large electronic screens to football fans in stadiums and fan zones during games, including the Orange Africa Cup of Nations, Africa’s most prestigious football tournament.

In Asia, UNAIDS, in cooperation with the Asian Football Confederation and the Asian Development Bank, are engaged in a partnership to enhance awareness of HIV, improve access to HIV prevention and treatment, and work to eliminate HIV-related stigma and discrimination in five pilot countries, Myanmar, Cambodia, Philippines, Malaysia, and Thailand.

CONCACAF, the Confederation of North, Central American and Caribbean Association Football, has also promoted the campaign in the framework of major sporting events. During the Gold Cup soccer tournament the captains of the national football teams of the United States and Panama pledged to raise awareness of HIV in the football community.

Globally, an estimated 5.4 million adolescents and young people are living with HIV, and 1.8 million are eligible for HIV treatment. Millions of young people living with HIV do not know they living with the virus, and every day, approximately 2100 adolescents and young people become newly infected, which accounts for 36% of all new HIV infections globally.

As part of the Protect the Goal Campaign, UNAIDS, TMZF, SDA and Grassroot Soccer, a South African-based, non-profit organization that uses football to educate young people about HIV, will stage a promotional event at the Alexandra Football for Hope Centre on 6 March. The centre provides young people with a safe space to learn about HIV prevention. As part of the event branded footballs of the Protect the Goal campaign will be distributed to underprivileged communities.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第68号(2014年4月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第68号(2014年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2014-05-04 18:52