《IAS2013はHIV流行の行方を画期的に変えるだろう》


(解説) アジアでは初開催となる国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2013)の組織委員会からのプレスレリースです。抄録の追加募集が4月3日から5月7日まで行われるので、新進の研究者にどしどし応募してほしいという呼びかけですね。IAS会議は隔年開催の国際エイズ会議の間の年に開かれる、HIV/エイズの医学分野に焦点をあてた会議です。国際エイズ会議は参加者2万人という大会議になっているのに対し、こちらは3000~5000人ぐらいの規模でしょうか。それでも大会議ですね。


クアラルンプールで開かれる第7回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2013)はHIV流行の行方を画期的に変えるだろう
楽観論ではなく、流行は2050年までに管理可能にできるだろう

 【2013年3月22日 クアラルンプール】 第7回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2013)の組織委員会は今週、プログラム委員会をクアラルンプールで開いた。IAS2013は国際エイズ学会(IAS)、マラヤ大学エイズ高等研究所(CERiA)が主催し、マレーシア見本市展示協会(MyCEB)の協力により、6月30日から7月3日までマレーシアのクアラルンプールで開かれる。

 IAS2013は世界の医学研究者、医師、公衆衛生専門家、コミュニティ指導者らが参加するHIV/エイズ分野で世界最大の医学会議であり、最新のHIV関連研究の成果を検証する理想的プラットフォームとなっている。HIV研究の大きな成果が期待される時期に開かれ、米国の「ミシシッピー・ベイビー」やフランスの治療後管理に関するVISCONTIコホート研究など、抗レトロウイルス治療の早期開始による新たな知見が詳細に分析されるであろう。

 アジアでは初のIAS会議であり、ホスト国およびアジア地域のHIVの流行に焦点をあて、マレーシア関係者にはこれまでのマレーシアの対策と今後の展望を議論するかっこうの機会となる。

HIVの発見でノーベル医学生理学賞を受賞した国際エイズ学会(IAS)理事長でIAS2013国際委員長のフランソワズ・バレ-シヌシ教授は、マラヤ大学医学部で今週、「HIVの発見からエイズの終わりまで」と題した講演を行い、最近の医学研究の成果をいかにして実質的なHIV/エイズの終わりに導いていくかについて説明した。「もしも私たちがART治療の100%アクセスを達成し、世界中の母子感染をなくしていけば、現在の予防技術とあわせて、2050年までにHIVの流行をコントロールできるようになることを数学的モデルは示している。しかし、このゴールに到達するまでには、ファーストライン(最初の組み合わせ)のART薬を世界中で購入可能となるような適切なかたちで提供することなど、克服しなければならない数多くの試練が立ちはだかっている」とバレ-シヌシ教授は語った。「しかし、IAS2013ではさらに新たな成果が発表されることを期待している。とりわけ、若い医学者が会議登録を行い、追加募集の抄録を提出してこの会議に参加することを奨励したい」

IAS2013の抄録追加募集は4月3日から5月7日まで。追加募集抄録の採用プロセスは極めて厳しく、画期的な研究成果の発表につながることも多い。過去のIAS会議の主な発表抄録に関する情報はこちらから。

 「最近の科学的なブレークスルーは新たな勢いを生みだし、明るい展望を取り戻すものだ。私たちはまだ、治療のユニバーサルアクセスや深刻な影響を受けている人たちに対するスティグマなど多くの困難を克服していかなければならないが、IAS2013が流行の拡大を抑え、HIVに感染した人々に治療とケアが行き届くようにするための重要なステップになることを私は確信している。また、マレーシアで会議が開かれることが、マレーシアおよびアジア地域におけるHIV関連の研究を促進する役割を果たすことを期待している」とIAS2013の地元組織委員長でCERiAのアディーバ・カマラルザマン教授は語った。

 IAS2013のプログラムは5月にオンライン www.ias2013.org で公表される。 



The 7th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2013) in Kuala Lumpur will mark another milestone in the course of the HIV epidemic – against a backdrop of renewed optimism that the epidemic could be controlled by 2050

Friday, 22 March 2013 (Kuala Lumpur, Malaysia) – Organizers of the 7th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2013) met this week in Kuala Lumpur to consolidate the conference programme. IAS 2013, held from 30 June to 3 July 2013 in Kuala Lumpur, Malaysia, is organized by the International AIDS Society (IAS), in partnership with the Centre of Excellence for Research in AIDS (CERiA), University of Malaya, and with support from MyCEB, the Malaysia Convention and Exhibition Bureau.

IAS 2013, the world’s largest open scientific conference on HIV/AIDS, will attract leading scientists, clinicians, public health experts and community leaders from all over the world, and represents an ideal platform for the examination of the latest developments in HIV-related research. IAS 2013 will take place at an exciting time for HIV science, and recent new findings on very early anti-retroviral treatment including the ‘Mississippi baby’ in the US and and the VISCONTI cohort of adult post-treatment controllers in France will be closely analysed.

For the first time, the IAS Conference will be hosted in Asia, and will have a focus on the HIV epidemic in the host country and in the Asian region providing Malaysian stakeholders the opportunity to discuss progress made to date and challenges specific to Malaysia itself.

Professor Françoise Barré-Sinoussi, International Chair of IAS 2013, IAS President and Nobel Laureate for her discovery of the HIV virus, during her lecture entitled “From the discovery of HIV to the end of AIDS” given at the Faculty of Medicine of University of Malaya this week, explained how recent scientific advances may eventually lead to the end of HIV/AIDS. “The mathematical models indicate that if we achieve 100% access to ART treatment and the elimination of mother to child transmission worldwide, together with ongoing prevention techniques, we could control the HIV epidemic by 2050. However many challenges stand between us and this goal which we need to overcome, including the adequate supply of affordable first line ART drugs worldwide”, said Professor Barré-Sinoussi. “However I look forward to hearing the new science presented at IAS 2013 and I especially encourage young scientists to take part in this event by registering and submitting late breakers abstracts”.

IAS 2013 Late Breaker Submissions open on 3rd April and will close on 7th May. The process for the selection of late breaker abstracts is extremely rigorous and often leads to the announcement of ground-breaking science at the conference. More information about key abstracts presented at previous IAS conferences is available here.

“Recent scientific breakthroughs have led to renewed momentum and resurging optimism. We still have to overcome many obstacles, including universal access to treatment and stigma towards key affected populations, however I am confident that IAS 2013 will represent an important step in our collective work to curb the HIV epidemic and to treat and care HIV-infected people. I also hope that having the conference in Malaysia will act as a catalyst in encouraging and promoting HIV related research in Malaysia and the region”, said Professor Adeeba Kamarulzaman of CERiA and IAS 2013 Local Co-Chair.

The full IAS 2013 Programme will be available online at www.ias2013.org in May.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック