2014年の第20回国際エイズ会議(AIDS2014)はメルボルンで開催


(解説) 国際エイズ会議は来年7月に第19回会議が米国の首都ワシントンで開かれるということで、米国は早くも盛り上がっていますが、国際エイズ学会(IAS)の公式サイトには、その次の2014年の第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の開催都市がオーストラリアのメルボルンに決まりましたというプレスレリースが11月29日付けで掲載されています。その日本語仮訳です。《アジア太平洋地域に焦点をあてる》ということで、日本のHIV/エイズ対策関係者にとっても注目の会議になりそうです。


HIVとエイズ分野での世界の最大の会議の開催地メルボルンに
国内的にもアジア太平洋地域でも、オーストラリアがHIVの流行に政治、科学、市民社会の面からHIVの流行に強く関与してきたことが、第20回国際エイズ会議 (AIDS2014)開催地としてメルボルンが選ばれた理由のひとつだった
http://www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=610


【11月29日 ジュネーブ・スイス】 第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の開催地にオーストラリアのメルボルンが選ばれた。2年ごとに開催されるこの会議は、世界中からHIV/エイズ関連のすべての分野から25000人が集まり、対策の成果について評価にあたるとともに、今後の方針を議論する。HIV/エイズ分野では世界最大の会議である。AIDS2014で国際エイズ会議は20回の節目を迎える。

AIDS2014は国際エイズ学会 (IAS)が開催国であるオーストラリア政府や研究者、市民社会などのコミュニティ、さらにより広汎なアジア太平洋地域など国際的なレベルでの市民社会や国連機関などとも協力して開催する。とりわけアジア太平洋地域に焦点をあて、組織委の科学、コミュニティ、リーダーシップの各パートナー2団体については、一方を広くアジア太平洋地域から、そしてもう一方をオーストラリアから選ぶことになる。

「メルボルン市、ビクトリア州、オーストラリア連邦政府から協力を得られること、開催国だけでなくアジア太平洋地域からもHIV対策の長い歴史の中で印象的な貢献を果たしてきた科学分野とコミュニティの多様な指導者からも協力を得ることができる。このことをIASは大変にうれしく思っています」と IASの次期理事長で、ノーベル医学生理学賞受賞者であるフランソワーズ・バレ-シヌシ教授は語る。彼女はパリのパスツール研究所のレトロウイルス感染制御ユニットの部長であり、AIDS2014の国際組織委員会議長を務める。

「アジア太平洋地域は世界最大の面積と人口を有し、さまざまな経済レベルと多様なリスク要因を抱える地域であり、HIV/エイズの流行についてもそれぞれの専門家が非常にユニークな視点を持っている。メルボルンでAIDS2014を開催することは、こうした専門家たちが会議に参加し、それぞれの成果と課題をグローバルレベルで共有できることになる」とバレ-シヌシ教授は付け加えた。

AIDS2014の地元組織委員会の共同議長には、アルフレッド病院感染症部長でモナシュ大学医学部のシャロン・レヴィン教授(メルボルンのバーネット研究所ウイルス学共同センター長)が指名された。レヴィン教授はオーストラリアのHIV、ウイルス性肝炎およびそれに関連する保健医療分野を代表するHIV医療学会(ASHM)の前理事長である。

「HIVに関するオーストラリアの保健政策はトップダウンというよりもむしろ、草の根から生まれ、研究者、政府、コミュニティの高度なパートナーシップに支えられてきたという特長がある。AIDS2014はわが国におけるそうしたパートナーシップの成果を共有する大きな機会になるであろう」とシャロン・レヴィン教授は述べた。

「オーストラリア政府もまた、HIV対策に関しては、とりわけパプアニューギニア(PNG)、東南アジア、太平洋諸島を中心に強力な国際協力戦略を打ち出しています。オーストラリアとしての国際対応とともに、会議はアジア太平洋地域におけるHIVの流行の多様なパターンとその対策にも注目しており、その好影響が地域全体に広がっていく可能性もあります」とレヴィン教授は補足した。

AIDS2014は2014年7月、メルボルン展示会議場で開催される。メルボルンはこれまでに数多くの大きなイベントや会議の舞台となっているうえ、常に基盤整備を続けており、世界の主要なビジネスイベント拠点として高い評価を得ている。

「世界のトップクラスのHIV研究者、エイズ対策の専門家がメルボルンに集まることを期待しています」とメルボルン観光局(MCVB)のカレン・ボリンガーCEOはいう。「オーストラリアで開催される医療分野では最大の会議あり、その開催都市に選ばれることはHIV/エイズ研究のリーダーとしてのわが国の名声の証しでもあります。メルボルンにとってAIDS2014の開催は、社会、保健分野における成果だけでなく、ビクトリア州に8400万ドルの経済効果をもたらすことも見込まれます」

国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると、アジアのHIV陽性者数は2009年現在、推定490万人で、このうち36万人は09年中に新たにHIVに感染している。アジアの流行の動向を全体像だけでとらえることは、各国国内、および国際間における流行の多様かつ重要な特長を覆い隠すおそれがある。一見すると、ほとんどの国でHIVの流行は抑えられているように見え、社会全体に広がっている国はない。ただし、この地域では、多くの国の流行が比較的少数の地区に集中して起きていることに留意しなければならない。注射薬物使用者、男性とセックスをする男性、セックスワーカーとその客が新規感染の大半を占めている。また、薬物使用者や売春客のパートナーの女性への感染の増加が明らかになりつつある。

太平洋地域のHIVの流行は小規模ではあるが、HIV陽性者数は2001年から09年の間に2万8000人から5万7000人へと倍増している。ただし、年間の新規HIV感染者数は 2001年に4700人だったのが09年は4500人と減少傾向を示し始めている。主要な感染経路は性感染である。

国際エイズ会議は2012年7月、米国の首都ワシントンで開催される。その前の会議はオーストリアのウィーンで2010 年に開かれた。来年のワシントン会議には2500人の国際ジャーナリストが取材すると見られ、世界で最も広く報道される保健分野のイベントとなる。

メルボルンは、IASとその国際的パートナーの協議の結果、AIDS2014の開催都市に選ばれた。候補都市はIAS理事会で次の3点を基準に先行された: 流行の大きさ、会議開催に必要な社会基盤、HIV陽性者の渡航と移動の自由。1992年のIAS 理事会で採用された差別撤廃方針により、国際エイズ学会は、HIV陽性者の短期入国を制限する国、ビザ申請書や入国に必要な他の書類で、HIV陽性者に感染の有無を申告するよう求めている国では会議を開かないことになっている。



Melbourne selected to host world’s largest conference on HIV and AIDS

Australia’s strong political, scientific and civil society commitment to ending the HIV epidemic both nationally and throughout the Asia Pacific region among reasons for selection of Melbourne as host for the XX International AIDS Conference (AIDS 2014)

29 November, Geneva, Switzerland. Melbourne, Australia has been chosen to host the XX International AIDS Conference (AIDS 2014), the largest international conference on HIV and AIDS, where every two years up to 25,000 participants, representing all stakeholders in the global response to HIV, meet to assess progress and identify future priorities. AIDS 2014 will be the twentieth in the series of International AIDS Conferences.

AIDS 2014 is organized by the International AIDS Society (IAS) in partnership with selected government, scientific and civil society partners from Australia and the wider Asia Pacific region, as well as international partners from civil society and the United Nations. With a strong focus on Asia Pacific, one of the two local scientific, community and leadership partners will be chosen from the wider Asia and Pacific regions and one each from Australia.

“The IAS is extremely pleased to partner with the City of Melbourne, the State Government of Victoria, the Federal Government of Australia and with various scientific and community leaders from the host country as well as from Asia and the Pacific with a long and impressive history of leadership on HIV,” said IAS President-elect and Nobel Laureate Prof. Françoise Barré-Sinoussi, Director of the Regulation of Retroviral Infections Unit at the Institute Pasteur in Paris and International Conference Chair for AIDS 2014.

“As the region with the largest geographic area and population, dramatically varying levels of wealth, and a complex mix of structural and behavioural determinants of risk, experts from the region have a unique perspective on the epidemic. Hosting AIDS 2014 in Melbourne will make it possible for these experts to attend the conference and share their successes and challenges on a global level,” added Prof. Barré-Sinoussi.

Prof. Sharon Lewin, Director of the Infectious Diseases Unit at the Alfred Hospital, Professor of Medicine at Monash University and co-head, Centre for Virology at the Burnet Institute in Melbourne, has been named Local Co-chair of AIDS 2014. Lewin is a former President of the Australasian Society for HIV Medicine (ASHM), the peak Australasian organization representing the medical and health sector in HIV, viral hepatitis and related areas.

“The Australian health policy response to HIV has been characterized as emerging from the grassroots rather than top-down, with a high degree of partnership between scientists, government and community. AIDS 2014 will be a great opportunity to share the benefits of such partnerships with other countries,” said Prof. Sharon Lewin.

“The Australian government also has a strong international development strategy for HIV, with particular focus on Papua New Guinea (PNG), East and South Asia and the Pacific Islands. As well as focusing international attention on Australia’s national response, the conference will highlight the diverse HIV epidemic patterns and responses in the Asia Pacific region and has the potential to positively impact the HIV responses throughout the whole region,” added Prof. Lewin.

AIDS 2014 will be held in July at the Melbourne Convention and Exhibition Centre. Melbourne has a long history in staging successful major events and conferences, is constantly adding to its infrastructure and has an established reputation as one of the world's leading business events destinations.

“We are excited about welcoming the world’s top HIV scientists and policy experts to Melbourne,” said Karen Bolinger, CEO of the Melbourne Convention + Visitors Bureau (MCVB). “This is the largest medical conference ever to be held in Australia and is a testament to the country’s deserved reputation as a leader in HIV/AIDS research. Hosting AIDS 2014 in Melbourne will not only have a positive health and social impact on the state of Victoria, but is also expected to generate approximately US$84 million for the Victorian state economy.”

According to the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), in 2009 an estimated 4.9 million people in Asia were living with HIV, including 360,000 who became newly infected that year. The overall trends in this region hide important variation in the epidemics, both between and within countries. Most national HIV epidemics appear to have stabilized and no country in the region has a generalized epidemic. However, in many countries in the region, the epidemic is concentrated in a relatively small number of provinces. Injecting drug users, men who have sex with men and sex workers and their clients have accounted for most of the new infections, and ongoing transmission to the female partners of drug users and the clients of sex workers is becoming apparent.

The HIV epidemic in the Pacific region is small, but the number of people living with HIV in this region nearly doubled between 2001 and 2009—from 28,000 to 57,000. However, the number of people newly infected with HIV has begun to decline from 4,700 in 2001 to 4,500 in 2009. The HIV epidemics in this region are mainly driven by sexual transmission.

In July 2012, the International AIDS Conference will be held in Washington, D.C, and the previous International AIDS Conference was held in Vienna, Austria in 2010. With more than 2,500 international journalists expected to attend the conference next year, it is the single most widely covered health event in the world.

Melbourne was selected to host AIDS 2014 following an evaluation of candidate cities by the IAS in consultation with its international partners. Candidate cities were evaluated by the IAS Governing Council according to three criteria: impact on the epidemic, sufficient infrastructure, and freedom of movement and travel for people living with HIV and AIDS. According to a policy of non-discrimination first adopted by the IAS Governing Council in 1992, the Society will not hold its conferences in countries that restrict short term entry of people living with HIV and AIDS, and/or require prospective HIV-positive visitors to declare their HIV status on visa application forms or other documentation required for entry into the country.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック