「PrEP」および「予防としてのART」に人権尊重の指針を GNP+

(解説) 抗レトロウイルス薬のPrEP(暴露前予防投薬)というのは、HIVに感染していない人が、感染を予防するために、HIVに感染した人の治療用に開発した薬を服用することです。治療薬を感染予防にに使うという場合は、(1)HIVに感染している人が薬をのむことで、体内のHIV量を減らし、感染していない相手に対する感染リスクを下げる (2)HIVに感染していない人が感染のリスクの高い行為の直後に薬をのむことで感染の成立を防ぐ、(3)感染していない人が事前に薬をのんでおくことで感染を予防する・・・という3つのケースが考えられます。(2)は曝露後予防投薬(PEP)、(3)が曝露前予防投薬(PrEP)です。世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)は、最近になってPEP、PrEPの両方の予防効果を示す臨床試験の成果が発表されたことから、その成果は認めたうえで、限定された条件のもとでの結果をもっと広い予防効果を期待する対策として考えるんだったら少なくともこれぐらいの人権への配慮は必要ですよという見解を示しています。医療関係者が治療薬による予防に前のめりになりすぎるので、牽制球を投げたという印象もあります。そのニュースリリースの日本語仮訳です。


「PrEP」および「予防としてのART」に人権尊重の指針を
GNP+ ニュースリリース 2011年7月18日
http://www.gnpplus.net/en/news-and-events/1729-two-new-studies-confirm-antiretrovirals-can-prevent-hiv-transmission-call-for-human-rights-based-guidance-on-prep-and-art-as-prevention

【アムステルダム 2011年7月18日】 HIVに感染していない人が毎日、抗レトロウイルス薬(ARV)を服用するとHIVの感染リスクを73%まで減らせるという結果が2 つの大規模研究の途中報告で示された。ケニアとウガンダで行われたパートナーに対する曝露前投与(PrEP)臨床試験には、一人がHIVに感染し、もう一人は感染していないカップル4758組が参加している。また、TDF2臨床試験にはボツワナの男女1219人が参加した。

これらの研究はtenofovir または tenofovir と emtricitabine (Truvada) の両方で行われ、いずれもHIV陰性のパートナーが曝露前予防投薬(PrEP)を行った結果、異性間の性感染は男から女へも、女から男へも予防できることが示された。

「これらの研究の結果は、購入可能な抗レトロ ウイルス薬が予防に重要な役割を果たすことを改めて強調するものです。現在の予防への取り組みに新たな展望を開く画期的な成果です」と世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)のケビン・ムーディー国際コーディネーター兼CEO は語る。「HPTN052研究からは最近、HIV陽性者が抗レトロウイルス薬を服用することでHIV陰性のパートナーへのHIV感染のリスクを減らせることが報告されています。今度はHIVに感染していない人がARVを使って自らのHIV感染を防ぐというもうひとつの予防ツールについてエビデンスが得られたことになります」

この新しいHIV予防ツールが効果を発揮するには、費用の問題が治療へのアクセスを妨げないようにする必要がある。PrEPとしての抗レトロウイルス薬提供の費用が、治療を必要とする人のための治療プログラムの拡大を犠牲にしてまかなわれるようなことがあってはならない。さらに、PrEPの提供方法や服用者の健康状態のモニターのあり方についても、保健システムが厳しい状況に置かれているところではとくにしっかりと検討しなければならない。

HIV予防の対象となる人に対しては、それぞれの事情に応じた最も有効な予防の選択肢について十分に説明を受けたうえで判断するにはどうしたらいいか。世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)に対し、この点をしっかり踏まえた手引きを作るよう求めている。また、ARTとPrEPを必要とする人に対してサービスを提供する人向けの手引き作ることも求めている。こうした手引きの作成は、HIV陽性者およびキーポピュレーションと協力して進めるべきである。予防目的でも治療目的でも、服薬を継続していくには、抗レトロウイルス薬服用の利益とリスクに関する情報、および様々な選択肢について議論し交渉するためのスキルが不可欠である。

 HIV陰性の人が感染予防のために抗レトロウイルス薬を服用することに対しては、長期的な健康への影響に関する大きな懸念が残っている。いま公開されている研究ではtenofovirとtruvadaの毎日服用が基準になっているが、もっと用量が少ない方がいいのか、断続的な服用は効果的か、長期服用の安全性や服薬継続は改善できるのか、費用は削減できるかなどの点についてはさらに研究が必要だ。

PrEPの薬剤耐性に対する影響に関しては、まだ結論がでていない。しかし、すでにHIV陽性者と一緒に暮らしているのだということを認識しないでいれば、PrEPを行うことで耐性ウイルスはできやすくなる。このリスクをうまく管理するには、人権尊重を基本にしたHIV検査、相談、支援サービスへのアクセスを劇的に拡大していかなければならない。PrEPを受けている人は定期的に検査を受ける必要があるからだ。個人およびカップルが情報を十分に伝えられ、理解したうえで判断できるよう支援するには、より深く研究を継続していかなければならない。 

HIVへの曝露や感染が犯罪とされているところでは、HIV陽性者か陰性の人のどちらか、あるいはその両方がHIV予防のために抗レトロウイルス薬を使うことは、新規感染予防のための「責任の共有」という観点のもとに、倫理的、法的な状況を変える可能性がある。HIV陽性者やHIV感染の高いリスクにさらされている人々にとって、これ以上、差別を受けることへの恐怖を感じずに新たな予防技術を利用し、その効果を十分に引き出すには、支援的な政策や法律的環境の整備が不可欠である。





News release: Call for human rights-based guidance on PrEP and ART as prevention
Monday, 18 July 2011

Amsterdam, 18 July 2011 - Preliminary results from two large studies have now shown that a daily antiretroviral tablet taken by people who do not have HIV reduces their risk of contracting HIV by up to 73%. The Partners PrEP trial involved 4758 HIV-discordant couples in Kenya and Uganda. The TDF2 trial involved 1219 men and women in Botswana.

The studies looked at both tenofovir or tenofovir plus emtricitabine (Truvada) and found that each, when taken in advance by the HIV-negative partner as a pre-exposure prophylaxis (PrEP), can prevent heterosexual transmission of HIV from men to women and from women to men.

“The results of these studies highlight yet again the essential role of affordable ARVs in prevention. They are a major breakthrough allowing a new vision on current prevention efforts,” says Kevin Moody, International Coordinator and CEO of the Global Network of People Living with HIV. “Recently we learnt from the HPTN052 study that antiretrovirals taken by people living with HIV reduce the risk of HIV transmission to the HIV-negative partner. Now we have evidence of an additional ARV-based prevention tool that allows a person not living with HIV to protect themselves from contracting HIV.”

The full potential of this new HIV prevention tool will only be realised once cost is not a barrier to access. Provision of antiretrovirals for PrEP must not come at the expense of scaling up treatment programmes for those who do need treatment. Furthermore, consideration must be made of how to deliver PrEP and monitor the health of people taking it, especially in settings with overburdened health systems.

GNP+ calls on the World Health Organization and Joint United Nations Programme on HIV/AIDS to ensure guidance is developed and published for individuals and couples on how to make informed decisions about the HIV prevention options that work best for them, as well as guidance for those providing services to those in need to access ART and PrEP. This guidance should be developed in collaboration with networks of people living with HIV and key populations. Information about the benefits and risks involved in taking antiretrovirals, and skills to discuss and negotiate the various options, are essential for good adherence to both prevention and treatment.

Serious concerns remain about the long-term health effects for HIV-negative people when taking antiretrovirals for HIV prevention. The studies now published used standard daily doses of tenofovir and Truvada, but more research is needed to determine whether lower doses or intermittent dosing might be as effective and if they may improve long-term safety, adherence and reduce costs.

The impact PrEP might have on ARV resistance is yet to be determined, but it is likely that people unaware that they are already living with HIV will develop resistance when taking PrEP. To better manage this risk, there should be dramatically increased access to high quality human rights-based HIV testing, counselling and support services, since individuals taking PrEP will need to test on a regular basis. In-depth and ongoing research remains necessary in order to support individuals and couples to make informed decisions.

In jurisdictions where HIV exposure and/or transmission are criminalised, the use of antiretrovirals for HIV prevention by either HIV-positive or HIV-negative people, or both, potentially transforms the ethical and legal landscape in terms of 'shared responsibility' to prevent new infections. Supportive policy and legal environments are essential to enable individuals living with HIV, as well as those at risk of HIV from key population groups, to benefit from the full potential of these new prevention technologies, without fear of (further) criminalisation.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック