WHO カップルに向けたHIV検査とカウンセリングの手引き(CHTC)


 (解説) 世界保健機関(WHO)が、カップルを対象にしたHIV検査とカウンセリングの手引き(CHTC)を発表しました。HIV予防対策の分野では、一方がHIVに感染し、他方が感染していないカップルをserodiscordant(感染不一致な)カップルと呼ばれています。そうしたカップルが一緒に検査を受け、結果を共有し、HIVに感染した人からパートナーへの感染を防ぐために治療が早期に開始できるようにすることを推奨し、そのための条件を整える必要があることを強調しています。WHOのサイトに掲載されているその概要説明の日本語仮訳です。


一方がHIVに感染し、他方が感染していないカップルへの抗レトロウイルス治療による治療と予防を含むカップルへのHIV検査とカウンセリングの手引き
保健アプローチのための提言
http://www.who.int/hiv/pub/guidelines/9789241501972/en/index.html

概要
世界保健機関(WHO)のガイドライン(指針)は、産科クリニックを含め、HIV検査とカウンセリングを提供できるところでは、カップルに対する検査とカウンセリングの提供を推奨している。カップルの一方のみがHIV陽性の場合には、HIV陰性のパートナーへのHIV感染の確率を減らすため、ガイドラインはHIV陽性パートナーに対し、免疫の状態(CD4数)にかかわらず抗レトロウイルス治療を提供することを勧めている。

世界中でHIVに感染している人のうち、自らの感染を知っている人は現在、40%にとどまっている。HIV陽性の人の50%はHIV陰性のパートナーとの関係を持っている(言い換えれば、彼らはserodiscordantな関係にある)。自らのHIV感染を知っている人の中には、パートナーに対し、感染していることを明らかにしておらず、パートナーがHIV感染しているかどうか知らない人も多い。結果として、新規感染の多くがserodiscordantカップルの間で起きている。

CHTC(カップルへのHIV検査とカウンセリングの手引き)は、カップルに対し、検査の機会を提供し、カウンセラーや保健従事者によるサポートが提供できる環境のもとでお互いにその結果を示せるようにするものだ。その段階で、予防、治療、支援の選択肢を議論し、それぞれのパートナーの状態に応じてお互いがどうするかを決められるようにしている。

最近のエビデンスによれば、CD4数が350以上の人への早期のART開始がHIV陰性のカップルの感染予防に効果があることが確認されている。こうした成果の利益を得るために、カップルは一緒に検査を受け、その結果を互いに明らかにし、予防、ケア、治療のサービスを利用できるようなかたちで支援を受けるべきである。


Guidance on couples HIV testing and counselling, including antiretroviral therapy for treatment and prevention in serodiscordant couples
Recommendations for a public health approach

OverviewNew
WHO guidelines recommend offering HIV testing and counselling to couples, whereever HIV testing and counselling is available, including in antenatal clinics. For couples where only one partner is HIV positive, the guidelines recommend offering antiretroviral therapy to the HIV positive partner, regardless of his/her own immune status (CD4 count), to reduce the likelihood of HIV transmission to the HIV negative partner.

Today, only 40% of people with HIV globally know their HIV status. Up to 50% of HIV-positive people in on-going relationships have HIV-negative partners (i.e. they are in serodiscordant relationships). Of those HIV-positive individuals who know their status, many have not disclosed their HIV status to their partners, nor do they know their partners’ HIV status. Consequently, a significant number of new infections occur within serodiscordant couples.

CHTC offers couples the opportunity to test, receive their results and mutually disclose their status in an environment where support is provided by a counsellor/health worker. A range of prevention, treatment and support options can then be discussed and decided upon together, depending on the status of each partner.

Recent evidence confirms the benefit of early ART for people with a CD4 count above 350 cells/µL in preventing transmission to HIV-negative partners. In order to benefit from such opportunities, couples should be supported to test together and disclose their status to each other and access prevention, care and treatment services.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第44号(2012年4月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第44号(2012年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2012-04-27 22:49