サッカー・ブラジル代表のダビド・ルイス選手をUNAIDS国際親善大使に任命


(解説) 6月のサッカーW杯ブラジル大会を前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)がブラジル代表のダビド・ルイス選手を国際親善大使に任命しました。ルイス選手は試合で活躍するとともに、HIV/エイズ対策への理解とHIV感染の予防を世界に呼びかけていきます。UNAIDSの4月16日付プレスレリースの日本語仮訳です。


サッカー・ブラジル代表のダビド・ルイス選手をUNAIDS国際親善大使に任命
FIFAワールドカップ2014を控え、UNAIDSがサッカーの力を活用
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/april/20140416prdavidluiz/

【2014年4月16日、ジュネーブ】 ブラジルで6月にFIFAワールドカップ2014が開かれることから、国連合同エイズ計画(UNAIDS)はサッカー・ブラジル代表チームのダビド・ルイス副主将を国際親善大使に任命した。

英プレミアリーグでプレーをするダビド・ルイス選手はUNAIDSの活動を支援し、啓発活動に取り組む。世界のサッカーファン、とりわけ若者に対し、HIV陽性者への差別をなくし、予防と治療のアクセスを確保するよう呼びかける予定だ

「深い思いやりの心で伝えるダビドのメッセージは何百万という若者を動かすことになるでしょう」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語った。「サッカーでは選手たちが勝利のために力を合わせます。HIV新規感染ゼロの目標を実現するには、私たちも同じようにチームとして結束していく必要があります。ワールドカップ開催中は、すべての人がブラジルに注目するので、ダビドがピッチの上でも、外でも強い印象を与えてくれるでしょう」

「UNAIDS の親善大使に選ばれたことは私にとって大変な名誉であり、世界がエイズを克服できるよう、この与えられた地位を有効に活用したいと思います」とダビド・ルイス選手は述べた。「ワールドカップには素晴らしい試合を期待して世界中のたくさんの人がブラジルに注目するでしょう。UNAIDSと私には、メッセージを伝える大きな機会です。UNAIDSが勝利チームになるよう協力したいと思います」

ダビド・ルイスはUNAIDSのProtect the Goalキャンペーンの顔でもある。このキャンペーンは、スポーツの高い人気と動員力を活用してHIVへの関心を高め、若者にHIV予防を呼びかけている。ダビド・ルイスはまた、外見や出身、性的指向にかかわりなく、すべての人の生きる権利と尊厳を尊重するUNAIDSの差別ゼロキャンペーンにも積極的に加わっている。

世界で推定3530万人のHIV陽性者のうち540万人は10~24歳の若者である。その多くは自らのHIV感染に気付いていない。約90万人は十代前半(10~14歳)だ。さらに年間のHIV新規感染者230万人のうち、78万人は10~24歳の若者であり、感染の97%は低・中所得国で起きている。


Brazilian football star David Luiz appointed new UNAIDS International Goodwill Ambassador
UNAIDS leverages the power of football ahead of FIFA 2014 World Cup

GENEVA, 16 April 2014—In the lead-up to the FIFA World Cup in Brazil starting in June, UNAIDS has teamed up with Brazilian football champion and vice-captain of the national Brazilian football team David Luiz, appointing him as UNAIDS International Goodwill Ambassador.
David Luiz, who is playing in the Premier League, will support UNAIDS by promoting the organization’s key advocacy and outreach initiatives. He will help mobilize football fans around the world, particularly young people, with important messages calling for an end to discrimination, advocating for HIV prevention and access to HIV treatment for people living with HIV.
“I am convinced that David with his heart and compassion will make a big difference reaching out to millions of young people,” said UNAIDS Executive Director, Michel Sidibé. “In football, players come together to produce results. In the same way we must unite and as a team get to zero new HIV infections. During the World Cup, everyone’s eyes will be on Brazil and David will be an inspiration both on and off the pitch.”
“It is a massive honour to be a global ambassador for UNAIDS and I want to use this position to spread the word about how to overcome AIDS around the world,” said David Luiz. ”People will be looking to my country Brazil to see great football at the World Cup and this is a great opportunity for UNAIDS and I to speak out—and I want to help make UNAIDS the winning team.”
David Luiz is featured in Protect the Goal which is a UNAIDS campaign using the popularity and convening power of sport to raise awareness of HIV and drive young people to commit to HIV prevention. In addition, David Luiz is promoting UNAIDS’ #zerodiscrimination campaign, which calls on people to celebrate everyone’s right to live a full life with dignity – no matter what they look like, where they come from or whom they love.
Of the total estimated 35.3 million people living with HIV around the world, an estimated 5.4 million are young people aged 10-24. Many are unaware of their status. There are some 900 000 adolescents (10-14) living with HIV. In addition, an estimated 780 000 of the total 2.3 million new HIV infections worldwide are among adolescents and young people aged 15–24 with 97% of the new infections occurring in low and middle-income countries.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第68号(2014年4月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第68号(2014年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2014-05-04 18:52