エイズ対策進捗状況に関する2010年事務総長報告

(解説) 2001年の国連エイズ特別総会で採択されたコミットメント宣言が約束通り守られているかどうかをチェックするため、国連総会には毎年、事務総長から報告を受け、その内容を検討して必要なら新たな提言を行うことが義務づけられています。その2010年版報告が6月9日、国連総会で行われました。UNAIDSのプレスレリースの日本語仮訳です。


 国連事務総長がエイズ対策の進捗状況を報告
http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2010/20100609_GA_AIDSreview.asp

 国連のアシャ-ローズ・ミギロ副事務総長は6月9日、潘基文(パン・ギムン)事務総長にかわり、HIV/エイズに関するコミットメント宣言の実施状況に関する2010年版事務総長報告を第64国連通常総会で行った。

 総会に義務づけられている2010年のエイズ対策検証作業の一環で、事務総長報告は、「野心的ではあるが、実現可能な一連の勧告」を行っているとしている。また、「エイズ対策とミレニアム開発目標(MDGs)との関係を強調し、その強化に向けた事例を示している」と説明している。

 2001年の国連エイズ特別総会で採択されたコミットメント宣言は、事務総長に対し、各国の宣言実施状況をまとめて毎年、国連総会に報告するよう求め、総会がその報告の検証を行うことを義務づけている。エイズ対策の課題、およびその課題の遂行を妨げる要因を検討し、対策をさらに進めていくためである。

 事務総長は報告の中で、各国政府が他の開発課題に資金を振り向けるために、エイズ対策予算を削減していることに懸念を表明し、「対策に必要な費用は巨額であるかもしれないが、不作為の費用はもっと大きくなる」と述べている。

 報告は、対策を超えるペースでHIV感染の流行が続いていることを指摘している。HIV陽性者2人が新たに抗レトロウイルス治療を始める間に5人のHIV新規感染が発生している状態だ。

 HIVプログラムへの投資が生み出す長期的な利益を認識し、各国政府および国際ドナーはHIVプログラムへの資金貢献を維持し、拡大をはかる必要があることを報告は示唆した。

 事務総長は母子保健に焦点を当てたミレニアム開発目標(MDG)5をとくに強調し、「あまり知られていないことだが、HIV感染症は世界の出産可能年齢の女性の主要な死因の一つである」と付け加えた。

 報告によると、低中所得国のうち、2007年時点で母子感染予防と抗レトロウイルス治療のサービスの普及率が50%を超えている国は5分の1しかない。

  「数年前には、母子感染をなくす可能性は理論的なものでしかなかったが、いまは世界のどこでも実践の段階に入っている」と事務総長報告は述べている。

 UNAIDSが成果目標の枠組みの優先10分野に焦点を当てるために採用している戦略アプローチを支持し、潘事務総長は「ミレニアム開発目標はバラバラにできるものではないし、互いに対立するものでもない」としている。

 ミレニアム開発目標6は2015年までにHIVの流行の拡大に歯止めをかけ、減少に転じることを目指している。しかし、国際社会がもっと積極的に取り組まないかぎり、目標を達成することはできないと報告は指摘する。

 母子感染をなくし、HIV陽性の母親と家族の健康を守るための明確な約束を行うよう報告はエイズ対策関係者に求めている。

 また、各国パートナーに対し、第2期、第3期の薬の組み合わせをもっと利用できるようにするなど、抗レトロウイルス治療が長期にわたって継続可能になる計画の策定に取り組むよう助言している。




UN Secretary-General presents progress report on AIDS response
9 June 2010

At the 64th session of the General Assembly held on 9 June in New York, Deputy Secretary-General of the United Nations Dr. Asha-Rose Migiro on behalf of United Nations Secretary-General Ban Ki-Moon introduced the 2010 report on the progress made in the implementation of the Declaration of Commitment on HIV.

As part of the 2010 General Assembly AIDS Review, Mr Ban stated that the report puts forward "a set of recommendations that are ambitious, but achievable." He said the report, "presents a strong case for strengthening the links between the AIDS response and the other Millennium Development Goals".

In 2001 the Declaration of Commitment on HIV/AIDS mandated the UN General Assembly to review and debate an annual report by the Secretary-General on progress made in implementing the declaration. Its purpose is to identify problems and constraints, and present recommendations to make further progress in the AIDS response.

Expressing concern over governments cutting back on their response to AIDS to give more to other development efforts, the Secretary-General said, "The cost [of replenishment] may be great. But the cost of inaction will be even greater."

The report noted that the epidemic continues to outpace the HIV response: for every two people starting antiretroviral therapy, five are newly infected.

Recognizing the long-term benefits that will accrue from investing in HIV programmes, national governments and international donors should sustain and increase financial contributions to HIV programmes, it suggested.

The Secretary-General put special emphasis on the fifth MDG which focuses on maternal health, adding, "What is less well-known is that HIV is one of the leading causes of death among women of reproductive age worldwide.”

The report indicated that in 2007, one in five low- and middle-income countries achieved more than 50 per cent coverage of services to prevent mother-to-child HIV transmission, as well as antiretroviral therapy.

"A few years ago, tools to eliminate mother-to-child HIV transmission were just ideas. Now they are being put into practice all over the world," Mr Ban added.

Endorsing the strategic approach taken by UNAIDS to focus on ten priority areas under its Outcome Framework, Mr Ban said, "The Millennium Development Goals are indivisible and should never be pitted against each other."

Millennium Development Goal 6 calls to halt and begin to reverse the HIV epidemic by 2015. But unless the international community dramatically accelerates its efforts, we will not meet that target, the report noted.

It called upon stakeholders in the AIDS response to make a solid commitment towards eliminating mother-to-child transmission and optimizing the health of HIV positive mothers and their families.

It also advised national partners to begin planning now for long-term sustainability of antiretroviral therapy, including addressing the inevitable increase in demand for second- and third-line drug regimens.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第22号(2010年6月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第22号(2010年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2010-06-30 12:00