国際エイズ学会(IAS)がインド大統領宛に公開書簡 同性間性交渉を犯罪とする最高裁判断を憂慮

 (解説) インド最高裁は12月11日、同性間の性交渉を違法とする判断を下しました。いきなりそう言われても背景が分かりにくいので、CNNのサイトに掲載された当日のニュースを参考にしてで経緯を紹介しておきましょう。
http://www.cnn.co.jp/world/35041254.html

 インドでは英国植民地時代から残る刑法377条により、同性間の性関係は犯罪と見なされてきましたが、2009年にデリー高裁がこの条項を違憲とする判決を出しています。キリスト教、ヒンズー教、イスラム教の団体がこの判決を不服として上訴し、最高裁により高裁判決が覆されたということです。インド政府は「高裁との意見の相違はないとして、上訴には加わっていなかった」ということなので、行政と司法の間にねじれが起きてしまいました。

 国際エイズ学会(IAS)は今回のインド最高裁の判断に深い憂慮を表明し、プラナブ・ムカルジー大統領宛に公開書簡を提出しています。以下は12月17日付でIAS公式サイトに掲載されたその公開書簡の日本語仮訳です。書簡にはフランソワ・バレ-シヌシ理事長をはじめとする役員の署名が付され、日本からも岩本愛吉理事が署名しています。

    ◇

インド大統領に宛てた国際エイズ学会 (IAS) の公開書簡
 http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/IAS_letter_to_President_of_India.pdf

プラナブ・ムカルジー大統領閣下

 176カ国1万6000人が参加する世界最大のHIV専門家組織、国際エイズ学会 (IAS)の指導者として、この書簡をお送りします。

 インド最高裁が遺憾ながらこのたび、悪名高きインド刑法377条を合憲とし、(合意に基づく同性間の関係を非犯罪化する)2009年デリー高裁の歴史的判決の棄却を決定したことに対し、私たちは深い失望の念を明らかにするものであります。このような逆行した判断は、インドのHIV対策を大きく後退させるものであります。

 この決定はレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー(LGBT)の人々に対する尊厳と人権を侵害し、HIVに対する脆弱性を高めることになります。LGBTの人々を対象にした懲罰的、差別的な法律がこの人たちを社会から追いやり、尊厳や権利を奪い、結果としてHIVの流行の拡大に拍車をかけてしまうということには、反論の余地のない科学的根拠があります。この流行に迅速かつ持続的に対応し、克服していくには、政治的、法的、社会的障壁を取り除く必要があることもまた、科学的な根拠と経験に照らして明らかです。

 インド刑法377条と同性間の性関係の犯罪化が再び有効とされることは、LGBTの人々の日常の生活に大きな影響を与えます。この条項が適用されていない時でも、LGBTの人々は差別や嫌がらせや脅迫やゆすりなどの恐れにさらされています。包括的なHIVの予防とケアと治療へのアクセスを大きく閉ざすもとにもなります。

 成人の合意の上でのプライベートな性行為を犯罪として扱うことは、インド政府が、国連憲章や世界人権宣言、市民の政治的権利に関する国際規約、経済的・社会的・文化的権利に関する国際規約ですべての人に保障された権利を守るという約束を破ることです。さらに377条はインド憲法の第14、15、21条で保障された平等、自由、プライバシー、尊厳、健康への権利にも違反しています。

 私たちはまた、この決定が英連邦コミュニティに及ぼす負の影響も懸念しています。同性愛を犯罪とするイギリス植民地時代のソドミー法は連邦の54カ国中38カ国でいまも残っています。

 30年を超えるHIVの流行の歴史の中で、インドはHIV感染を減らし、HIV陽性者への差別と偏見をなくし、治療とケアのユニバーサルアクセスを実現するために強力なリーダーシップを示してきました。インドはまた、世界のHIV対策における最良の指導者を何人も輩出しています。インドの人たちは、率直さと思いやりと創意工夫で個人と社会の脆弱な部分に対応し、HIV感染の拡大を抑えることに成功してきました。しかし、今回の最高裁の思慮を欠いた決定は、これまでの成果を台無しにする恐れがあります。

 私たちは憲法の守護者である大統領閣下の政府に対し、HIV対策を妨げる差別的法律を改正し、性的指向にかかわりなくインドのすべての人たちの尊厳と人権が守られるための是正措置をとられることを強く求めるものであります。

 敬具






Open Letter from the International AIDS Society (IAS) to the President of India

Honourable President Shri Pranab Mukherjee,

We are writing this letter as the leaders of the International AIDS Society (IAS), the world’s leading independent association of HIV professionals with more than 16,000 members in 176 countries across the world.

We would like to express our deep dismay and disappointment at the Indian Supreme Court's unfortunate move to overturn the historic Delhi High Court decision of 2009 (which had effectively decriminalized consensual same-sex relations), upholding the constitutional validity of the infamous Section 377 of the Indian Penal Code. We believe that this retrograde step is a major setback for India's HIV response.

This decision makes lesbian, gay, bisexual and transgender (LGBT) people even more vulnerable to HIV and to violations of their dignity and human rights. There is irrefutable scientific evidence that punitive and discriminatory laws targeting LGBT people can push them to the margins of society, sacrificing their dignity and rights and that this fuels the HIV epidemic. The scientific evidence and experience also clearly show that by addressing and overcoming political, legal and social barriers to the epidemic, the progress in controlling HIV is swifter and more sustainable.

Reinstating Section 377 of the Indian Penal Code and the criminalization of same sex relationships will impact the day-to-day lives of LGBT people. Even when the provisions are not enforced, LGBT people will be at risk of being subjected to discrimination, harassment, blackmail and extortion. This will also radically reduce their access to comprehensive HIV prevention, care and treatment.

Criminalizing consensual sexual acts between adults in private violates India’s commitment to the United Nations Charter, the Universal Declaration of Human Rights, the International Covenant on Civil and Political Rights and the International Covenant on Economic, Social And Cultural Rights to protect the rights of everyone, everywhere. Furthermore, reinstating Section 377 also violates the right to equality, liberty, privacy, dignity and health, guaranteed by Articles 14, 15, and 21 of the Constitution of India.

In addition to this, we are also concerned about the negative impact this decision will have on the wider Commonwealth community, where vestiges of the same British colonial sodomy law that criminalizes homosexuality persist in 38 of the 54 member countries.

In the 30 year history of the HIV epidemic, India has shown strong leadership to reduce HIV transmission, made fruitful efforts to uproot stigma and discrimination of people living with HIV and has made provisions for universal access to treatment and care to those living with HIV. India has also given the world some of its finest leaders in the field of HIV. It is with frankness, compassion and ingenuity that Indians have dealt with the vulnerabilities of individuals and communities, and hence been successful in stemming the spread of HIV. However, this ill-advised decision by the Supreme Court has the potential to undermine the advances made so far.

As the custodian of the Constitution of the Nation we appeal to your office to guide remedial action in reforming discriminatory laws that continue to undermine the response to HIV, and to guarantee the dignity and human rights of all citizens of India, regardless of their sexual orientation.

Yours sincerely,

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック