第19回国際エイズ会議(AIDS2012)のテーマについて

(解説) 第19回国際エイズ会議(AIDS2012)のテーマは「Turning The Tide Together(力をあわせて潮目を変えよう)」です。このテーマの意図するところは何か。組織委員会が昨年9月にテーマを決定した際の説明文書の日本語仮訳です。

力をあわせて潮目を変えよう:第19回国際エイズ会議のテーマ決定
 http://www.aids2012.org/WebContent/File/Turning_the_Tide_Together_XIX_International_AIDS_Conference_Theme_Selected_Public_Statement.pdf


【2011年9月19日 ワシントンD.C.】 AIDS2012組織委員会は2012年722日から27日までワシントンD.C.で開かれる第19回国際エイズ会議(AIDS2012)のテーマを「Turning The Tide Together(力をあわせて潮目を変えよう)」に決めた。

 Turning The Tide Togetherは、AIDSの流行が正念場を迎えているとの現状認識を反映したものだ。HIV治療と医学的手法による予防の最近の成果、完治に向けた研究、そして最も対応すべき必要性の高い人たちへの対策の規模拡大が継続的に示してきた実績を踏まえて取り組むことで、われわれにはいまや、HIVとエイズの流行のコースを変えられる可能性がでてきている。

 Turning the Tide Togetherにはまた、HIVの流行のコースを変えることは可能だという最近の希望的な見通しと楽観論に対し、緊急に行動しなければならないことを呼びかける意図も込められている。この好機をとらえ、現実に流れを変えていくには、さまざまなレベルの人たちが参加し、約束を実行していく必要がある。エイズ対策にかかわるすべての関係者がそれぞれの役割を果たさなければならない。

 流行のコースを実際に変えていくには、投資の継続、研究者間の協力、オペレーションズリサーチ(運営研究)の拡大、より効率的なサービス提供システム、資金が限られた中でのプログラムの大幅な拡大、エビデンスに基づく対策の実施、人権の尊重など数多くの課題がある。

 Turning The Tide Togetherは、現在の対策の規模拡大、および各国政府、NGO、政治担当者、研究者、市民社会組織、ジャーナリスト、そしてHIV陽性者を動かすAIDS2012の力の両方を引き出し、エイズの流行の潮目を変えていくために必要な勢いを生み出していくものである。



Turning the Tide Together: XIX International AIDS Conference Theme Selected
                Public Statement

19 September 2011 (Washington, DC) —The AIDS 2012 Conference Coordinating Committee (CCC) have selected Turning The Tide Together as the theme for the XIX International AIDS Conference (AIDS 2012), which will be held in Washington, D.C. from 22 – 27 July 2012.

Turning The Tide Together reflects a unique moment in time, emphasizing that the AIDS epidemic has reached a defining moment. By acting decisively on recent scientific advances in HIV treatment and biomedical prevention, the momentum for a cure, and the continuing evidence of the ability to scale-up key interventions in the most-needed settings, we now have the potential to change the course of HIV and AIDS.

Capturing the current sense of hope and the renewed optimism that a change of course in the HIV epidemic is possible, Turning the Tide Together also serves as an urgent call to action. It acknowledges that seizing this potential and actually turning the tide on HIV will require commitment and action on many levels: that each and every stakeholder in the AIDS response must play their role.

A broad number of issues will be required to actually change the course of the epidemic, including continued investments and collaboration in research, more operations research and more efficient delivery systems, significant programme scale-up in resource-limited settings, commitment to evidence-based interventions, and promotion of human rights.

Turning The Tide Together evokes both the scale of the task in hand and the power of AIDS 2012 to mobilize governments, NGOs, policy makers, scientists, civil society organizations, journalists and people living with HIV to join forces and build the necessary momentum to turn the tide of the AIDS epidemic. 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック