ゼロ達成に向けて-エイズ関連の死亡をゼロに:2011世界エイズデーのテーマ発表

(解説)ケープタウンに事務局を置く世界エイズキャンペーン(WAC)が5日、今年の世界エイズデーのテーマを発表しました。WACのサイトに掲載されたテーマ発表関するRoyston Martin氏の記事の日本語仮訳です。WACとしてはUNAIDSの3つのゼロ達成目標のうち今年は「エイズ関連の死亡をゼロ」に焦点を当てるが、それぞれの地域やグループはそれぞれの状況に基づき、3つのゼロのどれを選んでもいいということになっています。

Getting to Zero (ゼロ達成に向けて) 2011年 世界エイズデーのテーマ発表
ロイストン マーティン 2011/05/09 9:04
http://www.worldaidscampaign.org/en/Getting-to-Zero-2011-World-AIDS-Day-Theme-Announced

 ゼロ達成に向けて-エイズ関連の死亡をゼロに:2011世界エイズデーのテーマ発表
【2011年9月5日 ケープタウン、南アフリカ】 今年の世界エイズデーは「ゼロ達成に向けて」を取り上げる。国連が推進する新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロの「ゼロ達成に向けて」キャンペーンは2015年まで続けられる。また、昨年の世界エイズデーの「権利に光を」計画は、key affected population(エイズに大きな影響を受けている人たち)が取り組んできたさまざまな生死にかかわる課題を包含するものだった。

 「創造的かつ一貫した意味のあるキャンペーンになる可能性があり、本当にわくわくします」と世界エイズキャンペーン・アフリカのディレクター、リンダ・マフは語る。「私たちの組織はエイズ関連の死亡ゼロに焦点を当てます。ただし、ほかの人たちは他のゼロを選ぶこともできます」

 世界エイズキャンペーンが「エイズ関連の死亡ゼロ」に焦点を当てることは、すべての人に治療へのアクセスを確保するための大きな力になる。各国政府に対しては、そのためにいま行動することを求めるものだ。各国政府には、たとえばアブジャ宣言のようなこれまでの約束を尊重し、少なくともすべての人が健康への権利を保障されるよう保健およびHIV関連の国内予算を合意目標レベルに引き上げることを要求する。

 このキャンペーンは、健康に対する基本的な権利がいかに本質的かつ密接に食料や住居、自由、きれいな水と衛星などの他の基本的権利と結びついているものであるかということに焦点をあてる世界的なキャンペーンである。過度な利益追求を排し、延命治療のための安価で良質な治療薬へのアクセスを確保することも重要である。世界エイズキャンペーンは今後数カ月、エイズ関連の死亡をなくすことを目指し、さまざまなゼロ達成のための活動に光をあてていく。

 「HIV陽性者や社会から排除されがちな人たち、家や土地を奪われた人たちは、すべて私たちであり、自らの権利を求めているということを政策決定者は理解する必要がある」とリンダ・マフは付け加えた。「世界エイズデーにはさまざまなイベントがあるだろう。たとえば、財務省の建物に光線をあてる「権利に光を」的なイベントに向けた行進を行い、HIVと保健への支出が少ないことが何千何万の人の生命を奪っていることを示すこともできます。いまこそ想像力を駆使し、すべての人にゼロ達成の必要性を伝えるときです」

 世界のHIVの流行への対応は重要な時期を迎えている。将来に向けた大きな進歩は難しく、現行アプローチは限界に近づいている。延命治療を必要とする1500万人のうち実際に治療を受けられる人は三分の一にとどまっている。新規に治療を開始できる人の数よりも、HIVに新たに感染する人の数の方が多い。一方で、これまで続いていた対策資金の増加傾向が今年は減少に転じてしまった。

 「HIV新規感染ゼロ」と「差別ゼロ」もまた、「ゼロ」のロゴが広く知られ、生と死に関する問題に光があてられることでコミュニティの小さなお祭りから全国的イベントに至るまで大きなインパクトをもたらすイベントになるだろう。

 2011年12月1日から2015年まで、各地域およびグループは毎年、それぞれの状況に応じて、3つの「ゼロ達成目標」の1つまたはすべてを選ぶことができる。

 ミレニアム開発目標にちなんだ「ゼロ達成目標」を採用するという決定は、HIV陽性者、保健アクティビスト、広範な市民社会、その他多数の人たちなど100を超える組織の関係者による集中的な議論を経てなされた。

 今年の世界エイズデーとその先を見据えたビジョンは野心的なものかもしれないが、達成に向けた道のりは具体的な里程標に基づくものだ。

2015年に向けたUNAIDSの戦略10目標

・若者、男性とセックスをする男性(MSM)、およびセックスワークによるHIVの性感染を半減させる。
・母子感染をなくし、エイズ関連の妊産婦死亡率を半減させる。
・薬物使用者の新規感染をすべて防ぐ。
・HIV陽性者に対する抗レトロウイルス治療のユニバーサルアクセスを実現する。
・HIV陽性者の結核による死亡を半減させる。
・HIV陽性者およびエイズに影響を受けている家族がすべて、国の社会保障政策の対象となり、必要なケアと支援が受けられるようにする。
・HIV感染、セックスワーク、薬物使用、同性愛を刑罰の対象とするような法律や政策を採用し、効果的対策の実現を妨げている国の数を半分に減らす。
・入国、滞在、居住についてHIV関連の規制のある国の半数がそうした規制を撤廃する。
・各国のHIVプログラムの少なくとも半数はHIV関連の女性や少女のニーズに取り組む。
・ジェンダーに基づく暴力をゼロにする。
 

 

 






Getting to Zero 2011 World AIDS Day Theme Announced
Royston Martin 05/09/2011 9:04 am

Getting to Zero - Zero AIDS-Related Deaths: 2011 World AIDS Day Theme Announced - (September 5 - Cape Town, South Africa) World AIDS Day this year is about "Getting to Zero." Zero New HIV Infections. Zero Discrimination and Zero AIDS Related Deaths. Backed by the United Nations the "Getting to Zero" campaign runs until 2015 and builds on last year's successful World AIDS Day "Light for Rights" initiative encompassing a range of vital issues identified by key affected populations.

"The potential for creative, connected and meaningful campaigning is really exciting,” says World AIDS Campaign Africa Director, Linda Mafu. "Our organization will focus on Zero AIDS Related Deaths, but the choice is there for others to pick a different zero or all three."

The World AIDS Campaign focus on "Zero AIDS Related Deaths" signifies a push towards greater access to treatment for all; a call for governments to act now. A demand they honour promises like the Abuja declaration and that African Governments at very least hit agreed targets for domestic spending on health and HIV in support of the human right to the best attainable level of health care for all.

It’s a global campaign that spotlights how our fundamental right to health is intrinsically and inextricably linked to other basic rights – The right to food, to shelter, to freedom, to clean water and safety. Crucial too is access to affordable life saving quality medicines free from the crippling effects of excessive profit taking. In the coming months the World AIDS Campaign will be spotlighting a range of Getting to Zero initiatives to help see an end to AIDS related deaths.

“It’s going to be amazing decision makers need to understand that people living with HIV , the marginalized, the dispossessed - all of us - want our rights.” Linda Mafu adds. “I can see all sort of events on World AIDS Day - For example, marches that end in Light for Rights type actions outside Finance Ministries where beams of torchlight shine on buildings where under spending on HIV and health cost thousands of lives.

It's time to use our imaginations and let everyone know Getting to Zero is a must."

The global HIV response is at a pivotal moment, where huge strides forward are at serious risk and current approaches are reaching their limits. Only one third of the 15 million people living with HIV in need of life long treatment are receiving it. New infections continue to outpace the number of people starting treatment, while the upward trend in resources suffered a serious downturn this year.

"Zero New HIV Infections" and "Zero Discrimination" are equally as likely to spark high impact events from small scale community vigils to nation wide events using the universally recognised shape of zeros and the power of light to get life and death issues the attention they deserve.

For December 1st 2011 right up until 2015 it's envisioned that different regions and groups will each year chose one or all of the Zeros that best addresses their situation.

The decision to go with the millennium development related goal of "Getting to Zero" comes after extensive discussions among people living with HIV, health activists, broader civil society and many others - more than a hundred organisations in all.

The vision for this year's World AIDS Day and beyond may be aspirational but the journey towards its attainment is laid with concrete milestones.

10 goals for 2015.

Sexual transmission of HIV reduced by half, including among young people,men who have sex with men and transmission in the context of sex work;

Vertical transmission of HIV eliminated and AIDS-related maternal deaths reduced by half;

All new HIV infections prevented among people who use drugs.

Universal access to antiretroviral therapy for people living with HIV who are eligible for treatment;

TB deaths among people living with HIV reduced by half;

All people living with HIV and households affected by HIV are addressed in all national social protection strategies and have access to essential care and support.

Countries with punitive laws and practises around HIV transmission, sex work, drug use or homosexuality that block effective responses reduced by half ;

HIV-related restrictions on entry, stay and residence eliminated in half of the countries that have such restrictions;

HIV-specific needs of women and girls are addressed in at least half of all national HIV responses;

Zero tolerance for gender-based violence.

 

 

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第37号(2011年9月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第37号(2011年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2011-09-29 08:48