世界基金のラウンド11中止決定を受け、国際エイズ学会(IAS)が各国政府に緊急要請

(解説)世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)理事会がラウンド11(新規プロジェクト案件第11次募集)を事実上、中止する決定を行い、世界のエイズ対策の大きな柱である治療の普及の実現が困難になっています。このことを指摘し、資金不足解消のための手立てを緊急に取るよう各国に求めるプレスレリースを国際エイズ学会(IAS)が発表しました。その日本語仮訳です。

 各国がこれまでに行った資金拠出約束通りに支払いを行っていないことから、深刻な資金不足に陥っていることが新規案件募集中止の理由で、今回だけでなく、2014年までは新規案件募集は行わないということなので、現行プログラム以外のプログラムの拡大は期待できなくなります。2015年のMDGs達成も到底、期待できません。治療の普及を予防対策にも反映させようとする国際社会の戦略がまさしく資金面から崩壊し、実現困難になるわけで、ここ10年余りの輝かしい成果であるHIV新規感染の減少傾向も水疱に期してしまう恐れがあるとIASは強く警告しています。



資金不足による世界基金のラウンド11中止決定を受け、多くの人の生死にかかわる世界基金の活動を継続可能にするよう国際エイズ学会 (IAS) が資金拠出者と各国政府に要請
 http://www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=609


 【スイス・ジュネーブ 11月24日】 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)に対するドナーからの資金拠出約束と実際の支払いとのギャップが拡大していることから、世界基金は、HIV陽性者およびHIV感染のリスクに直面する何百万もの人たちの生命の脅威にさらす極めて困難な資金状況に直面している。その結果、世界基金理事会は昨日、ラウンド11(新規プロジェクト案件第11次募集)を事実上、取りやめる決定を行った。これは世界基金の10年の歴史の中で初めての事態である。

 世界基金は、HIV/エイズ、結核、マラリアの予防と治療のための資金を集め、管理し、提供するユニークかつ革新的な資金確保手段である。多額の資金を迅速に提供し、何百万のもの人の生命を救ううえで、最も効果的な仕組みとなっている。厳格で透明性の高い監査システムと腐敗解明の高い公開性は、世界基金の際だった特長である。

 世界基金が2002年を創設された当時、低中所得国で抗レトロウイルス薬による治療を受けられるHIV陽性者はわずか4万人だった。2009年12月までに、世界基金が支援するプログラムにより、低・中所得104カ国の250万人が抗レトロウイルス治療を受けられるようになった。世界基金理事会が承認した案件の総額は192億ドルに達し、140カ国以上のHIV、結核、マラリア対策に100億ドル以上が支払われている。

 世界基金理事会に先週、報告された修正資金見通しは、いくつかの資金拠出国の財政状況が非常に厳しいこと、および低金利が、新規案件に使える資金に大きな影響をおよぼしていることを示していた。

 ドナーや各国政府からは着実な拠出約束がなされてきたものの、実際の支払額は約束を大きく下回っており、世界基金は、2014年まではすでに承認済みの案件の必要不可欠なサービスをまかなうことしかできないとの結論に達した。

 HIVに関して言えば、生命に関わる抗レトロウイルス治療(ART)をすでに受けている人に対しては今後も世界基金の資金によって治療が続けられることになるが、 HIV治療の拡大はできないだろう。つまり、WHOの新しい治療ガイドラインに基づけば治療が必要とされている人たちが治療を受けられなくなり、その結果として、抗レトロウイルス治療はHIV感染を劇的に減らし、流行の拡大を防ぐ手段になることが明らかにされているというのに、その手段が最も必要とされているところでは利用できないことになるのだ。

 国際エイズ学会はこのため、資金拠出国および民間ドナーに対し、資金拠出の拡大を中長期的な課題としてだけでなく、緊急課題としてもとらえるよう要請する。そして、プログラム実施国の政府、とりわけ中所得国政府にはHIV対策の自国資金を増額するよう求める。

 「HIV対策にとって最悪の時期に世界基金が財政的打撃を受けている」とIASのエリー・カタビラ理事長は語る。「HIVの新規感染が減少し始めていることをUNAIDSが報告し、HIV陽性者に対する効果的かつ早期の治療がパートナーへの感染を防ぐことが確認されているまさにそのときに、こうした成果を継続させ、科学的な事実を行動に生かすために必要な資金が奪われてしまうのだ」

 国境なき医師団 (MSF) によると、資金不足の壊滅的な影響はすでに明確になっている。カメルーンとジンバブエでは、すでに治療を開始している人への支援もまもなくできなくなるだろう。コンゴ民主共和国では、ARTを始める人数を制限しようとしている。モザンビークなど他の国でも、資金調達が困難なため、WHOの推奨ガイドラインに基づき早期により良質な薬を提供することができなくなっている。

 「世界基金の目覚ましく、また先見の明のあるリーダーシップはこれまで、HIVの 流行の流れを変えることに大きく貢献してきました」とIASのバートランド・オードワン事務局長は述べた。「世界基金は、HIV治療を最も必要としながら他には治療を受ける手段がない国の人たちに治療を提供するうえで、非常に効果の高いメカニズムであることを示してきました。現在の資金不足は、信じられないほど深刻であり、これまでに得られた成果も水泡に帰してしまうおそれがあります」


As the Global Fund cancels its 11th funding round due to lack of resources, the International AIDS Society (IAS) urges donors and governments to allow the Global Fund to continue its lifesaving HIV work

24 November 2011 (Geneva, Switzerland) – Due to the increasing difference between donor commitments and actual disbursements from donors into the Global Fund for AIDS, TB and Malaria, the Global Fund is currently facing a critical financial situation which threatens the lives of millions of people living with HIV or at risk of becoming infected. As a result of funding shortfalls, the Global Fund board yesterday decided to effectively cancel its 11th funding round – an unprecedented act in its ten year history.

The Global Fund is a unique and innovative financing instrument which attracts, manages and disburses resources to prevent and treat HIV and AIDS, tuberculosis and malaria. The fund is the most effective mechanism through which to disburse large amounts of resources rapidly and is credited with saving millions of lives. A distinguishing feature of the Global Fund is its strict and transparent auditing system, and its openness when it uncovers corruption.

When the Global Fund was first created in 2002, only 40,000 people living with HIV in low and middle-income countries were receiving lifesaving anti-retroviral drugs. By December 2009, Global Fund-supported programmes were providing antiretroviral therapy to 2.5 million individuals in 104 low and middle-income countries, and the Global Fund Board had approved proposals totalling USD 19.2 billion and disbursed over USD 10 billion for HIV, TB and malaria control efforts to over 140 countries.

A revised resource forecast presented to the Global Fund Board last week showed that substantial budget challenges in some donor countries, compounded by low interest rates have significantly affected the resources available for new grant funding.

Despite steady commitments from donors and governments, the increased difference between donors' commitments and the actual funds they deliver means that the Global Fund will only be able to finance essential services for on-going programmes that come to their conclusion before 2014.

For HIV, this funding may continue to provide lifesaving anti-retroviral treatment (ART) for people already using the treatment, however it will not allow for an essential scale-up of HIV treatment. This means that people living with HIV who would be eligible for ART under new WHO guidelines will not receive treatment, and and that the now proven method of using antiretroviral treatment as a means to dramatically reduce HIV transmission and therefore prevent the growth of the epidemic cannot be implemented where it is needed most.

The International AIDS Society is therefore urging public and private donors to put in place urgent as well as medium- to long-term measures to increase and accelerate funding, and implementing country governments, especially those from middle-income countries, to increase funding for HIV.

“This financial blow to the Global Fund comes at the worst possible time in the HIV response,” said IAS President Elly Katabira. “Just as UNAIDS is reporting that new cases of HIV are starting to decline, and as we are seeing that the effective and early treatment of people living with HIV can stop transmission to their partners, the financial support that we need to continue this progress and to turn scientific fact into action has been pulled out from underneath us.”

According to Médecins Sans Frontiers (MSF), the devastating effects of the overall funding shortage are already becoming clear. Cameroon and Zimbabwe may soon no longer be able to support people already on treatment, and the Democratic Republic of Congo is capping the number of people able to start ART. In other countries, such as Mozambique, funding problems have prevented the country from providing earlier treatment and better drugs, per WHO-recommended guidelines.

“The Global Fund’s remarkable and visionary leadership has helped change the course of the HIV epidemic to date,” said IAS Executive Director Bertrand Audoin. “The Global Fund has proved to be a very efficient mechanism for providing HIV treatment to people in countries who need it most urgently and who otherwise would not receive it. Such a dramatic resource shortfall at this point is incredibly frustrating and could potentially undo years of progress.”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第40号(2011年12月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第40号(2011年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2011-12-27 20:35