米国の新地球規模エイズ調整官、デボラ・バークス博士が就任宣誓


(解説)米国のデボラ・バークス新地球規模エイズ調整官の就任について、米大統領緊急エイズ救済計画(PEPFAR)の公式サイトに掲載されているプレスリリースの日本語仮訳です。


米国の新地球規模エイズ調整官、デボラ・バークス博士が就任宣誓
http://www.pepfar.gov/press/releases/2014/224403.htm
              2014年4月4日
【ワシントンDC】 デボラ・バークス博士が本日、米国の無任所大使、および米国の国際HIV/エイズ政策を主導する地球規模エイズ調整官として就任宣誓を行った。バークス大使は米大統領緊急エイズ救済計画(PEPFAR)を統括することになる。PEPFARは一つの国が単一の疾病と闘うために実施する国際的な対策としては最大の計画であり、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)への米国政府の関与に全面的な責任を持つものでもある。

「PEPFARの先頭に立つことは、光栄であるととともに、身の引き締まる思いでもあります。責任の共有と説明責任、そして結果を通して、エイズから自由な世代を実現するための新たな章を切り開かなければなりません」とバークス大使は述べた。

バークス大使はHIV/エイズ分野における著名な医学者である。30年以上にわたり、HIV/エイズの免疫学、ワクチン研究、および国際保健に取り組んできた。2005年からは米疾病予防管理センター(CDC)の地球規模エイズ対策部長としてPEPFAR実施に主導的役割を果たしている。

CDC以前には、ウォルター・リード陸軍研究所でHIV研究計画の部長として活躍し、米国陸軍大佐に昇進するなど陸軍で輝かしい成果をあげている。彼女は当時、タイにおけるHIVワクチン開発に取り組み、臨床試験でワクチンがHIV感染を防ぐ可能性があることを初めて示した。彼女はまた、ウォルター・リード陸軍医療センター病院で免疫学部門の副主任でもあった。

PEPFARは現在、世界で670万人に延命のための抗レトロウイルス治療を提供している。また、2013会計年度では、5770万人以上にHIV検査とカウンセリングの支援を行い、予防、治療、ケアの提供の重要な窓口となっている。PEPFARを通じてHIV検査とカウンセリングの支援を受けた人のうち1280万人以上は妊娠中の女性である。これらの女性のうち検査でHIV陽性と分かった78万人には、HIV母子感染防止のための抗レトロウイルス治療が提供された。こうしたPEPFARの支援により、HIV陽性の女性から生まれた赤ちゃんの95%がHIVに感染せずに誕生している(支援がなければ24万人の赤ちゃんがHIVに感染していたはずだ)。
詳細は www.PEPFAR.gov で。



Dr. Deborah Birx Sworn-In as New U.S. Global AIDS Coordinator
   April 4, 2014
Washington, D.C.—Dr. Deborah Birx was sworn in today as the new Ambassador at Large and U.S. Global AIDS Coordinator to lead all U.S. Government international HIV/AIDS efforts. Ambassador Birx now oversees implementation of the U.S. President’s Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR), the largest commitment by any nation to combat a single disease in history, as well as all U.S. Government engagement with the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria.

“I am honored and humbled to lead PEPFAR into a brand new chapter to achieve an AIDS-free generation through shared responsibility, accountability, and impact.” said Ambassador Birx.

Ambassador Birx is a renowned medical expert in the field of HIV/AIDS. For over three decades, her career has focused on HIV/AIDS immunology, vaccine research, and global health. Since 2005, she has served as Director of the Division of Global HIV/AIDS at the U.S. Centers for Disease Control and Prevention (CDC) leading PEPFAR implementation.

Prior to the CDC, Ambassador Birx, a proud Army Veteran, having risen to the rank of Colonel in the US Army, served at the Department of Defense as Director of the U.S. Military HIV Research Program at the Walter Reed Army Institute of Research. In that role, she led development of the Thai vaccine trial which became the first clinical HIV/AIDS research study to show the potential that a vaccine could protect against HIV. She also served as an Assistant Chief of the Hospital Immunology Service at Walter Reed Army Medical Center.

PEPFAR now directly supports 6.7 million people globally on life-saving antiretroviral treatment. In Fiscal Year 2013, PEPFAR also supported HIV testing and counseling for more than 57.7 million people, providing a critical entry point to prevention, treatment, and care. Of those receiving PEPFAR-supported HIV testing and counseling, more than 12.8 million were pregnant women. For the 780,000 of these women who tested positive for HIV, PEPFAR provided antiretroviral medications to prevent mother-to-child transmission of the virus. Due to PEPFAR support, 95 percent of these babies were born HIV-free (including 240,000 that would otherwise have been infected).
For more information visit www.PEPFAR.gov


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック