ワールドカップ期間中の安全なセックス

(解説) ワールドカップの応援で世界中から南アフリカを訪れる人の数はどのくらいの数になるのでしょうか。想像がつきません。その人たちが南ア滞在中にセックスをする回数は・・・ますます、想像がつきませんが、少なくはないのでしょうね、きっと。国連合同エイズ計画(UNAIDS)が開幕3日前の6月8日に発表したプレスレリースです。この機会にセーファーセックス(より安全な性行為)の考え方の浸透をはかろうという目的もありそうです。


2010年ワールドカップ期間中の安全なセックス
 2010年6月8日
http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2010/20100608_World_Cup.asp

 2010年ワールドカップが今週金曜日に開幕するので、何万ものサッカーファンが応援のため世界中から南アフリカに集まってくる。

 HIV啓発と予防もまた、この期間の重要課題である。HIVは、とりわけ若い人たちの間では、アルコールと安全でないセックスの危険な組み合わせで広がる。

 HIVは感染防御策をとらないセックスで広がるので、コンドームはHIV感染の予防に重要である。男性用、および女性用コンドームは、HIVや他の性感染症の性感染リスクを下げるために、利用可能で、最も効果的な技術手段である。

 HIV感染のリスクを下げるために、エイズ対策関係者はコンドームが使えるように準備している。これまでに成功したキャンペーンは大会会場やホテル、バー、クラブなどでの無料のコンドーム配布を行っている。ファンの一人が語るように「コンドームは倉庫にあるより私が持っている方が有効だと思う」ということなのだ。

 コンドームはHIVの性感染を減らす予防パッケージの非常に重要な一部である。そのほかには、セックスの開始年齢を遅らせること、禁欲、パートナーの双方が感染していなければ互いに貞節を保つこと、そして性交渉の相手の数を減らすことなどがあげられる。

 UNAIDSは南アフリカ政府がワールドカップ期間中のコンドーム配布を約束したことを推奨する。我々は南アフリカ全国エイズ協議会(SANAC)とTreatment Action Campaign、AIDS Consortiumなどの市民社会グループが大会期間中、コンドームとHIV関連情報を広く送り届けるために実施する活動を支援する。

 世界全体では1日平均7400人がHIVに感染している。ワールドカップ開催国の南アフリカのHIV陽性者人口は推定570万人で世界最大である。

若者とHIV早分かり情報
・HIVに関し基礎的情報を得ている人は若者の割合は男性30%、女性19%に過ぎない。
・HIVに感染している若者の5人中4人はサハラ以南のアフリカに集中している。
・サハラ以南のアフリカでは若者のHIV陽性者の70%が女性で占められている。
・過去1年間に2人以上とセックスをしたことのある若者で、直近のセックスの際にコンドームを使用した割合は男性で37%、女性では21%である。


Safe sex during the 2010 World Cup
8 June 2010

As the 2010 World Cup kicks off this Friday, thousands of football fans will arrive in South Africa to cheer on their favourite teams.

HIV awareness and prevention is also a high priority during this time. HIV can spread particularly among young people, through the dangerous combination of alcohol and unsafe sex.

As HIV can be spread through unprotected sex, condoms are vital to protecting people from HIV infection. Male and female condoms are the most efficient, available technologies to reduce the sexual transmission of HIV and other sexually transmitted infections.

And to reduce the risk of HIV transmission, advocates count on making condoms readily available. Previously successful campaigns have included free condoms in match venues, hotels, stadiums, bars, and clubs. As one fan said, “condoms are more useful with me than in a warehouse.”

Condoms are a key component of the combination prevention package to reduce the sexual transmission of HIV. Other components include delay of sexual initiation, abstinence, being mutually faithful to each other when both partners are uninfected, and reducing the number of sexual partners.

UNAIDS commends the South African government’s commitment to distribute condoms during the World Cup. We support the efforts carried out by the South African National AIDS Council (SANAC) and civil society groups, including the Treatment Action Campaign and AIDS Consortium, to ensure that condoms and HIV information are made widely available during the tournament.

Each day, 7 400 people are infected with HIV worldwide. In South Africa, the host of this year’s World Cup, 5.7 million people are living with HIV ─ the largest number worldwide.

Quick facts about youth and HIV:
Only 30% of young men and 19% of young women have basic information about HIV.
4 out of every 5 of all HIV infections in young people are in sub-Saharan Africa.
Young women make up nearly 70% of all young people living with HIV in sub-Saharan Africa.
Only 37% of young men and 21% of young women who have more than one sexual partners in a year used a condom in their last sexual encounter.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック