HIVの完治(Cure)に向けたローマ宣言

(解説) HIV/エイズ研究者やエイズ対策の専門家らが中心になってつくる国際エイズ学会(IAS)の 地球規模科学戦略「HIVのキュア(完治)に向けて」のための諮問委員会委員がイタリアのローマで開催中の第6回HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2011) の会場でHIVの完治研究の充実強化を求め、ローマ宣言を発表しました。その宣言の本文部分の日本語仮訳です。


HIVの完治(Cure)に向けたローマ宣言:主要なHIV/エイズ関係者はHIV完治研究の加速を要請
http://www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=583

 2011年は最初のエイズ症例報告から30年の節目になる。この 30年間にHIV/エイズの流行への対応は大きく進歩した。とりわけ、効果の高い抗レトロウイルス薬の開発とその普及により、何百万人ものHIV陽性者が健康な生活を送れるようになった。低中所得国ではいま、10年前の10倍を超える600万人以上が抗レトロウイルス治療を受けている。

抗レトロウイルス治療の恩恵は反論の余地もないほど大きいとはいえ、感染の状態は続いているので、治療を中止することはできない。生涯にわたる治療継続の必要性は個人にとっても、公衆衛生の面からも大きな負担である。さらに、現状では1人が抗レトロウイルス治療を開始できるようになる間に、2人が新たにHIVに感染している状態である。世界経済危機によりHIV/エイズ対策の国際資金調達が大きな圧力を受ける中で、長期的な治療拡大戦略は危機に瀕している。世界保健機関(WHO)は最近、新たなガイドラインでHIV治療をこれまでより早く開始するよう勧告しており、この課題は一段と大きくなっている。HIVに感染した患者が治療を中止できるようにする新たな治療戦略への投資は、最大限の緊急性を有する課題である。

最近のHIV研究の成果により、完治療法に対する関心が再び高まり、楽観的な見通しも生まれている。少なくとも、人体から完全にウイルスを排除しなくても、永続的にウイルスの増殖を抑え、レザバー(貯蔵庫)を縮小させるというfunctional cure(機能的完治)が実現できれば、患者の長期的な寛解につながる可能性がある。このような戦略は、個人レベルでの治療として有効なだけでなく、ウイルス量を検出限界以下に抑えることでHIV感染が劇的に減少するというエビデンスが増えていることを考えれば、人口レベルでのHIV感染予防にも、おそらく最も大きな貢献を果たしうるものだろう。それになのに、現状では治療の普及と予防戦略に付け加える追加的な研究としてしか考えられていない。

機能的な HIV完治は、科学コミュニティだけでなく、HIV/エイズ対策と国際保健に携わるすべての関係者が国際的に協力し、努力を強化していくことではじめて達成できるものである。

国際エイズ学会(IAS)の後援により、国際的に著名な医学者および関係者のグループが地球規模科学戦略「HIVのキュア(完治)に向けて」の策定に取り組んでいる。この戦略は、HIVレザバー(貯蔵庫)研究の現状、および抗レトロウイルス治療を受けている患者の体内に持続的に残るHIVを攻略するための研究の科学的な優先順位について、世界的な合意を打ち立てることを目指すものだ。

HIV完治に向けた諮問委員会のメンバーとして
・我々は、HIV感染の治療、予防戦略とエイズの流行の克服のために、安全で利用しやすく大規模に実現可能なHIV完治療法開発が重要なことを認識する。
 ・我々は、HIV完治研究の領域での国際的、学際的研究協力の活性化を約束する。
 ・我々は、他の関係者、国際指導者、組織に対し、それぞれの構想のもとで、および本声明に賛同することで、そして諮問委員会が目指す同盟を支援することで、HIVの完治研究推進への貢献を促す。

いまこそ、かつてない真剣さでHIV 完治に向けた努力を開始する時である。



The Rome Statement for an HIV Cure: Major HIV/AIDS Stakeholders Call for HIV Cure Research to be Accelerated

The year 2011 marks 30 years since the first AIDS cases were reported. During these three decades significant progress has been made in the global response against the HIV/AIDS epidemic. In particular, development of efficient antiretroviral drugs and their expanding availability have ensured that millions of people living with HIV live a healthy life. Today, more than six million people from low-and-middle-income countries receive antiretroviral treatment , a more than 10-fold increase in less than a decade

Nevertheless, while the benefit of antiretroviral treatment is irrefutable, the maintenance of a persistent infection in patients despite years of antiretroviral therapy precludes any discontinuation of treatment. This life-long requirement is both an individual and public health burden. In addition, for every person starting antiretroviral treatment, two new infections occur . In a context of global economic crisis with the resulting pressure on international funding of the HIV/AIDS response, the long-term sustainability of treatment rollout is in jeopardy. The recent change in the WHO guidelines recommending an earlier initiation of HIV treatment makes the situation even more challenging. Investments to develop new therapeutic strategies that will ultimately allow HIV infected patients to discontinue their treatment are of the utmost urgency.

Recent scientific advances in HIV research have led to a re-emergence of interest and optimism in the prospects of a cure for HIV. The development of, at least, a functional cure that, without completely eliminating the virus from the body, would permanently suppress its replication and considerably diminish viral reservoirs, possibly leading to the long-term remission of patients. Not only would such a strategy act as therapy at the individual level but, considering the growing evidence that HIV transmission is dramatically reduced in the absence of detectable viral load, it would most probably contribute to HIV prevention at the population level. Nevertheless, these efforts should come in addition to the current treatment rollout and prevention strategies.

A functional HIV cure can only be achieved through an increased and concerted international effort engaging not only the scientific community but all stakeholders involved in the HIV/AIDS response and global health.

Under the auspices of the International AIDS Society, a group of internationally recognized scientists and stakeholders is guiding the development of a global scientific strategy “Towards an HIV Cure”. The strategy aims at building a global consensus on the state of the HIV reservoirs research and defining scientific priorities that need to be addressed by future research to tackle HIV persistence in patients undergoing antiretroviral therapy.

As members of the Advisory Board of the Towards an HIV Cure:
We recognize the importance of developing a safe, accessible and scalable HIV cure as a therapeutic and preventive strategy against HIV infection and to help control the AIDS epidemic.
We are committed to stimulating international and multidisciplinary research collaborations in the field of HIV cure research.
We encourage other stakeholders, international leaders and organizations to contribute to accelerating HIV cure research through their own initiatives and/or by endorsing this statement and supporting the alliance we are building.
Now, more than ever, it is time to seriously start looking for an HIV cure.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第35号(2011年7月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第35号(2011年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2011-07-29 23:25