2013年はクアラルンプール 医科学分野最大のHIV/エイズ会議、アジア初開催

(解説) 国際エイズ学会(IAS)は隔年で大規模な国際エイズ会議を開催する一方、その間の年には、医科学研究に焦点を当てたHIV基礎研究・治療・予防会議を開いています。国際エイズ会議よりは小規模であるとはいえ、参加者は約5000人という大会議です。来年のローマ会議の次の2013年の会議開催地がマレーシアのクアラルンプールに決まりました。そのプレスレリースの日本語仮訳です。



2013年はクアラルンプール 医科学分野最大のHIV/エイズ会議、アジア初開催
 http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/Malaysia_as_1st_Asian_host_of_worlds_largest_open_scientific_conference_on_HIV_AIDS.pdf

 【ジュネーブ 2010.11.30】国際エイズ学会(IAS)は本日、HIV/エイズ分野で世界最大の医科学会議である第7回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2013)をマレーシアのクアラルンプールで開催すると発表した。会期は2013年6月30日~7月3日で、クアラルンプール・コンベンションセンターが会場に予定されている。

 隔年開催の同会議には世界中から約5000人が参加する。世界の主要医科学者、臨床家、公衆衛生専門家、コミュニティ・リーダーたちがHIV関連の研究について最新の成果を検証し、医学の進歩を世界のHIV/エイズ対策に反映させるための貴重な機会である。

 クアラルンプール開催について、IASのエリ・カタビラ理事長は「IAS2013がマレーシアで開かれることを喜んでいる。効果の期待できない薬物政策を採用していることでHIV感染の急速な拡大を経験している世界中の多数の国にとって、HIVと薬物政策におけるマレーシア政府のリーダーシップはお手本になるものだ。マレーシアでは過去10年、政策を大きく転換し、薬物使用者はメタドンやブプレノルフィンなどの代替療法、および注射器具の交換プログラムを利用できるようになっている。IASは、マレーシア政府が抗レトロウイルス治療を必要とする国民に無料で治療の提供を約束していることも評価している。マレーシアで会議を開くことによって、世界中の参加者がそうした成功事例から学ぶことができる」と語った。

 IASのマッツ・アンランド事務局長代行は「地理的にも人口でも世界最大の地域であるアジア太平洋地域は、貧富の格差が大きく、流行のパターンも多様で、構造的かつ行動学的にさまざまなリスク要因が存在することから、HIV感染に関しては極めて大きな課題を抱えています」と語る。「こうした課題を抱えていることで、この地域の専門家たちは世界の他の地域に対しユニークな展望と貴重な経験を提供することができます。また、HIV基礎研究・治療・予防会議をクアラルンプールで開催することは、こうした専門家たちにとっても世界から集まる参加者に向けて経験を共有する貴重な機会になります」

 クアラルンプール会議は、近隣のアジア諸国の専門家がHIVに関する認識を深める貴重な機会であり、最新の医科学の成果を各分野のプロフェッショナルに伝えることになる。知識レベルにおけるこうしたインパクトと同時に、会議の参加者の90%が海外から参加することから、マレーシアには2500万ドル相当の経済効果をもたらすと見込まれている。

会議は2007年にオーストラリアのシドニー、2009年に南アフリカのケープタウンで開かれ、2011年にはイタリアのローマで開催が予定されている。


Malaysia selected as first Asian host of world’s largest open scientific conference on HIV/AIDS
November 30, 2010 – Geneva, Switzerland– The International AIDS Society (IAS) today announced the selection of Kuala Lumpur, Malaysia, as host of the 7th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2013), the world’s largest open scientific conference on HIV/AIDS. IAS 2013 will be held from 30 June to 3 July 2013 at the Kuala Lumpur Convention Centre (KLCC).

Held every two years, the IAS conference attracts about 5,000 delegates from all over the world. It is a unique opportunity for the world’s leading scientists, clinicians, public health experts and community leaders to examine the latest developments in HIV-related research, and to explore how scientific advances can – in very practical ways – inform the global response to HIV/AIDS.

Announcing Malaysia’s successful bid, IAS President Elly Katabira commented, “I am delighted that IAS 2013 will be held in Malaysia. The Malaysian government’s leadership in the area of HIV drug policy serves as a model for countries all over the world experiencing steep increases in HIV infections related to ineffective drug policy. We have seen some extraordinary policy changes in Malaysia over the last decade, where substitution therapy such as methadone and buprenorphine, in addition to syringe exchange programmes, is now available for injecting drug users. The IAS also applauds the government’s commitment to provide free HIV treatment to all Malaysians in need of antiretroviral therapy. By bringing the conference to Malaysia, our colleagues from all over the world can learn from such best practice.”

“As a region with the largest geographic area and population, dramatically varied levels of wealth, diverse epidemic patterns and a complex mix of structural and behavioural determinants of risk, Asia and the Pacific is faced with significant challenges in terms of its HIV epidemic,” said Mats Ahnlund, Acting Executive Director, IAS. “Such challenges have provided experts from the region with a unique perspective and valuable experience to share with the rest of the world, and hosting the IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention in Kuala Lumpur will provide a high profile platform for these experts to share their experience with an international audience.”

Hosting the conference in Kuala Lumpur will bring in HIV experts from neighbouring Asian countries, enhancing HIV knowledge in the area and providing regional HIV professionals with access to the latest HIV science. As well as a valuable knowledge-based impact, the conference will also benefit the region economically, as the 90% of delegates coming from overseas will generate an estimated USD25 million in economic value for the Malaysian economy.

The conference was previously held in Sydney (2007), Cape Town (2009), with the next edition to be held in Rome, Italy in July 2011.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック