アジアのHIV陽性女性に対する社会経済的支援で二つの新たな報告書を発表 UNDP


 (解説)国連開発計画(UNDP)アジア太平洋地域センターのHIV/保健と開発計画責任者であるクリフ・コルテツ氏からHIV陽性の女性と開発に関する新たな報告書のお知らせが届きました。「どんな報告書なのか」という説明です。「あっ、そういえばあんな報告書があったな」と何かの役に立つことがあるかもしれないので、日本語仮訳を紹介しておきます。


アジアのHIV陽性女性に対する社会経済的支援で二つの新たな報告書を発表

皆さん

 国連開発計画アジア太平洋地域センターのHIVと開発チームによる2つの報告書が発表されました。「女性と豊かさプロジェクト:社会事業を通じた陽性女性支援の結果評価」および「アジアのHIV陽性女性のための社会経済的支援事業の検証」で、アジア地域のHIV陽性女性の社会経済的支援事業から得られた経験を記録し、共有するものです。

 アジア太平洋地域のHIV陽性女性は170万人と推定されています。稼ぎ手の死による生計の手段の喪失と偏見・差別が女性を貧困や劣悪な保健環境、搾取されやすいい状況に追い込み、収入がないことで家族もまた非常に脆弱な状態に置かれてしまいます。HIV/エイズの影響緩和プログラムの中に女性の生活手段の確保を含めないことは、抗レトロウイルス治療(ART)と保健へのアクセスを拡大することで得られる重要な成果を打ち消す結果をもたらし、ユニバーサルアクセスとミレニアム開発目標(MDGs)の達成を危うくするものです。生計手段を確保し、HIV陽性の女性およびその家族に対する社会経済的影響に対応することの必要性は明らかです。

 「女性と豊かさプロジェクトの結果評価」は、この革新的なパイロットプロジェクトから得た経験について詳しく報告しています。この計画は、生計手段と偏見・差別のない安全な労働環境を確保する社会事業を通してHIV陽性女性の生活の支援と改善をはかり、彼女たちの自信を高めるとともに社会がそれを受け入れる環境を生み出すことを目指してきました。プロジェクトはタイの人口と地域開発協会(PDA)とUNDPがカンボジア、インド、中国の4カ所のHIV陽性女性ネットワークとの緊密な協力のもとで実施し、参加した女性たちを大きく力づけることに成功しています。報告書はまた、不成功事例や今後の参考にすべき高価な教訓にも光を当てています。

 アジア地域においては、1990年代の初期から同様の事業が進められてきてはいるものの、
特別にHIV陽性の女性に焦点をあてたものは少なかったし、記録として残されることもまれにしかありませんでした。報告書「「アジアのHIV陽性女性のための社会経済的支援事業の検証」はこうした情報のギャップを埋め、カンボジア、中国、インド、ミャンマー、タイ、ベトナムで行われた10事業を対象にしてマイクロファイナンス(小規模資金融資)、職業訓練、生計手段と社会事業などの観点から検証することを目的としています。

 報告書はこちらからダウンロードすることができます。

 「女性と豊かさプロジェクト:社会事業を通じた陽性女性支援の結果評価」(PDF, 3.75MB)
 http://www.snap-undp.org/elibrary/Publication.aspx?ID=642

「アジアのHIV陽性女性のための社会経済的支援事業の検証」(PDF, 1.96MB)
 http://www.snap-undp.org/elibrary/Publication.aspx?ID=641

 女性と開発プロジェクトは日本政府の資金援助で実施されています。



New reports on the socio-economic empowerment of women living with HIV in Asia

We are pleased to announce the release of two reports published by the UNDP Asia-Pacific Regional Centre’s HIV, Health and Development team – The Women and Wealth Project: Empowering positive women through social enterprises - Results assessment and A review of socio-economic empowerment initiatives for women living with HIV in Asia – that document and share key lessons learned on socio-economic empowerment initiatives for women living with HIV in the Asia region.

An estimated 1.7 million women in the region are living with HIV. Loss of livelihood resulting from the death of a breadwinner and stigma and discrimination makes women highly vulnerable to poverty, poor health and exploitation, and lack of income increases the vulnerability of their families. A failure to include women’s livelihoods in programming to mitigate the impact of HIV and AIDS risks negating important gains that have been made in increased access to ART and health care, jeopardizing the achievement of the Universal Access and Millennium Development Goals. There is a clear need for action to support livelihood activities and address the socio-economic impact of HIV and AIDS on women and their families.

The Women and Wealth Project Results Assessment details the experiences of this innovative pilot project that sought to empower and improve the well-being of women living with HIV through the development of social enterprises that would provide a livelihood and a safe working environment free of stigma and discrimination, build self-confidence and increase community acceptance. The project, implemented by the Population and Community Development Association (PDA) of Thailand and UNDP in close collaboration with networks of women/PLHIV at four sites in Cambodia, India and China, achieved considerable success in empowerment of the women involved. The report also sheds light on unsuccessful experiences and valuable lessons, which could greatly benefit similar initiatives.

While similar activities have been undertaken in the region since the early 1990s, few of these have specifically targeted women living with HIV, and documentation of these initiatives is sparse. The report, A review of socio-economic empowerment initiatives for women living with HIV in Asia, attempted to fill this information gap and examined the experiences of 10 initiatives in Cambodia, China, India, Myanmar, Thailand and Viet Nam with approaches covering microfinance, vocational training, livelihoods and social enterprises.

The reports may be downloaded here:

The Women and Wealth Project: Empowering positive women through social enterprises – Results assessment (PDF, 3.75MB)
A review of socio-economic empowerment initiatives for women living with HIV in Asia (PDF, 1.96MB)
The Women and Wealth Project was implemented with funding support from the Government of Japan.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP HAT News第43号(2012年3月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第43号(2012年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2012-04-04 01:03