第56回国連麻薬委員会の決議に関する声明(IAS)


 (解説) 2015年までに注射薬物使用者のHIV新規感染を50%減らすというHIV/エイズに関する2011年政治宣言の目標の達成に向けて第56回国連麻薬委員会が3月14日、決議E/CN.7/2013/L.4/Rev.1を採択しました。国際エイズ学会(IAS)が早速、専門家による顧問委員会の共同委員長名で、決議の採択を歓迎し、HIV/エイズ対策の観点から国際的な薬物政策をさらに見直していくことを求める声明を発表しました。その日本語仮訳です。


声明 2013.3.20
 http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/CND_March2013.pdf

第56回国連麻薬委員会は2013年3月14日、決議E/CN.7/2013/L.4/Rev.1を採択した。その中で委員会は、HIV/エイズに関する2011年政治宣言の目標、とりわけ2015年までに注射薬物使用者のHIV感染を50%減らすという目標達成のための努力強化を掲げている。

 2013年3月14日木曜、第56回国連麻薬委員会はHIVと注射薬物使用に関する極めて重要な決議を採択した。決議の狙いは注射薬物使用者の間でのHIV感染を2015年までに50%減らすための努力を強化することだ。

 私たちは、麻薬委員会が初めてHIVやウイルス性肝炎と薬物使用との関連を明確に認めたこの新たな決議を歓迎する。さらに決議は国連薬物犯罪事務所(UNODC)と加盟国に対し、世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)の技術ガイドラインと目標をきちんと実行するよう奨励している。

今回の決議の注目すべき点は女性の薬物使用者、とりわけ女性の注射薬物使用者の具体的なニーズと状況を認識していることだ。彼女たちは男性の薬物使用者と比べてもHIVサービスを利用できない状態に置かれている。

 決議はUNODCと加盟国、影響を受けている集団、市民社会グループ、UNAIDS、WHOに対し、薬物使用者、とりわけ注射薬物使用者が偏見や差別を受けず、ジェンダーの平等も保証されるかたちで、適切なアクセスを確保できるようにするため、協力して取り組むことを求めている。

 成果はあがってきているとはいえ、なすべきことはまだまだ多い。国連の経済社会理事会と総会が決議を支持し、採択することが大切だ。また、実行するだけの資金を確保するとともに、注射薬物使用者の人権がきちんと守れるようにしなければならない。UNODCの言葉の調子が変わってきたことは心強いが、薬物依存を抱える人たちの人権に関する国際麻薬統制委員会の認識には、さらに大きな改善の余地があるということは認めなければならない。

 クリス・ベイヤー、ミシェル・カザツキン
  国際エイズ学会(IAS)影響を受けている集団に関する顧問委員会共同委員長


Statement

On Resolution E/CN.7/2013/L.4/Rev.1 of the Commission on Narcotic Drugs 56th Session passed on March 14, 2013: Intensifying the efforts to achieve the targets of the 2011 Political Declaration on HIV/AIDS among people who use drugs, in particular the target to reduce HIV transmission among people who inject drugs by 50 per cent by 2015

On Thursday, March 14, 2013, the 56th Session of the Commission on Narcotic Drugs passed a very important resolution on HIV and injecting Drug use. The aim of the resolution is to intensify efforts to reduce HIV transmission among people who inject drugs by 50 per cent by 2015.

We welcome this new resolution, in which for the first time, the Commission on Narcotic Drugs has made the clear connection between HIV, Viral Hepatitis and drug use. Furthermore the resolution specifically encourages UNODC and member states to implement the WHO and UNAIDS technical guidelines and targets.

A notable feature of the current resolution is the recognition given to the specific needs and circumstances of women who use drugs, in particular women who inject drugs, who are even less likely to access HIV services than their male counterparts.

The resolution urges the UNODC, member states, affected populations, civil society groups, UNAIDS and WHO to work in partnership to ensure adequate access for people who use drugs, in particular people who inject drugs, without stigma and discrimination while ensuring gender equality.

While major steps have been taken, a great deal remains to be done. It is critical that the resolution be supported and passed through the UN´s Department of Economic and Social Affairs (ECOSOC) and the UN General Assembly, and that it be funded and implemented, while fully protecting the human rights of people who inject drugs. While we are encouraged by the change in the tone of the UNODC language it must be acknowledged that there still remains much need for improvement in the International Narcotics Control Board´s attention to the human rights of all those affected by substance use.

Chris Beyrer and Michel Kazatchkine,
Co-Chairs, International AIDS Society (IAS) Advisory Group on Key Affected Populations

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック