国連事務総長が6月のハイレベル会合に向けた進捗状況レポートで新たな提言


(解説)2001年6月の国連エイズ特別総会から10年の節目に開かれる国連エイズ特別総会ハイレベル会合(2011年6月8~10日)に向けて、準備の動きが国際的に活発になっています。ケニアのナイロビでは3月31日、国連の潘基文事務総長が記者会見を開き、会合に向けた報告書「ユニバーサルアクセスへの結束: HIV新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死者ゼロに向けて」を発表しました。そのプレスレリースの日本語仮訳です。


国連事務総長が2015年のエイズ対策目標の達成に向け、新たな提言

6月の国連エイズ特別総会ハイレベル会合に先立ち、各国がHIVサービスのユニバーサルアクセスを実現し、HIV新規感染、差別、エイズ関連死者をゼロにする目標を達成するために必要な対策について進捗状況レポートで説明
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2011/march/20110331prsgreport/


【ナイロビ 2011年3月31日】国連の潘基文事務総長が31日に発表した報告書によると、30年に及ぶエイズの流行の中で、エイズ対策への投資は成果を生み出している。「ユニバーサルアクセスへの結束: HIV新規感染ゼロ、差別ゼロ、エイズ関連の死者ゼロに向けて」と題した報告書は、世界のHIV新規感染率は低下し、治療へのアクセスは拡大し、母子感染は大きく減少していることを強調している。

2001年から09年までに、サハラ以南の22カ国を含め世界33カ国で、年間HIV新規感染数は少なくとも25%減少している。2010年末までに低中所得国のHIV陽性者600万人以上が抗レトロウイルス治療を受けられるようになった。2009年には、母子感染予防のサービス普及率は、世界全体で50%を超えている。

一方で報告書は、こうした成果は極めて心もとないものであることも強調している。1人が抗レトロウイルス治療を開始できるようになる間に、2人が新たにHIVに感染しているような状態だ。平均すると1日に7000人が新たにHIVに感染し、そのうちの1000人は子供である。国内社会基盤の脆弱さと資金不足、弱い立場の層に対する差別がHIVの予防、治療、ケア、支援サービへのアクセスを妨げる主要因となっている。

182カ国から送られたデータに基づく事務総長報告は、6月8~11日の国連エイズ特別総会ハイレベル会合で世界の指導者の検討課題となる5つの主要提言を行っている。

ケニアの首都で開かれた記者会見で潘事務総長は「この重大局面において、世界の指導者は国際的なエイズ対策の成果と課題を検討する機会を得た」と語った。「エイズ対策の劇的な変革を進め、HIV感染のない世代を目指すためには大胆な決断が必要だ」

 会見に同席した国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長は「30年に及ぶエイズの流行を経験し、私たちはいまこそ将来の成功に向けてエイズ対策の再生させなければならない」と述べた。「HIV予防と抗レトロウイルス治療の普及は大きな成果をおさめた。だが、多くの人がHIVに感染するのを防ぐには、もっと努力していかなければならない。他のいかなる時にも増して、いまこそHIV予防革命が必要なのだ」

HIV陽性の母であり、ケニアの非政府組織(NGO)「エイズと闘う女性たち」の現場コーディネーターであるレベッカ・アウマ・アウィティさんは記者会見で「ユニバーサルアクセスを実現しようという運動のおかげで、私の3人の子供はHIVに感染せずに生まれてきました。私も治療を受けているので、子供が成長する姿を見ることができます」と語った。


成果に向けて

エイズ対策の強化のために国連事務総長は報告書で以下の5つの提言を行っている。
・HIV予防革命に若者のエネルギーを活用する。
・2015年のHIV予防、治療、ケア、支援のユニバーサルアクセス達成に向け一層の努力強化をはかる。
・費用対効果が高く、効率的、効果的で持続可能なHIVプログラムの実現に各国と協力して取り組む。
・女性や少女の保健、人権、尊厳を尊重する
・エイズ対策を担う責任を相互に明確にし、約束を実行に移す。

国連事務総長はすべての関係者に対し、レポートの提言を支持し、以下の6目標実現に向けて活用するよう呼びかけた。

・若者、男性と性行為をする男性、性産業関係者らを含め、HIVの性感染を50%減らす。また、薬物使用の結果として起きるHIV新規感染を防ぐ。
・HIV母子感染をなくす。
・HIV陽性者の結核による死亡を50%減らす。
・1300万人にHIV治療を提供する。
・HIVに関連して入国、滞在、居住規制がある国を50%減らす。
・エイズの流行によって孤児になったり、弱い立場に置かれたりしている子供に教育の平等なアクセスを保証する。

HIV対策を支援するための国際資金拠出は2009年に初めて減少した。報告書は、HIV関連費用の自己負担能力がある低中所得国を含めた各国に対し、HIVプログラムへの資金拠出に高い優先順位を置くよう求めている。また、今後数年にわたり、エイズ対策に必要な資金を確保するための責務を各国が共有することの重要性を強調した。

報告書および国連エイズ特別総会ハイレベル会合のより詳しい情報はこちらから。
http://www.unaids.org/en/aboutunaids/unitednationsdeclarationsandgoals/2011highlevelmeetingonaids/



UN Secretary-General outlines new recommendations to reach 2015 goals for AIDS response
In lead-up to June High Level Meeting, progress report presents overview of efforts needed to help countries achieve universal access to HIV services and zero new HIV infections, discrimination and AIDS-related deaths


NAIROBI, 31 March 2011—Thirty years into the AIDS epidemic, investments in the AIDS response are yielding results, according to a new report released today by United Nations Secretary-General Ban Ki-moon. Titled Uniting for universal access: towards zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths, the report highlights that the global rate of new HIV infections is declining, treatment access is expanding and the world has made significant strides in reducing HIV transmission from mother to child.

Between 2001 and 2009, the rate of new HIV infections in 33 countries—including 22 in sub-Saharan Africa—fell by at least 25%. By the end of 2010, more than 6 million people were on antiretroviral treatment in low- and middle-income countries. And for the first time, in 2009, global coverage of services to prevent mother-to-child transmission of HIV exceeded 50%.

But despite the recent achievements, the report underscores that the gains are fragile. For every person who starts antiretroviral treatment, two people become newly infected with HIV. Every day 7 000 people are newly infected, including 1 000 children. Weak national infrastructures, financing shortfalls and discrimination against vulnerable populations are among the factors that continue to impede access to HIV prevention, treatment, care and support services.

The Secretary-General’s report, based on data submitted by 182 countries, provides five key recommendations that will be reviewed by global leaders at a UN General Assembly High Level Meeting on AIDS, 8–10 June 2011.

“World leaders have a unique opportunity at this critical moment to evaluate achievements and gaps in the global AIDS response,” said Secretary-General Ban Ki-moon at the press briefing in the Kenyan capital. “We must take bold decisions that will dramatically transform the AIDS response and help us move towards an HIV-free generation.”

“Thirty years into the epidemic, it is imperative for us to re-energise the response today for success in the years ahead,” said UNAIDS Executive Director Michel Sidibé, who joined Mr Ban for the launch of the report. “Gains in HIV prevention and antiretroviral treatment are significant, but we need to do more to stop people from becoming infected—an HIV prevention revolution is needed now more than ever.”

Rebecca Auma Awiti, a mother living with HIV and field coordinator with the non-governmental organization Women Fighting AIDS in Kenya told her story at the press conference. “Thanks to the universal access movement, my three children were born HIV-free and I am able to see them grow up because of treatment access,” she said.


Mobilizing for impact
In the report there are five recommendations made by the UN Secretary-General to strengthen the AIDS response:
Harness the energy of young people for an HIV prevention revolution;
Revitalize the push towards achieving universal access to HIV prevention, treatment, care and support by 2015;
Work with countries to make HIV programmes more cost effective, efficient and sustainable;
Promote the health, human rights and dignity of women and girls; and
Ensure mutual accountability in the AIDS response to translate commitments into action.

The Secretary-General calls upon all stakeholders to support the recommendations in the report and use them to work towards realizing six global targets:
Reduce by 50% the sexual transmission of HIV—including among key populations, such as young people, men who have sex with men, in the context of sex work; and prevent all new HIV infections as a result of injecting drug use;

Eliminate HIV transmission from mother to child;
Reduce by 50% tuberculosis deaths in people living with HIV;
Ensure HIV treatment for 13 million people;
Reduce by 50% the number of countries with HIV-related restrictions on entry, stay and residence; and
Ensure equal access to education for children orphaned and made vulnerable by AIDS.

As international funding for HIV assistance declined for the first time in 2009, the report encourages countries to prioritize funding for HIV programmes, including low- and middle-income countries that have the ability to cover their own HIV-related costs. It also stresses the importance of shared responsibility and accountability to ensure the AIDS response has sufficient resources for the coming years.

The report and more information about the High Level Meeting on AIDS can be found online at:
http://www.unaids.org/en/aboutunaids/unitednationsdeclarationsandgoals/2011highlevelmeetingonaids/


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第32号(2011年4月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第32号(2011年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2011-04-28 21:18