《世界基金には、いまこそ日本が必要です》 マーク・ダイブル世界基金事務局長

(解説) 3月10日から3日間、日本を訪れる世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)のマーク・ダイブル事務局長が3月8日、世界基金の公式サイトで「The Global Fund Needs Japan Now More Than Ever」というメッセージを発信しました。その日本語仮訳です。過去10年間の日本の大きな貢献に感謝するとともに、その成果を今後に生かし、国際保健の大きな課題を解決するためにも、いまこそ継続した支援をお願いしたい、一緒にやっていきましょうという内容です。
 (注:世界基金支援日本委員会による日本語仮訳が同委員会のブログにアップしています。こちらの方がより正確に原文を伝えていると思われますので、合わせてご覧ください)
 http://www.jcie.or.jp/fgfj/06/2013/20130308.html


   ◇


世界基金には、いまこそ日本が必要です
       マーク・ダイブル
         (HATプロジェクト日本語仮訳)

 日本の人々は、世界中の恵まれない人々への支援を一貫して続けてきました。

 その意思は確固としたものです。2012年にはHIVとエイズ、結核、マラリアとの闘いのために、これまでで最高額の資金貢献を世界基金に行っています。

 2000年のG8諸国首脳会議(九州沖縄サミット)で、日本が感染症対策に地球規模で資金を調達する仕組みの必要性を呼びかけたことが、世界基金のルーツとなっています。

 日本の約束に私は大変、勇気づけられています。経済危機にもかかわらず、困っている人を助けるためのプログラムに支援を続けている方がたくさんいます。

 その約束には大切な人間の特質が示されています: 私たちは余っているから提供するのではなく、自分が持っているものを共有することが大切だと思い、そのことによって多くの人の生活を改善し、私たち自身の人生も豊かにすることができるからこそ提供するのです。

 日本は世界基金の最大の支援国のひとつです。日本が世界基金を支援し続けてくれた過去10年間に、私たちは多くの成果を達成しています。世界でHIV治療を受けている800万人のうち420万人には、世界基金が支援するプログラムによって治療が提供されています。妊娠中の170万人の女性にも、HIVの母子感染を防ぐ治療を提供しています。

 たとえばタンザニアでは、2015 年までに妊娠中の女性の96%がHIVの検査とカウンセリングを受け、赤ちゃんへのHIV感染を防ぐため34万6000人のHIV陽性の妊婦に治療を受けられるようにすることを目指しています。

 国際協力機構(JICA)は、とりわけアフリカにおける技術支援の提供とプログラム実施の能力強化に関し、世界基金の非常に貴重なパートナーとなっています。

 世界中のパートナーと協力した国際保健構想の具体化を通し、世界は着実に変わってきました。エイズ関連の死亡は、2001年当時の年間210万人が、2011年には170万人に減少しています。2001年と2011年のHIVの年間新規感染者数を比べると、70万人以上少なくなっています。

 様々な方法で、私たちはこれらの疾患との闘いで大きな成果を上げています。10年前には考えられなかった偉業です。

 私たちはエイズ、結核、マラリアの流行を制御するという歴史的な機会を得ようとしています。この目標に向かって日本の人々が果たしてきた役割には大変、感謝しています。

 この仕事を完成させるためには、これまでやってきたことを継続し、同時に細心の注意を払いつつ、この間に得られた数多くの教訓を生かしていく必要があります。

 これらの病気の流行がほしいままに広がるのを回避し、私たちが始めた仕事を完成させるには、ここで集中力を切らさないようにしなければなりません。私たちがこうした努力に対する投資をやめてしまえば、過去10年に得られた成果も失ってしまうことになるでしょう。いまやめることはできないのです。

 私たちがこれらの病気を制御できるようになるには、まだ多くの資金が必要です。これらの病気に打ち勝つためには、もうひと押し、ふた押し、大きな力が必要です。この使命を果たすために、日本が支援を続けられることを私たちは確信しています。




The Global Fund Needs Japan Now More Than Ever, by Mark Dybul

The people of Japan have consistently been there for disadvantaged people in other parts of the world.

The resolve of the Japanese people to help the rest of the world is unequivocal. The contribution Japan made in 2012 was the highest annual amount that the country had made in 10 years of remarkable support to the fight against HIV and AIDS, tuberculosis and malaria through the Global Fund.

The Global Fund traces its roots to Japan, where a summit of G8 nations meeting in Okinawa in 2000 called for the creation of such a global financing organization.

Japan’s commitment is a great encouragement to me. Despite a worsening economic crisis, many people continue to support programs that can help those in greatest need.

The commitment highlighted a fundamental human trait: that we give, not because we have excess, but because we recognize that by sharing what we have, we can transform the lives of many even as we enrich ours with the fulfillment that comes with giving.

Japan has been one of the greatest supporters for the Global Fund. In the ten years that Japan has supported the Global Fund, we have achieved a great deal. Global Fund-supported programs currently provide AIDS treatment for 4.2 million people, out of a total of 8 million people that are receiving treatment worldwide. These programs have also provided treatment to 1.7 million pregnant women to prevent the transmission of HIV to their unborn children.

Tanzania, for example, is working to reach 96% of pregnant women with HIV testing and counseling, and to provide treatment to over 346,000 HIV positive pregnant women to prevent HIV transmission to their babies by 2015.

The Japan International Cooperation Agency has been an invaluable partner to the Global Fund, providing technical assistance and strengthening capacities of program implementers, especially in Africa.

Through our efforts and the work of our partners across the globe, global health initiatives are steadily transforming the world. AIDS-related deaths have decreased worldwide from 2.1 million per year in 2001 to 1.7 million in 2011. There were more than 700,000 fewer new HIV infections globally in 2011 than in 2001.

In many ways, we have turned the corner in the fight against these diseases. This is a feat that was inconceivable just ten years ago.

We have a historic opportunity to get HIV, tuberculosis and malaria under control. We are immensely grateful to the Japanese people for the role they have played towards this end.

To finish the job, we need to keep doing what we have been doing while meticulously integrating the many lessons we have picked along the way.

To complete the work we started, to avoid losing ground to these diseases, we have to remain focused. If we do not continue investing in these endeavors, we may lose the gains we have made in the last ten years. We cannot stop now.

We still need a good deal of resources to control the maladies. We need a Big Push to defeat these diseases. We are confident that Japan will continue to offer us the support we need to complete the mission.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック