国際エイズ学会(IAS)25周年プレスレリース


 (解説) 国際エイズ学会(IAS)は1988年に国際エイズ会議を開催するための団体として出発しました。スウェーデンのストックホルムで第4回国際エイズ会議が開かれた年ですから、会議の方が先行していて、学会は後からできたわけですね。1980年代初頭に謎の病気が出現し、エイズという感染症があれよあれよという間にパンデミック(世界的大流行)レベルに拡大していく。当時の混乱ぶりがこうしたところからもうかがえます。逆にそのような混乱があったからこそ、その混乱にどうすれば対応できるのかを様々な分野の人たちが懸命になって模索していった。目の前にある現実に捨て身でぶつかっていった。その苦闘の足跡こそが、困難であり、輝かしくもある世界のエイズ対策の軌跡だったということもできます。IASが今年25周年を迎え、プレスレリースを発表しました。その日本語仮訳です。


 25年にわたる関与 国際エイズ学会(IAS)25周年
http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/Media_Release_IAS_25th_Anniversary_Jan2013.pdf

【2013年1月25日 スイス・ジュネーブ】国際エイズ学会(IAS)は今年、HIV分野において世界の主導的な独立専門家機関として発足25周年を迎えている。会員は196カ国約1万6000人に達し、IASはHIVの流行に対する世界規模の対策の形成に貢献してきたし、今後も貢献し続けるであろう。

 スウェーデンのストックホルムで1988年に第4回国際エイズ会議が開かれたのにあわせ、会議開催のための機関として設立。IASはそこから急速に活動を拡大し、科学研究者を含め、HIVの流行と闘う人たちすべての大きな拠点となった。IASの仕事は組織としての学会の仕事と国際エイズ会議開催とに大きく分けられる。政策への提言や会員へのサービス、科学的研究の促進などにその中で取り組んでいる。

  「会員は年々、増加しています。IASは会員サービスを充実させるともに、科学研究機関やコミュニティで活動する組織、産業界、国際機関との協力関係を強めています」とIASのベルトランド・オードワン事務局長は語る。「私たちはHIV陽性者(PLHIV)やエイズの流行に重大な影響を受けている人たちの権利、エビデンスに基づく政策と科学戦略を擁護してきました。このアドボカシーの活動、および広い範囲の専門家が集まる多様性の力により、IASは国際エイズコミュニティを先導する役割を担ってきました」

 2001年にブエノスアイレスで第1回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議を開催したのをはじめ、同じ年には産業界と研究者、政策担当者らに呼びかけ途上国における研究のためのIAS・産業界連絡会議(IAS-ILF)創設し、2004年にはHIV研究の成果を広く知らせるJIAS(国際エイズ学会誌)を創刊するなど、IASの歴史にはいくつもの節目があった。

 1988年以来、IASは国際的な科学とコミュニティと指導者とが結集するユニークな場としての国際エイズ会議の管理者となっている。

 直近では、米国で22年ぶりの開催となった第19回国際エイズ会議(AIDS2012)が開かれている。この会議はIASおよびそのパートナーにとって、HIV陽性者に対する渡航規制撤廃を求めてきた活動の大きな成果でもあった。HIV関連の渡航規制撤廃を求める活動は、IASの人権擁護活動の一環である。IASの現在の優先課題としてはこの他、エイズの流行に大きな影響を受けている人々、社会・政治分野の研究、予防としての治療(T as P)、各国のエイズ対策の効果と効率(E二乗)、HIVキュア(完治)がある。

 AIDS2012において、IASはパートナー機関との協力のもとで、最も期待できる完治療法探求戦略に対する資金と戦略的投資を最大化させ、国際的な研究協力体制の確立と現行の国際的協力の枠組みの維持、強化をはかることを目的とした世界的な科学戦略である「HIVキュアに向けて」を発進させている。

  IASはさらに表彰や賞金、特別研究員、研究助成などにより、研究の促進をはかっていく。2012年には、小児科学HIV教育・研究協力計画(CIPHER)を創設した。ViiVヘルスケア、英国小児科学革新的シード基金が資金を提供する2年間の計画で、小児科分野の研究促進と協力強化への投資を行う方針である。

 「この25年間、IASは数多くの成果をあげてきました。しかし、エイズの流行を終結に導くにはまだ大きな壁が立ちはだかっています」とIASのフランソワーズ・バレ-シヌシ理事長はいう。「ここ数年、科学は今後の流行を拡大から縮小へと反転させる可能性のある新たな手段を提供してきました。ただし、30年を経てもなお、多くの人が予防や治療へのアクセスを得られずにいます。あまりにも多くの政府が、科学的なエビデンスではなく、逆にHIV陽性者や最も大きく影響を受けやすいコミュニティへの偏見と差別を助長するかたちのイデオロギーに基づいて政策を決定しています。私たちの役割は、会員の活動や他機関との協力、会議の開催を通じて、科学研究への支援を続け、エイズの流行に最も影響を受けている人たちを擁護することです」

 IASは常に関心を持つ人々をつなぐ新たな方法を模索している。IASニューズレターやウエブサイト、その他の出版物に加え、最近はソーシャルメディアの活用に力を入れている。25周年を記念してスペシャルエディションのロゴを採用し、今年1年使用することにしている。また、マレーシアのクアラルンプールで6月30日から7月3日まで第7回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2013)が開かれるのにあわせ、国際公式レセプションを開催する予定である。



Twenty-five years of commitment –
The International AIDS Society (IAS) celebrates its 25th Anniversary

 25 January 2013 - Geneva, Switzerland - The International AIDS Society (IAS) celebrates twenty-five years of commitment this year as the world’s leading independent association of HIV professionals. With some 16,000 members from 196 countries, the IAS has contributed to shaping the global response to the HIV epidemic and will continue to do so in the upcoming years.

The organization was founded in 1988 in conjunction with the IV International AIDS Conference in Stockholm, Sweden, to be the agency responsible for the planning of the conferences. From this initial role the IAS rapidly expanded its activities and has become a strong focal point for all those engaged in the fight against HIV including the scientific community. The work of the IAS is equally divided between the organization of the IAS and International AIDS Conferences, policy and advocacy initiatives, services for its members and promotion of scientific research.

“Over the years our membership has grown steadily, we have increased our services and strengthened our partnerships with scientific and community-based organizations, industry, and international institutions,” said Bertrand Audoin, Executive Director of the IAS. “We advocate for the rights of people living with HIV (PLHIV) and key affected populations and for evidence-based policies and scientific strategies. Thanks to this advocacy work and to the diversity, expertise and dynamism of its membership and leadership, the IAS has proven in many ways to play a leadership role in the international AIDS community.”

The history of the IAS is marked by a number of milestones, from the first IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment in 2001 in Buenos Aires, to the creation in the same year of the IAS-Industry Liaison Forum (IAS-ILF), a unique forum convening industry, investigators and policy planners engaged with research in the developing world, and the launch in 2004 of the JIAS, the Journal of the International AIDS Society, an important tool to disseminate essential HIV research.

Since 1988, the IAS is the custodian of the International AIDS Conference, a unique forum for the interaction of science, community and leadership.

More recently, the return of the XIX International AIDS Conference (AIDS 2012) in the USA after 22 years of absence represented a huge success for the IAS and partners after years of strenuous advocacy to end the country’s entry restrictions on people living with HIV. Advocacy to end HIV-related travel restrictions is part of more general IAS work on human rights. Other current policy priority areas of the IAS are Key Affected Populations, Social and Political Research, Treatment as Prevention (TasP), Effectiveness and Efficiency (E²) in national AIDS Programmes and HIV Cure.

At AIDS 2012 the IAS launched, in collaboration with partners, the "Towards an HIV Cure" Global Scientific Strategy with the aim to contribute both to maximizing resources and strategic investment in the most promising strategies in search of a cure, and to the establishment of an international research alliance and/or expansion and global collaboration of existing consortia.

The IAS further promotes scientific research with research prizes, awards, fellowships and grants. In 2012 the IAS launched Collaborative Initiative for Paediatric HIV Education and Research (CIPHER), a two year initiative funded by the ViiV Healthcare UK Paediatric Innovation Seed Fund and aimed at investing and promoting priority paediatric research and strengthening paediatric cohort collaboration.

“In these 25 years the IAS has accomplished many successes, but there still remain huge barriers to ending the epidemic,” said Françoise Barré-Sinoussi, President of the IAS. “In recent times science has delivered new tools that have the potential to dramatically reverse the course of the epidemic, yet three decades on too many people still do not have access to prevention and treatment. Too many government policies continue to be based on ideology rather than scientific evidences which in turn drive the stigma and discrimination of PLHIV and those most vulnerable communities. Our role is to continue support the science and to advocate for those most affected by the epidemic through our members, our partnerships and our conferences.”

The IAS is constantly investigating new ways to connect with its audience. In addition to the IAS Newsletter, the website and other core publications, the organization is currently expanding its presence in social media. To celebrate the 25th anniversary, the IAS is adopting a special edition of its logo which will be used throughout the year and a formal reception will be held Kuala Lumpur, Malaysia, in conjunction with the 7th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2013), 30 June – 3 July 2013.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック