「力を合わせて流れを変えよう」エイズ流行の終結に向けたワシントンDC宣言 日本語仮訳

 (解説) 第19回国際エイズ会議で採択が予定されているワシントンDC宣言の日本語仮訳です。当プロジェクトが独自に翻訳したものなので、あくまで英文の参考としてご活用ください。宣言への署名を呼びかけるプレスレリースの日本語仮訳も当ブログに掲載しましたので、あわせてご覧ください。



ワシントンDC宣言
力をあわせて流れを変えよう
エイズの流行の終結に向けた宣言
http://www.2endaids.org/read.html

 私たちはいま、エイズ流行の歴史における特別な時期に立ち会っています

 30年におよぶ粘り強いコミュニティの活動や研究、サービスの提供により、世界はいま、数年前には考えることもできなかったシナリオを得つつあります。エイズの流行の終わりの始まりが、生きているうちに現実のものになるかもしれないのです。失ったものは、はかりしれません。成果も非常に大きなものです。そしていま、新たな医科学研究の成果と社会、政治、人権尊重などの努力によって、すでに効果が明らかな戦略のパッケージを十分な規模で実施することができれば、エイズの流行の流れを変えることは可能であると言えるところまできています。

宣言に署名を


 私たちはいまもなお、完治療法とワクチンの開発を必要としています。しかし、いま新規感染を劇的に抑え、何千万人ものHIV陽性者の健康を改善していくには、資金を拡大し、一層の努力を傾けて持てる手段を活用していかなければなりません。何百万人もの生命が救われることになるでしょう。

 HIV/エイズの流行の流れを変えるには、政府、保健システム、学術および非政府組織のあらゆるレベルで連携のとれたリーダーシップが必要です。エイズの流行に影響を受けた全ての人の人権と尊厳を尊重し、まもれるような複合的なアプローチをとらなければなりません。エイズ流行の終わりの始まりという目標は野心的なものですが、達成は可能です。それはもう、私たち次第なのです。


 力をあわせて流れを変えるには、以下のことが必要です。


1 的を絞った新たな投資の拡大。いま、ただちに戦略的な投資拡大を行えば、生命を救い、感染を防ぎ、世界的な流行の負担を減らしていくことができます。世界各国政府を含め、国際的、国内的な資金提供者が約束を果たし、積極的に資金拠出を行うことが求められています。

2 最も大きなリスクにさらされ、最もサービスを必要とする人たちの人権を尊重しつつ、エビデンスに基づくHIV予防、治療、ケアを確保する。そうした人たちには、男性と性行為をする男性、トランスジェンダー、薬物使用者、立場の弱い女性、若者、HIV陽性の妊婦、セックスワーカー、そしてエイズの流行に影響を受けている他のすべての層が含まれます。目標を達成するには、どんな人も排除すべきではありません。

3 HIV陽性者、およびHIV感染のリスクにさらされている人たちへの偏見、差別、法的制裁、人権侵害をなくす。偏見と差別は、対策を妨げ、必要不可欠なサービスの提供すらできなくしてしまいます。

4 HIV検査、カウンセリング、予防、ケア、支援のサービスをはっきりと目に見えるように増やし、利用できるようにする。すべての人は自分のHIV感染の有無を知り、必要な治療、ケア、支援を受ける権利があります。

5 すべてのHIV陽性の妊婦、育児中の母親に治療を提供し、母子感染をなくす。女性が健康に生活していくことを助け、子供のHIV感染をなくすことは可能です。

6 抗レトロウイルス治療が必要な人への治療アクセスの拡大。ユニバーサルアクセスの約束が実現しない限り、エイズの流行を終わらせることはできません。

7 結核を確定、診断、治療する。HIVと結核の統合サービスを通じ、結核予防プログラムを実施します。これ以上、HIV陽性者が結核で死亡することがないようにしなければなりません。

8 曝露前感染予防(PrEP)やマイクロビサイドなどを含む新たなHIV予防、治療手段の研究を促進する。また、コンドーム使用から予防としての治療まで、有効だと分っているものは提供に最大限、力を尽くす。ワクチン、完治療法の研究の拡大強化は流行を脱するうえで不可欠である。

9 影響を受けているコミュニティが関心を高め、意味のあるかたちで関与することが、力を合わせてエイズの流行に対応する動きの中核でなければならない。直接の影響を受けている人たちのリーダーシップは効果的にHIV/エイズの流行に対応するうえで最高の力となります。

行く手に待ち受けている課題は大きいものの、失敗すればコストはもっと大きくなるでしょう。世界のすべての関係者に対し、連帯と共同行動、そしてHIV陽性者コミュニティの全面的な関与のもとで、地球規模のエイズとの闘いをいま拡大させる必要があるという緊急事態認識を新たにすることを呼びかけます。我々は、いま分っていることに基づいて行動しなければなりません。力をあわせて、エイズの流行を終わらせるための行動を開始する必要があります。





The Washington D.C Declaration
TURNING THE TIDE TOGETHER:
A DECLARATION TO END THE AIDS EPIDEMIC

We stand at a unique time in the history of the AIDS epidemic.

Three decades of tenacious community advocacy, research, and service provision have brought the world to the brink of a scenario unthinkable a few short years ago: the possibility of beginning to end the AIDS epidemic in our lifetimes. The losses have been incalculable; the gains extraordinary. But now, through new scientific advances, and societal, political and human rights gains, we have discovered that it is possible to assemble and deliver a package of proven strategies, which, if taken to scale, can turn the tide on AIDS.

SIGN THE DECLARATION

We still need a cure and a vaccine. But we must scale up our resources and efforts using the tools we have today to dramatically curb new infections and improve the health of tens of millions of people with HIV/AIDS. Millions of lives will be saved.

Turning the tide against the HIV/AIDS epidemic will take concerted leadership at all levels of government, health systems, academic and non-governmental organizations. We must strive for multi-disciplinary approaches that respect and uphold the human rights and dignity of all people affected by the epidemic. The goal of beginning to end the AIDS epidemic is ambitious, but achievable. It is within our grasp.

To turn this tide together we must:

1. Increase targeted new investments. We can save lives, avert infections and reduce the global price-tag of the epidemic with an immediate, strategic increase in investments now. Greater progress will require commensurate funding commitments from global and local donors, including from national governments worldwide.

2. Ensure evidence-based HIV prevention, treatment and care in accord with the human rights of those at greatest risk and in greatest need. This includes men who have sex with men, transgender individuals, people who use drugs, vulnerable women, young people, pregnant women living with HIV, and sex workers, as well as other affected populations. No one can be excluded if we are to reach our goal.

3. End stigma, discrimination, legal sanctions and human rights abuses against people living with HIV and those at risk. Stigma and discrimination hamper all our efforts and prevent delivery of essential services.

4. Markedly increase HIV testing, counseling and linkages to prevention, care and support services. Every person has a right to know her/his HIV status and get the treatment, care and support they need.

5. Provide treatment for all pregnant and nursing women living with HIV and end peri-natal transmission: We can support women to stay alive and healthy and to end pediatric HIV infections

6. Expand access to antiretroviral treatment to all in need. We cannot end AIDS until the promise of universal access is realized.

7. Identify, diagnose and treat TB. Implement TB prevention programmes through integrated HIV and TB services. No more living with HIV but dying of TB.

8. Accelerate research on new HIV prevention and treatment tools, including novel approaches such as pre-exposure prophylaxis (PrEP) and microbicides, and on optimal delivery of what we know works, from condoms to treatment as prevention. Expand research for a vaccine and a cure. Research is essential to leading us out of the epidemic.

9. Mobilization and meaningful involvement of affected communities must be at the core of collective responses. The leadership of those directly affected is paramount to an effective HIV/AIDS response.

The challenges ahead are great, but the costs of failure will be greater. We call upon all concerned citizens of the global community, in the spirit of solidarity and joint action, and with the fullest engagement of the community of persons living with HIV, to seek renewed urgency to expand the global AIDS fight. We must act on what we know. We must start the end of AIDS—Together.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック