ミャンマーの政治指導者アウンサンスーチーさんが世界エイズデー・イベントに参加するためメルボルンへ

(解説) 今年の世界エイズデーには、ミャンマーからアウンサウンスーチーさんがオーストラリアのメルボルンを訪れ、式典で基調講演を行うことになりました。メルボルンは来年7月の第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の開催都市であり、地元のビクトリア州政府によると、これがAIDS2014のメルボルン開催を公式に発表する機会になるということです。そんなのすでに決まっていることだし、組織委員会の公式サイトもできているのに・・・と思わないこともありませんが、まあ、こういうところで節目感を出してアピールしていく広報センスは大切です。許容範囲の公式声明ということでしょう。以下、オーストラリア・ビクトリア州議会議長の公式サイトに掲載されていたプレスレリースの日本語仮訳です。(その意気やよしと思って訳したのですが、内容はたいしたことはありませんでした)。



ミャンマーの政治指導者アウンサンスーチーさんが世界エイズデー・イベントに参加するためメルボルンを訪問
    2013年11月14日
http://www.premier.vic.gov.au/media-centre/media-releases/8426-myanmar-political-leader-aung-san-suu-kyi-to-visit-melbourne-for-world-aids-day-event.html

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の親善大使で、ミャンマーの国民民主連合議長、アウンサウンスーチーさんが12月1日、メルボルンのビクトリア州政庁で行われる世界エイズデー式典で演説を行い、2014年にメルボルンで開かれる第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の開催を発表することになった。

 ノーベル平和賞受賞者であり、自由への闘いの象徴であり、UNAIDSの差別ゼロ目標の擁護者でもあるアウンサウンスーチーさんを世界エイズデーの基調講演者として迎えることについて、ビクトリア州のデビッド・デービス保健相は、HIVとエイズの流行の終結を目指す闘いの進展を示すものであると語った。

 デービス氏はUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長が、アウンサウンスーチーさんとともにメルボルンを訪れることにも歓迎の意を表明した。

 「世界エイズデーの式典は、HIV陽性者を思い、その回復を歓び、熱心にこの流行と闘ってきた沢山の人の功績を振り返る機会をコミュニティに提供することになります」とデービス氏は述べ、さらに次のように語った。

 「この式典は来年7月にメルボルンで開かれる第20回国際エイズ会議(AIDS2014)について公式に開催を発表する機会でもあります」

 「HIVのケア、治療、予防に対する私たちの対応を再確認し、新たに取り組んでいくための大きな機会となります」

 「エイズ2014は、保健分野におけるオーストラリア最大の会議になるでしょう」

 デービス氏によると、ビクトリア州政府は会議開催のために200万ドル以上の支援を行う予定であり、会議には世界200カ国から1万4000人の参加者と2000人以上のジャーナリストが集まる見通しだと語った。

 「国連/UNAIDSの野心的な目標である‘新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロ’を実現するにはなすべきことがたくさんある。今年の世界エイズデーのテーマ‘Getting to Zero’はこのことを改めて思い起こさせるものです」とデービス氏はいう。

 UNAIDSの2012年報告書は、25の低・中所得国で、新規感染率が50%以上減少していることを明らかにしている。

 これらの国の半分以上は、HIVに最も深刻な影響を受けているアフリカの国々である。

デービス氏によると、ビクトリア州のHIV陽性者数は約6000人で、年間で約265人の新規感染者が報告されている。

「HIV感染の完治療法はありません。しかし、抗レトロウイルス薬で効果的に治療を行えば、HIV陽性者は体内のウイルスを抑え、健康で生産的な生活を送ることが可能になります」とデービス氏は述べた。

「HIV陽性者の多くがいま、より健康で長く生き、これまでよりも希望を持って生活できるようになっています」

「しかし、偏見や差別はいまも、効果的な公衆衛生活動を妨げる最も大きな障壁として残っています」

デービス氏によると、世界エイズデーには他に、アレックス・チェルノフ州知事、ジュリー・ビショップ外相、UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長、中国中央テレビのアンカーでUNAIDS親善大使のジェームズ・チャウ氏、ビクトリア・リビングポジティブ陽性者スピーカー事務所のジョン・マナリングさんとディアナ・ブレッグさんらが演説するという。

「また、赤い光による建物のライトアップ、プリンセスブリッジでのアートインスタレーション、連邦広場での若者の発表、エイズで亡くなった人たちへのメモリアルサービス、JOYFMによる24時間放送など、コミュニティベースや市による活動も予定されている」とデービス氏は述べた。

エイズ 2014年はビクトリア州、並びにオーストラリアの研究部門にとっては、協力関係の構築や投資のためのユニークな機会になるであろうとデービス氏は語る。

「オーストラリアおよびビクトリア州の経済は安定しており、長期にわたって革新的な研究を進めていける環境があります」とデービス氏はいう。

メルボルン市のロバート・ドイル市長はビクトリア州政府とメルボルン市は国際エイズ学会、英連邦、コミュニティと協力し、会議を確実に成功させるであろうと述べた。

エイズ2014の共同議長で、HIV完治研究の世界的権威でもあるシャロン・ルイン教授は、世界エイズデーの機会に、HIV対策分野および偏見と差別に対する闘いにおける世界的指導者であるアウンサウンスーチーさんをお招きできることは大きな栄誉ですと語った。

 「HIVで亡くなった人たちを思い出し、いまもHIVの大きな影響を受けている人たちがいることに思い起こさなければなりません」とルイン教授は述べた。

「来年の第20回国際エイズ会議で再びメルボルンに集まりましょう。現在と未来の世代に向けて、HIVの流行が終わる日が一日も早くやってくるようにペースを挙げていく。必ずや会議では、そのための力が鼓舞されることになるでしょう」

ミシェル・シデベ事務局長は、アウンサウンスーチーさんとメルボルンを訪れることは大きな栄誉ですと話す。「HIVにまつわる偏見や差別と闘うことを彼女が世界エイズデーの機会に語ることは、オーストラリアの人々を大いに勇気づけることになります」とシデベ氏は語った。







Myanmar political leader Aung San Suu Kyi to visit Melbourne for World AIDS Day event
     November 2013

UNAIDS Goodwill Ambassador and Chairperson of the National League for Democracy, Aung San Suu Kyi will be the keynote speaker at Victoria’s celebration of World AIDS Day and the launch of the Melbourne 20th International AIDS Conference (AIDS 2014) at Government House, Melbourne, on Sunday 1 December 2013.

Victorian Minister for Health David Davis said that having Aung San Suu Kyi – a Nobel Peace Prize winner, champion of freedom and UNAIDS Global Advocate for Zero Discrimination – as keynote speaker on World AIDS Day would highlight how far we have come in the battle to end HIV and AIDS.

Mr Davis said he was also delighted Michel Sidibe, the Executive Director of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), would be accompanying Aung San Suu Kyi on her visit to Melbourne.

“The World AIDS Day reception provides an opportunity for the community to reflect upon and celebrate the resilience of people living with HIV and the achievements of the many people who have passionately fought this epidemic,” Mr Davis said.

“The event will also officially launch the 20th International AIDS Conference to be held in Melbourne next July (AIDS 2014).

“The conference provides a generational opportunity to refocus and renew our response to HIV treatment, care and prevention.

“AIDS 2014 will represent Australia’s largest ever health conference.”

Mr Davis said the Victorian Coalition Government was pleased to have provided more than $2 million to support the conference which was expected to attract 14,000 participants from 200 countries and over 2,000 journalists.

“This year’s World AIDS Day theme, ‘Getting to Zero’, reminds us there is work to be done to achieve the ambitious United Nations/UNAIDS goals to achieve ‘Zero New HIV Infections, Zero Discrimination and Zero AIDS Related Deaths’,” Mr Davis said.

The 2012 UNAIDS World AIDS Day report showed a greater than 50 per cent reduction in the rate of new HIV infections across 25 low and middle income countries.

More than half of these countries are in Africa, the region most affected by HIV.

Mr Davis said that in Victoria there were about 6,000 people living with HIV, with around 265 new cases identified each year.

“There is no cure for HIV infection, however, effective treatment with antiretroviral drugs can control the virus so that people with HIV can enjoy healthy and productive lives,” Mr Davis said.

“Many people living with HIV are now enjoying better health, living longer and experiencing more hope than they did in the past.

“However stigma and discrimination remain the most significant barriers to effective public health action.”

Mr Davis said other speakers on World AIDS Day included: His Excellency, Alex Chernov Governor of Victoria; Foreign Affairs Minister Julie Bishop; Executive Director of UNAIDS Council Michel Sidibe; Anchor for CCTV (China) and UNAIDS Ambassador James Chau; and John Manwaring and Deanna Blegg from Living Positive Victoria’s Positive Speakers Bureau.

“In addition, community based and city activities will be occurring, including lighting city buildings red, art installation on the Princess Bridge, youth activities in Federation Square, a memorial service for people who have died of AIDS related illness, and a 24-hour JOYFM broadcast around Australia and the world,” Mr Davis said.

Mr Davis said AIDS 2014 provided a unique opportunity to meet with the Australian and Victorian research sector to identify collaborative partnership and investment opportunities.

“Australia and Victoria have stable economies and a long track record in conducting ground breaking and innovative research,” Mr Davis said.

Melbourne Lord Mayor Robert Doyle said the Victorian Coalition Government and the City of Melbourne were working with the International AIDS Society, the Commonwealth, and the community to ensure a successful conference which showcased Melbourne.

Co-chair for AIDS 2014 Professor Sharon Lewin, a world leader in HIV cure research, said it would be a great honour to host a world leader in the HIV response and the fight against stigma and discrimination – Aung San Suu Kyi – for World AIDS Day.

“This is a time for us to remember those who we have lost to HIV and those who continue to be affected by HIV,” Ms Lewin said.

“Next year, we will again gather in Melbourne for the 20th International AIDS Conference, which I hope will inspire current and future generations to step up the pace in all our efforts to one day see the end of HIV.”

Mr Sidibe said he was honoured to be visiting Australia, and Melbourne, with Aung San Suu Kyi. “She will inspire the people of Australia to speak out against HIV stigma and discrimination on World AIDS Day,” Mr Sidibe said.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック