国連合同エイズ計画(UNAIDS)がHIVに対する「レッドカード」キャンペーン発表

(解説) 南アフリカでサッカーのワールドカップが開幕した翌日の6月12日にUNAIDSがHIVの母子感染防止に取り組む「レッドカード」キャンペーンの発表をヨハネスブルクで行いました。そのプレスレリースの日本語仮訳です。訳してみると、6月7日に発表されている《「エイズにレッドカードを」 W杯を前に各国チーム主将がアピール》とかなり内容が重複しています。W杯開催で世界中の注目が集まっているうちに、手を変え品を変え、とにかく宣伝しちゃおうという意図があるのかもしれません。UNAIDSサイトの発表原文には、エイズに対する「レッドカード」のヴィジュアルも示されているので、そちらもご覧ください。
 http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/PressCentre/PressReleases/2010/20100601redcard.asp



国連合同エイズ計画(UNAIDS)がHIVに対する「レッドカード」キャンペーン発表
  FIFAワールドカップの場で、HIVの母子感染の根絶に向けた新たな世界規模の計画が脚光を浴びる

【ヨハネスブルク 2010年6月12日】 新たなキャンペーンは世界がHIVの母子感染防止という共通の目標に取り組むためにサッカーの浸透力を活用する。南アフリカで本日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長、国際的ミュージシャンのAkon、サッカーW杯開会式プロデューサーでUNAIDS親善大使のLebo M、UNAIDS親善大使のJimmy Earl Perry、そして南アフリカサッカー協会のKirsten Nematandani会長が発表した。このキャンペーンは、ブラジルのリオデジャネイロで2014年のFIFAワールドカップ大会が開かれるまでに、HIVフリーの世代が生まれるようにすることを目指している。

 世界全体でHIVに観戦して生まれる赤ちゃんは年間43万人に達しており、多くがアフリカに集中している。サッカーの試合時間90分の間にほぼ80人の赤ちゃんが新たにHIVに感染しているのだ。アフリカの多くの地区で、エイズ関連の病気が乳幼児や小さな子供たちの死亡原因のトップを占めている。

 UNAIDS親善大使であり、世界的に有名なサッカー選手でもあるドイツのミシェル・バラク氏、トーゴのエマニュエル・アデバヨール氏の支援で進めるこのするキャンペーンを通じ、W杯出場32チームのキャプテンに対し、「ソエトからリオデジャネイロへ、エイズにレッドカードを出し、赤ちゃんがHIVに感染するのを防ごう」というアピールに署名するよう呼びかけた。開催国南アフリカ、前回優勝のイタリアを含む18チームのキャプテンがすでに署名をすませている。


 「次のワールドカップまでに、われわれは実質的に赤ちゃんへの感染をなくすことができる」と南アフリカでキャンペーンの発表に参加したUNAIDSのシデベ事務局長はいう。「エイズに対し、永遠にレッドカードを突きつけましょう」

 お母さんと赤ちゃんの命は、HIV検査と相談、抗レトロウイルス薬の治療と予防使用へのアクセス、安全な出産法、家族計画、乳幼児の適切な栄養指導などの組み合わせによって救うことができる。

 世界全体では3340万人がHIVに感染していると推定されている。2001年以来、世界の年間HIV新規感染は17%減っている。しかし、HIV陽性者2人が新たに抗レトロウイルス治療を受けることができるようになる間に5人がHIVに新規感染しているのが現状だ。


UNAIDS launches ‘red card’ campaign against HIV
New global initiative at the FIFA World Cup shines spotlight on the elimination of mother-to-child transmission of HIV

JOHANNESBURG, 12 June 2010—A new campaign is using the power and outreach of football to unite the world around a common cause—preventing the transmission of HIV from mother to child. Launched today in South Africa by the UNAIDS Executive Director, Michel Sidibé, international musician Akon, UNAIDS Goodwill Ambassador and producer of the World Cup opening ceremony, Lebo M, UNAIDS National Goodwill Ambassador, Jimmy Earl Perry, and Kirsten Nematandani, President of the South African Football Association. The campaign aims to ensure an HIV-free generation by the 2014 FIFA World Cup to be held in Rio de Janeiro, Brazil.

Each year, an estimated 430 000 babies are born with HIV globally, the large majority in Africa. Over the course of a 90-minute football match, nearly 80 babies will become newly infected with HIV. In many parts of Africa, AIDS-related illness is the leading cause of death among infants and young children.

Through the campaign—backed by international football stars and UNAIDS Goodwill Ambassadors Michael Ballack of Germany and Emmanuel Adebayor of Togo—captains of 32 World Cup qualifying teams have been invited to sign the appeal: “From Soweto to Rio de Janeiro, give AIDS the red card and prevent babies from becoming infected with HIV.” Eighteen captains have already signed on, including host country South Africa and defending champion Italy.

“By the next football World Cup we can virtually eliminate HIV transmission to babies,” said UNAIDS Executive Director Michel Sidibé who attended the campaign launch in South Africa. “Let us give AIDS the red card permanently.”

The lives of mothers and their babies can be saved through a combination of HIV testing and counselling, access to effective antiretroviral prophylaxis and treatment, safer delivery practices, family planning, and counselling and support for optimal infant feeding practices.

An estimated 33.4 million people are living with HIV worldwide. Since 2001, there has been a 17% reduction in new HIV infections globally. However, for every two people who access antiretroviral treatment, five more become newly infected with HIV.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック