米国が国家HIV/エイズ戦略(NHAS)を発表

(解説) 米国のオバマ政権が国内のエイズ対策に本腰を入れるための国家HIV/エイズ戦略(NHAS)を発表しました。これまで全米で14回もの意見交換会を開くなど、かなり広くエイズ対策に関係する人の意見を集めて策定した戦略です。取りあえずホワイトハウスの国家エイズ政策室(ONAP)のジェフリー・クローリー室長による発表文の日本語仮訳です。


国家HIV/エイズ戦略を発表
 ジェフリー・クローリー(国家エイズ政策室長) 2010/07/13 米東部時間12:45
 http://www.whitehouse.gov/blog/2010/07/13/announcing-national-hivaids-strategy

 本日、米国の国家エイズ戦略の発表に至ったことをうれしく思う。戦略発表は、オバマ大統領が国内においてHIV/エイズの流行と闘うと約束したことを再確認するものだ。

 我々がヒト免疫不全ウイルス(HIV)について最初に聞いた30年前から今日までの間に、流行は世界で3300万人以上がHIVに感染するパンデミック(世界的な大流行)に拡大した。米国では毎年約5万6000人がHIVに新たに感染し、約110万人のHIV陽性者が生活している。また、これまでに約60万人のアメリカ人がこの病気で死亡している。大胆な行動を取らない限り、感染率上昇の新たな時代を迎え、HIV陽性者を取り巻く課題もこれまで以上に大きくなることを覚悟しなければならない。

 国内のHIV感染の流行を止めるためには、改めて社会の関心を高めなければならないということをオバマ大統領は確信している。国家HIV/エイズ戦略のビジョンは簡潔である:

 HIVの新規感染はまれにしか発生せず、感染したとしても年齢、性別、人種/民族、性的指向、性自認、社会経済的な立場に関わりなく、すべての人が良質で延命効果の高いケアを何の足かせもなく受けることができる。また、偏見や差別にさらされることもない。米国はそのような場所になる。

 このビジョンを現実のものとするために、オバマ政権は国内におけるHIVとの闘いの包括的プランを発表する。戦略には3つの主要目標がある:

 ・HIV感染を減らす。
 ・HIV陽性者へのケアのアクセスを拡大し、良好な保健医療を受けられるようにする。
 ・HIVに関連した保健医療格差を縮小する。

 セベリアス長官(保健社会福祉長官)は本日、Affordable Care Act (医療改革法)による予防基金の3000万ドルが国家HIV/エイズ戦略(NHAS)の実施に向けられることを発表した。この資金はコンビネーション予防介入策の開発を助けることになる。また、サーベイランスの改良や対象を絞った検査の拡大、その他の活動にも充てられる。

 オバマ政権は発足以来、国内のHIV/エイズの流行への対応を強化するため、対策として何が正しいのかを評価し、新たなアプローチを打ち出すことを約束し、そのための多大な努力を払ってきた。国家エイズ政策室はHIV/エイズに関するコミュニティの意見交換会を全米で14回にわたって開催し、何千人もの意見を聞いてきた。ホワイトハウスのウエブサイトを通して寄せられた意見も合わせて、それらを整理し、さらに国家戦略策定を支援するため自ら会合を組織した連邦レベル、コミュニティレベルのパートナーとも協力して取り組んできた。

 戦略策定に向けて政府の多部局にまたがる会議を招集し、一般からの提言の検証、およびそれらの提言に関する科学的根拠の有無の検討を経たうえで、独自の提言も策定した。

 戦略は米国がHIVの流行と取り組むためのロードマップを提供している。米国内のHIV/エイズ対策の活動を網羅した包括的リストの作成を意図したものではなく、把握可能な成果を得るにはどうすべきかの優先順位を検討し、戦略的な行動ステップを簡潔に示す計画を作ることを目指した。

 国家HIV/エイズ戦略の発表は出発点にすぎない。この戦略を実行する任務は連邦政府のみにゆだねられるものではない。成功には、州政府、地方自治体、企業、宗教界、社会団体、科学・医学界、教育機関、HIV陽性者など社会のすべての層の関与が必要とされている。今日までに極めて多数の関係者から高いレベルの関与の申し出を受けていることを感謝したい。

 戦略やHIV/AIDSとの闘いについて詳しく知りたい方は WhiteHouse.gov/ONAP または AIDS.govをご覧ください。




Announcing the National HIV/AIDS Strategy
Posted by Jeffrey Crowley on July 13, 2010 at 12:45 PM EDT


Today, I am pleased to announce the release of the National HIV/AIDS Strategy for the United States. The release of the strategy reaffirms President Obama’s commitment to fighting this domestic epidemic.

From the time that we first heard about the human immunodeficiency virus (HIV) thirty years ago through today, HIV has become a global pandemic with more than 33 million people living with HIV around the world. In the United States, approximately 56,000 people become infected each year, more than 1.1 million Americans are living with HIV, and nearly 600,000 Americans have been lost to this disease. Unless we take bold actions, we anticipate a new era of rising infection rates and even greater challenges in serving people with HIV.

President Obama believes that we must re-focus public attention on ending the domestic HIV epidemic. The vision for the National HIV/AIDS Strategy is simple:

The United States will become a place where new HIV infections are rare, and when they do occur, every person, regardless of age, gender, race/ethnicity, sexual orientation, gender identity, or socio-economic circumstance will have unfettered access to high-quality, life-extending care, free from stigma and discrimination.

To make this a reality, the Obama Administration is launching a comprehensive plan for fighting HIV in our country. The strategy has three primary goals:

Reducing the number of new infections;
Increasing access to care and optimizing health outcomes for people living with HIV; and
Reducing HIV-related health disparities.

Today, Secretary Sebelius also announced that $30 million of the Affordable Care Act’s Prevention Fund will be dedicated to the implementation of the NHAS. This funding will support the development of combination prevention interventions. It will also support improved surveillance, expanded and targeted testing, and other activities.

Since taking office, the Obama Administration has taken extraordinary steps to engage the public to evaluate what we are doing right and identify new approaches that will strengthen our response to the domestic epidemic. The Office of National AIDS Policy hosted 14 HIV/AIDS Community Discussions with thousands of Americans across the U.S., we reviewed suggestions from the public via the White House website, we organized a series of expert meetings on several HIV-specific topics, and we worked with Federal and community partners who organized their own meetings to support the development of a national strategy.

To develop the Strategy, we convened a panel of Federal officials from across government to assist in reviewing the public recommendations, assessing the scientific evidence for or against various recommendations, and making their own recommendations for the Strategy.

The Strategy provides a roadmap for moving the Nation forward in addressing the domestic HIV epidemic. It is not intended to be a comprehensive list of all activities to address HIV/AIDS in the United States, but is intended to be a concise plan that will identify a set of priorities and strategic action steps tied to measurable outcomes.

The release of the National HIV/AIDS Strategy is just beginning. The job of implementing this strategy does not fall to the Federal government alone. Success will require the commitment of all parts of society, including State and local governments, businesses, faith communities, philanthropy, the scientific and medical communities, educational institutions, people living with HIV, and others. We are appreciative of the high level of engagement we have received from so many stakeholders to date.

Please visit WhiteHouse.gov/ONAP or AIDS.gov to learn more about the strategy and how you can get involved in the fight against HIV and AIDS.

Jeffrey Crowley is the Director of the Office of National AIDS Policy


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 米HIV/エイズ国家戦略:2020年に向けた更新版 その1

    Excerpt: (解説)米国の国家HIV/エイズ戦略が5年ぶりに改定されました。新しい戦略に関するホワイトハウス発表の7月30日付ファクトシート『FACT SHEET: The National HIV/AIDS.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2015-08-05 14:30