エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「UNITAID: 革新的な保健メカニズムが5年間で途上国市場に新たなアプローチと治療薬をもたらす」

<<   作成日時 : 2012/05/21 15:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 (解説) UNITAID(国際医療品購入ファシリティ)が発足から5年間の成果をまとめた報告書『よりよい健康を目指す5年間の工夫』をまとめました。UNAIDSの公式サイトに掲載された報告書に関する紹介記事の日本語仮訳です。当ブログにはUNITAID発足時の憲章最終草案も2006年に紹介したことがあります。あわせてご覧ください。 http://asajp.at.webry.info/200611/article_4.html


UNITAID: 革新的な保健メカニズムが5年間で途上国市場に新たなアプローチと治療薬をもたらす 
                   2012 年 5 月 11 日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/may/20120511unitaid/

革新的な取り組みの先頭に立ち、国際保健分野で5年間、資金調達を行うことにより、UNITAIDは創意に満ちた市場アプローチでHIV、マラリア、結核の診断と治療へのアクセスを拡大し、何百万もの人の生命を救う劇的な成果をあげてきた。

最新報告書『よりよい健康を目指す5年間の工夫』の中で、2006年に発足したUNITAIDは焦点を絞った効果的な介入による一連の成功事例を強調している。保健への資金確保不足が一段と明確になった現在の経済状況下では、これは極めて重要なことだ。

デニス・ブラウン事務局長によると、UNITAIDは「国際保健構築のキープレイヤーであり、貧しい人への医療のアクセス確保という地球規模の課題と取り組む推進役となっている」という。

HIV陽性の子供たちは、一錠処方など子供向けのHIV治療薬の新たなマーケットを生み出そうとするUNITAIDのアプローチにより、大きな恩恵を受けている。UNITAIDは2006年にアフリカ、アジア、カリブ諸国で小児向けHIV治療薬、診断薬テストへの投資を始めた。

子供用の抗レトロウイルス薬は以前にもあったが、高価で、保存も難しく、のみづらい薬を多ければ1日18錠ものまなければならなかった。米国のクリントン健康アクセス計画とともに、UNITAIDはコスト削減が可能なだけの需要を確保するため、40カ国にまたがる「プール調達」方式を活用してきた。その結果、最大で80%も価格を下げることができ、世界中で治療を受けているHIV陽性の子供の4分の3にあたる約40万人がこの枠組みを使うようになっている。

ザンビアの大学病院小児科のMwiya Mwiya医師は大きな成果について「2005年当時はHIV陽性の子供たちがたくさん死んでいき、私たちは医師として絶望を感じていた。2011年には適切な処方と検査により、子供たちの治療は大きく進歩している。我々が状況を変えていけるということをはっきり認識しています」と語っている。

成人のHIV陽性者の多くも、自分の状態が良くなっていると感じている。UNITAIDが2番目の組み合わせの主要抗レトロウイルス薬の価格を最大60%まで引き下げたので、初回組み合わせ薬が使えなくなった約10万人がより有効なHIV治療を受けられるようになっている。2006年以前にはそうした薬は低所得国では高すぎて手に入らなかった。

生命を救う薬へのアクセスは、UNITAIDが2010年に医薬品特許プールを創設したことで得やすくなった。この仕組みにより、特許所有者に対し、知的財産権の使用を認めるよう働きかけることで、ジェネリック薬メーカーが低価格で高品質の薬を製造できるようになる。ライセンスを必要とする者にも、新薬開発者にも対応できる製薬のための「ワンストップ・ショップ(総合店舗)」となる。医薬品特許プールは2011年7月、バイオ医薬品企業のギリアドサイエンシズ社との間で、5つのHIV治療薬が100カ国以上で使えるようになる画期的な契約を結んだ。

また、UNITAIDの仲立ちにより、妊娠中の女性800万人以上がHIV検査を受け、このうちの80万人はHIV 陽性と判って母子感染を防ぐための治療を受けている。UNITAIDは多剤耐性結核菌の検出のための高度検査施設を流行の深刻な8カ国に設立した。さらに、マラリア治療を必要とする患者に対し、現状では最も効率的に薬を提供できる仕組みであるマラリア治療薬購入促進機関(AMFm) の最大の出資者にもなっている。

UNITAIDの資金の65%を占め、主要な資金源のひとつとなったのは、航空券に対する小額の課税の導入である。既存の空港税に1ドル〜40ドルを追加徴収し、全額または一部をUNITAIDの資金にあてる仕組みである。これまでのところカメルーン、チリ、コンゴ、フランス、マダガスカル、マリ、モーリシャス、ニジェール、韓国9カ国が導入し、13億ドルの資金を確保してきた。

 UNITAIDはさらに新たな資金確保の方法も模索している。1つ可能性があるのは、株式、債券、金融商品取引に対する金融取引税で、年間数十億ドルの資金が確保できるとUNITAIDではみている。

報告書によると、UNITAIDの主要な成果がもたらす薬の価格の引き下げや新薬導入などの波及効果は、市場が貧しい人たちのために機能するようになっていると、途上国で広く認識されていることだ。




UNITAID: Five years of health innovation brings new approach and new medicines to developing country markets
11 May 2012

Through spearheading innovative initiatives and providing financing for global health over the past five years, UNITAID has had a dramatic impact on millions of lives, using creative market approaches to increase access to treatment and diagnostics for HIV, malaria and tuberculosis.

In its latest progress report, Five years of innovation for better health, UNITAID, which was established in 2006, highlights a series of successes that have led to more focused and effective interventions. This is seen as especially critical in the current economic climate where health funding shortfalls have become increasingly apparent.

According to Denis Broun, UNITAID Executive Director, the organisation, “has become a key player in the Global Health architecture and a driver of the global agenda on access to medicines for the poor.”

Children living with HIV have benefited greatly from UNITAID’s approach, which has created a new market for child-friendly HIV medicines, including single pill formulations. In 2006 the organization began investing in paediatric HIV drugs and diagnostic tests in Africa, Asia and the Caribbean.

In the past, the few existing antiretrovirals for children had been expensive, hard to store and required up to 18 unpleasant-tasting doses a day. Along with the Clinton Health Access Initiative, UNITAID used ‘pooled procurement’ across 40 countries to generate sufficient demand to help bring down costs. Price reductions of up to 80% have been achieved and some 400,000 children living with HIV are now being treated under this scheme—three quarters of the world’s total.

Dr Mwiya Mwiya, from Zambia’s University Teaching Hospital Paediatric Centre of Excellence, has noticed a marked difference, “In 2005 we felt hopeless as physicians because many kids died. In 2011, it was clear how far we advanced, with proper formulations and tests for children. Now we know we can make a difference.”

Many adults living with HIV have also seen their lives improve. UNITAID has secured price reductions of up to 60% for key second-line antiretrovirals so that more than 100,000 people a year for whom the first-line drugs have failed can shift to more powerful HIV treatment. Before 2006 such drugs were too expensive in low-income countries.

Access to life-saving drugs has also been made easier by UNITAID’s creation of the Medicines Patent Pool in 2010. By encouraging patent holders to licence their intellectual property, generic manufacturers can produce low cost, high quality versions of drugs. It acts as a ‘one-stop shop’ for both the licenses needed and product development partnerships to make the medicines. In July 2011 the Patent Pool signed a landmark agreement with Gilead Sciences, a biopharmaceutical company, for five HIV drugs covering more than 100 countries.

Additionally, UNITAID’s interventions have led to more than eight million pregnant women being tested for HIV and 800,000 of those found to be HIV-positive being treated to stop the transmission of HIV infection to their children. UNITAID has funded advanced laboratory facilities to detect multi-drug-resistant TB in eight high burden countries. It is also the largest funder of the Affordable Medicines Facility – malaria (AMFm), which aims to put the most effective malaria treatments available today into the hands of the people who need them the most.

One of the key sources for funding, which accounts for around 65% of UNITAID’s revenue, has been the introduction of a small levy on air tickets. This can range from US$1 to US$40 and is added to an existing airport tax with some or all of the funds going to UNITAID. So far, US$1.3 billion has been raised through this initiative which has been implemented by nine countries: Cameroon, Chile, Congo, France, Madagascar, Mali, Mauritius, Niger and the Republic of Korea.

UNITAID is also exploring new ways of raising resources. One possibility for the future is a Financial Transaction Tax on stocks, bonds and derivatives which the organisation says could raise billions of dollars a year.

According to the report, the ripple effect of UNITAID’s core achievements, such as price reductions and the introduction of new medicines, is being felt throughout the developing world as markets are transformed to make them work for the poor.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「UNITAID: 革新的な保健メカニズムが5年間で途上国市場に新たなアプローチと治療薬をもたらす」 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる