ワシントンDC宣言に署名を呼びかけ


 (解説) 米国の首都ワシントンDCで7月22日(日本時間23日)に開幕する第19回国際エイズ会議に向けて、国際エイズ学会(IAS)と米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)が「エイズの流行の終わりの始まり」を目指すワシントンDC宣言を発表し、広く賛同署名を呼びかけています。そのプレスレリースの日本語仮訳です。この宣言は第19回国際エイズ会議の公式宣言とする予定だそうで、閉会式あたりでこれだけ署名が集まりましたと発表し、採択というかたちをとるのでしょうね。宣言のサイトには日本語訳もあると書いてあったので、探してみましたが、あまりといえば、あまりの翻訳でした。とてもお勧めできません。後ほど、当プロジェクトでも独自に訳した仮訳を掲載します。まあ、こちらもかなりおぼつかない訳かもしれませんが、宣言サイトの惨憺たる翻訳よりは少しはましなのではないかと思います。署名するかどうかは、宣言の中身をよく読んでから判断してください。


HIV感染拡大の流れを変え、エイズの流行を終結させることは世界の緊急課題であることをワシントンDC宣言で改めて強調
http://www.aids2012.org/WebContent/File/AIDS%202012_Press_Release_DC_Declaration_10_july_2'012_EN.pdf

 著名な研究者、医師、コミュニティ支援者、HIV陽性者らが世界の人々にエイズの流行を終結させるための努力を開始するよう要請

【2012年7月10日 ワシントンDC】エイズの流行を終結させるために世界の支援を呼びかける宣言が本日、国際エイズ学会(IAS)とカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)から発表された。9項目の行動計画を通してエイズの流行の終わりの始まりへの広範な支援を求める「ワシントンDC宣言」は、第19回国際エイズ会議(AIDS2012)の公式宣言になるであろう。この会議には7月22日~27日にワシントンDCで開催され、HIV研究の専門家、アクティビスト、世界並びに各地の指導者、HIV陽性者ら約2万5000人が参加すると見通しだ。 ( http://www.aids2012.org/ )

 
 国際エイズ学会のエリ・カタビラ理事長とサンフランシスコ総合病院にあるUCSFのHIV/エイズ部門長兼トラウマセンターのダイアン・ハブリア博士の二人が会議の共同議長となる。

 科学研究者、政治家、著名人、そして世界中のすべての関係者は、www.dcdeclaration.org または www.2endaids.org で宣言への署名を求められている。この2つのサイトには、英語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、ドイツ語、ロシア語、中国語、アラビア語、スワヒリ語、日本語、ヒンズー語、タイ語の各国語版の宣言テキストが掲載されている。

 ワシントンDC宣言は以下のことを呼びかけている。

・対象を絞った新たな投資の増大
・最も大きなリスクにさらされ、最もサービスを必要とする人たちの人権を尊重し、エビデンスに基づいたHIV予防、治療、ケア
・HIV陽性者およびHIV感染のリスクにさらされている人たちへの偏見、差別、法的制裁、人権侵害をなくす
・HIV検査、カウンセリング、サービスへの連携の顕著な増大
・すべてのHIV陽性の妊婦、乳児の母親への治療を提供し、母子感染をなくす
・抗レトロウイルス治療が必要な人への治療アクセスの拡大
・結核の確定、診断、治療
・HIV予防、治療、ワクチン、完治療法の新技術研究の促進
・影響を受けているコミュニティの動員と実体の伴った関与

 「ほんの数年前には考えられなかったシナリオですが、我々はいま、生きているうちにエイズの流行の終わりの始まりを実現しうるだけの知識を得ています」とAIDS2012の国際議長である国際エイズ学会(IAS)のエリ・カタビラ理事長はいう。「ただし、医学研究の大きな成果があり、さらに潜在的な成果も期待できるというのに、世界のエイズ対策は財政面で、過去の成果も今後の期待も脅威にさらされるような苦境に追い込まれているのが現状です。この宣言を通し我々は、世界中のすべての分野の指導者に対し、資金提供を増やし、目に見えるかたちで指導力を発揮し、いま目の前にあるこの機会をつかむための全面的な関与を果たすよう結束して呼びかけるのです」

 UCSFのハブリア博士も同意する。

 「完治療法やワクチンはいまもなお疑いもなく必要ですが、一方でHIV陽性者の治療と新規感染の予防のために有効なことが明らかになった戦略を完全に実行することができれば、いま得ている知識を使うだけでも何百万人もの命を救うことができます」とサンフランシスコ総合病院にあるUCSFのHIV/エイズ部長兼トラウマセンター長で、AIDS2012の米国側共同議長であるダイアン・ハブリア教授は語る。

 「我々の究極の成功はしかし、資金が適切かどうかだけでなく、HIVの流行に影響を受けている人たちの人権と尊厳をまもり、流行に対応する動きに全面的に加われるようにできるかどうかにもかかっている」とハブリア教授は付け加えた。

最近のHIVの流行に対する成果は顕著であり、ますます増えてもいる。UNAIDSによると、治療を必要とする中低所得国のHIV陽性者のほぼ半数は治療を受けることができるようになっており、1995年以降、250万人の生命を救ってきた。2010年に新たにHIVに感染した人は270万人で、流行のピーク時より21%も減っている。それでもなお、新たに一人がHIV治療を開始できるようになる間に、二人がHIVに新規感染している状態だ。2010年末の世界のHIV陽性者数は3400万人と推定されている。2001年と比べると、17%増加したことになる。その増加は主に治療のアクセスが拡大したことによるものだ。

 予防としてのHIV治療の劇的な効果に関するエビデンスを含め、最近の医科学研究の成果は流行の展望を劇的に変え、将来推計に大きな影響を与え、HIVの流行の流れを変えるような新たな楽観的見通しを提供している。

「ワシントンDC宣言はワシントンの国際エイズ会議で大きく注目されるでしょう。それと同時にこの宣言は、世界中の人が力を合わせ、エイズの流行の終結に向けた行進を開始するのに必要なリーダーシップと資金を求める重要な機会でもあります」とカタビラ理事長は語った。




Washington, D.C. Declaration Calls for Renewed Global Urgency To Turn the Tide on HIV and End the AIDS Epidemic

Prominent Scientists, Doctors, Community Advocates, People Living with HIV Urge Citizens of the World to Unite in Efforts to Begin to End the AIDS Epidemic

10 July 2012 (Washington, D.C.) A declaration calling for global support to end the AIDS epidemic was announced today by the International AIDS Society (IAS) and the University of California, San Francisco (UCSF), The “Washington, D.C. Declaration,” which seeks to build broad support for beginning to end the AIDS epidemic through a 9-point action plan, will be the official declaration of the XIX International AIDS Conference (AIDS 2012). The conference brings together some 25,000 delegates, including HIV professionals, activists, global and community leaders and people living with HIV. The conference will take place in Washington, D.C. from 22 to 27 July 2012 ( www.aids2012.org ).

The conference is co-chaired by Elly Katabira, President of the International AIDS Society and Diane Havlir, MD, chief of the UCSF Division of HIV/AIDS at San Francisco General Hospital and Trauma Center.

Scientists, politicians, celebrities and all other concerned citizens of the world are urged to sign the declaration at www.dcdeclaration.org or www.2endaids.org, where the full text is also available in English, Spanish, French, Portuguese, German, Russian, Chinese, Arabic, Swahili, Japanese, Hindi and Thai.
 
The Washington, D.C. declaration calls for:
• An increase in targeted new investments;
• Evidence-based HIV prevention, treatment and care in accord with the human rights of those at greatest risk and in greatest need;
• An end to stigma, discrimination, legal sanctions and human rights abuses against those living with and at risk for HIV;
• Marked increases in HIV testing, counseling and linkages to services;
• Treatment for all pregnant and nursing women living with HIV and an end to peri-natal transmission;
• Expanded access to antiretroviral treatment for all in need;
• Identification, diagnosis and treatment of tuberculosis (TB);
• Accelerated research on new tools for HIV prevention, treatment, vaccines and a cure;
• Mobilization and meaningful involvement of affected communities.

“In a scenario unthinkable just a few years ago, we now have the knowledge to begin to end AIDS in our lifetimes,” said Dr. Elly Katabira, President of the IAS and International Chair of AIDS 2012. “Yet, at this moment of extraordinary scientific progress and potential, the global response to AIDS faces crippling financial challenges that threaten past success and future progress. Through this declaration, we stand together to call on world leaders across all sectors to provide increased resources, visionary leadership, and a full-fledged commitment to seize the opportunity before us.”

UCSF’s Havlir concurred.

“While we undoubtedly still need a cure and a vaccine, we can save millions of lives with the knowledge we have today if we fully implement the proven strategies we now have to treat those living with HIV and prevent new infections,” said Professor Diane Havlir, MD, chief of the UCSF Division of HIV/AIDS at San Francisco General Hospital and Trauma Center and U.S. Co-Chair of AIDS 2012.

“Our ultimate success, however, depends not just on adequate resources, but also on upholding the human rights and dignity of all those affected by HIV and engaging them fully in our collective response to the epidemic.” Havlir added.

Progress against HIV in recent years has been notable, but incremental. According to UNAIDS, nearly half of people living with HIV in low- and middle-income countries who need treatment have access to it and at least 2.5 million deaths have been averted since 1995. New infections in 2010 totaled 2.7 million, 21% below the number at the peak of the epidemic. Yet, for each person who goes on treatment, two more are infected. At the end of 2010, an estimated 34 million people were living with HIV worldwide, an increase of 17% from 2001– largely the result of greater access to treatment.

Recent scientific advances, including evidence of the dramatic benefits of HIV treatment as prevention, have dramatically altered the landscape of the epidemic, providing a renewed sense of optimism that it is possible to have a much greater impact on these numbers and turn the tide on HIV.

“The Washington, D.C. Declaration will be highly visible throughout the conference in Washington, but it is also an important opportunity for people the world over to stand together and call for the leadership and resources necessary to begin the march toward the end of AIDS,” said Katabira.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第47号(2012年7月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第47号(2012年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2012-07-31 15:07