HIVと法律に関する世界委員会が、アジア太平洋地域におけるエイズ対策への法的障壁を検証


(解説) 国際的なHIV/エイズ対策の戦略目標のひとつに、有効な対策の実現を阻んでいる法規制や法執行のあり方を変えていこうという目標があります。具体的には、HIV陽性者やHIV感染の高いリスクにさらされている人たちの権利を侵害し、過度に懲罰的な規制を改めることが中心です。この目標の実現をめざし、国連開発計画(UNDP)が中心になって2010年6月に「HIVと法律に関する世界委員会」を発足させ、司法や人権の分野で著名な15人のメンバーで構成されるその委員会が今年2月17日、タイのバンコクでアジア太平洋地域の立法、行政分野の担当者やコミュニティ指導者らと会合を開きました。世界各地で予定されている一連の地域対話の最初の機会ということで、会合前日の16日にはバンコクで記者会見が行われ、プレスレリースが発表されています。その日本語仮訳です。


HIVと法律に関する世界委員会が、アジア太平洋地域におけるエイズ対策への法的障壁を検証             2011 年 2 月 16日
http://www.hivlawcommission.org/images/stories/APRD_press_release_FINAL.pdf

【2011年2月16日 バンコク】HIV感染症の最初の症例報告から30年を経てもなお、アジア太平洋地域では90%の国にHIV陽性者やHIV感染の高いリスクにさらされている人たちの権利を侵害する何らかの法律や法執行が残っている。

エイズ対策を妨げる要因を取り除く世界的な動きのひとつとして、アジア太平洋地域の政策立案者やコミュニティの代表らがHIV と法律に関する世界委員会の専門家と話し合う会合が2月17日、バンコクで開かれる。世界各地で予定されている一連の地域対話の最初の試みである。

HIVと法律に関する世界委員会は法律、人権、HIV分野で高い信頼を得ている指導者らで構成された独立の機関である。今週の対話には、22カ国から約150人が参加し、HIV陽性者を含むアジア太平洋地域のキーポピュレーションが直面する法的、社会的規制や制裁について議論する。

国連開発計画(UNDP)のヘレン・クラーク総裁は「法とその適用は人々の生命に甚大な影響を及ぼします。とりわけ社会から疎外され、力を奪われている人々が受ける影響は重大です。法律は偏見と闘い、公衆衛生を促進し、人権を保護するための強力な手段であり、この地域が経験してきた法律や立法改革、法執行と保健対策との間の正と負の相互作用からは学ぶべきことがたくさんあります」と語っている

地域内の各地で、立法および法執行がHIV予防、治療およびケアのプログラムの有効性を損ない、国のHIV 政策を妨げていることがしばしばある。たとえば、19カ国がいまも同性間の性関係を犯罪として扱い、セックスワークについても29カ国が何らかのかたちで犯罪と位置付けている。また、地域内の多くの国が薬物使用者を拘束の対象とし、いくつかのケース (アジアでは11カ国)で死刑を適用している。

バンコク会合に参加するUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は「アジア太平洋地域でも、世界全体でも、HIVサービスを必要とする人々を保護するのではなく、処罰の対象とするような法律や政策や習慣を有する国があまりにも多い。法律が正義を重んじなければ、進歩は期待できません」と語る。「人権と男女の平等を重視することは、エイズ対策だけでなく、人間 の開発全体に勝利をもたらすものです」

HIVと法律に関する世界委員会のマイケル・カービィ委員長兼技術顧問グループ共同議長は「HIV対策が有効に機能するかどうかは、HIV予防、治療、ケアの規模拡大だけでなく、最も弱い立場の人たちのためのプログラムを法的、社会的に支援する雰囲気が社会の中にあるのか、それとも妨害するのかにも大きくかかわっている。高いリスクにさらされている集団や個人に手を差し伸べるには、大胆かつ効果的な法的、政策的手段が必要です」と述べた。

HIVと法律に関する世界委員会が主催する地域会合は、UNDPとUNAIDS、それに国連アジア太平洋経済社会委員会 (ESCAP)の協力のもとに準備されてきた。2010年半ばにESCAP加盟国は、効果的なHIV対策の妨げとなる政策的、法的障壁の解消に各国が取り組むことを約束した決議66/10を採択している。

「われわれの地域が困難の克服に向け、こうした強い意志を示したことを誇りに思う」とノエリン・ヘイザー国連事務次長兼ESCAP 事務局長は話す。「決議66/10の採択により、加盟国は包括的な予防プログラム、治療、ケア、支援のユニバーサルアクセスの確保が急務であることを強調した。こうした目標を達成するには、キーポピュレーションに配慮した公正な法律と政策環境を育てていかなければならない」

編集者へのメモ。
HIV と法律に関する世界委員会は2010年6月、UNAIDS関係機関がHIV関連の法律と人権の課題について世界の議論を促す役割を果たせるようUNDPが創設した。こうした役割は、法的な環境や人権とHIVとの相互作用に関する知見の分析、HIVをめぐり権利を重視した法律と政策の必要性に関するエビデンスを踏まえた議論の促進、明確で実行可能な提言とそのフォローアップのための具体的な計画の策定などを通して実現することができる。( www.hivlawcommission.org )

委員会メンバーは以下の通り(敬称略)。ブラジル前大統領フェルナンド・エンリケ・カルドゾ(ブラジル、委員会議長)、判事エドウィン・キャメロン(南アフリカ)、アナヘレナ・チャコン-エチェバリア(コスタリカ)、チャールズ・ショベル(ニュージーランド)、シャリーン・エルフェキ(エジプト、委員会副議長)、ビエンス・ガワナス(ナミビア)、ノートルダム・キャロル・キヅ(パプア・ニューギニア)、マイケル・カービィ(オーストラリア)、バーバラ・リー(米国)、ステフェン・ルイス(カナダ)、フェスタス・モハイ(ボツワナ)、プラサダ・ラオ (インド)、シルビア・タマレ (ウガンダ)、ジョン・アンファコーン(タイ)、ミリアム・ウェレ(ケニア)


Global Commission on HIV and the Law Reviews Legal Barriers Obstructing Progress on AIDS in Asia-Pacific    16 February 2011

Bangkok, 16 February 2011—Thirty years after the first cases of HIV were diagnosed, 90 percent of countries in the Asia-Pacific region still have laws and practices that obstruct the rights of people living with HIV and those at higher risk of HIV exposure.

As part of a global drive to remove barriers to progress in the AIDS response, policymakers and community advocates will join experts from the Global Commission on HIV and the Law in Bangkok on 17 February for the first in a series of regional dialogues to be held across the world.

The Global Commission on HIV and the Law is an independent body comprising some of the world’s most respected legal, human rights and HIV leaders. At this week’s dialogue, approximately 150 participants from 22 countries will discuss and debate region-wide experiences of restrictive and enabling legal and social environments faced by key populations in the Asia-Pacific region, including people living with HIV.

According to UNDP Administrator Helen Clark, “The law and its application can have a profound impact on the lives of people, especially those who are marginalized and disempowered. The law is a powerful instrument to challenge stigma, promote public health, and protect human rights. We have much to learn from the positive and negative experiences in this region on the interactions between the law, legislative reform, law enforcement practices, and public health responses.”

Across the region, legislation and law enforcement often lag behind national HIV policies, with the result that the reach and effectiveness of HIV prevention, treatment and care programmes are undermined. For example, 19 countries still criminalize same-sex relations and 29 countries criminalize some aspect of sex work. Many countries in the region enforce compulsory detention for people who use drugs and in some cases (eleven countries in Asia) issue the death penalty for drug offences.

“In the Asia-Pacific region, and across the world, there are too many examples of countries with laws, policies and practices that punish, rather than protect, people in need of HIV services. Where the law does not advance justice, it stalls progress,” said Mr. Michel Sidibé, Executive Director of the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), who will participate in the Commission’s dialogue in Bangkok. “Advancing human rights and gender equity would not only be a triumph for the AIDS response, but for human development as a whole.”

Responding on behalf of the Global Commission on HIV and the Law, the Hon. Michael Kirby, Commissioner and Co-Chair of the Commission’s Technical Advisory Group stated “the effectiveness of the HIV response will depend not just on the scale up of HIV prevention, treatment and care, but on whether the legal and social environment support or hinder programmes for those who are most vulnerable. This requires bold and effective legal and policy measures to reach out to vulnerable communities and individuals at risk.”

The Regional Dialogue, hosted by the Global Commission on HIV and the Law, is jointly organized by UNDP and UNAIDS in partnership with the United Nations Economic and Social Commission on Asia and the Pacific (ESCAP). In mid-2010, ESCAP’s Member States passed Resolution 66/10 in which countries committed to address policy and legal barriers to effective HIV responses.

“I am proud that, in our region, we have had such strong showing of collective will to handle these difficult issues,” said Noeleen Heyzer, Under-Secretary-General of the United Nations and Executive Secretary of ESCAP. “In adopting Resolution 66/10, our Member States highlighted the urgency of ensuring universal access to comprehensive prevention programmes, treatment, care and support. A major step towards achieving these goals is to foster an equitable and just legal and policy environment, with particular regard for key populations.

Note to editors:
The Global Commission on HIV and the Law was launched in June 2010 by UNDP on behalf of the UNAIDS family to provide global leadership on HIV-related legal and human rights issues by analysing what is known about the interactions between the legal environments, human rights and HIV; fostering evidence-informed public dialogue on the need for rights-based law and policy in the context of HIV; and identifying clear and actionable recommendations with a concrete plan for follow-up. (www.hivlawcommission.org)
The members of the Commission are: former President of Brazil, Fernando Henrique Cardoso (Brazil, Commission Chair), Justice Edwin Cameron (South Africa), Ms. Ana Helena Chacón-Echeverría (Costa Rica), Mr. Charles Chauvel (New Zealand), Dr. Shereen El Feki (Egypt, Commission Vice-Chair), Ms. Bience Gawanas (Namibia), Dame Carol Kidu (Papua New Guinea), the Honourable Michael Kirby (Australia), the Honourable Barbara Lee (United States), Mr. Stephen Lewis (Canada), His Excellency Mr. Festus Mogae (Botswana), Mr. JVR Prasada Rao (India), Professor Sylvia Tamale (Uganda), Mr. Jon Ungphakorn (Thailand) and Professor Miriam Were (Kenya).

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック