「エイズにレッドカードを」 W杯を前に各国チーム主将がアピール

(解説) いよいよサッカーW杯南ア大会の開幕が近づいてきました。注目率の高い大会は社会的課題をアピールする重要な機会でもあります。世界最大のHIV陽性者人口を抱える南アフリカの現時点における最大の課題はHIV/エイズとの闘いです。とりわけ母子感染の防止、お母さんの健康には南ア政府も国連機関も力を入れて取り組んでいます。W杯出場の各国代表チームの主将がそのためのアピールにサインしたというニュースがUNAIDSのサイトに載っていたので日本語に訳しました。先日、日本との試合で腕を骨折したと伝えられたドログバ選手も署名に参加しています。日本(ジャパン)という文字は残念ながらどこにも見つかりませんでした。




「エイズにレッドカードを」 W杯を前に各国チーム主将がアピール(2010年6月7日)
南アフリカ、ナイジェリア、フランス、パラグアイ、ウルグアイ、オーストラリア、コートジボアール、ギリシャ、セルビアの主将がHIVの母子感染予防のアピールに参加
http://www.unaids.org/en/KnowledgeCentre/Resources/FeatureStories/archive/2010/20100607_WorldCap.asp



  世界中で毎日1200人の赤ちゃんがHIVに感染して生まれている。サッカーの1試合90分の間にほぼ80人の赤ちゃんが新たに感染しているのだ。

 2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会参加国の主将たちは今後の数週間、ピッチの上ではライバルになるが、ピッチを離れればHIVの母子感染および母親の死を防ぐための世界キャンペーンを支援する仲間である。

 この計画は国連合同エイズ計画(UNAIDS)親善大使でもある国際的サッカー選手、ミシェル・バラク前ドイツ代表主将、およびトーゴのエマニュエル・アデバヨール選手が各国主将に呼びかけて実現した。

 《次のワールドカップが2014年にブラジルで開かれるまでの間、私たちは赤ちゃんのHIV感染を予防し、その母親の死を防ぐために力を合わせて闘う。このため以下のアピールを行う。ソエトからリオデジャネイロへ、エイズにレッドカードを突きつけ、赤ちゃんのHIV感染を防ごう》 母親の死と母子感染を防ぐためのワールドカップアピール。

 南アフリカのサッカーW杯開会式に出席する予定のミシェル・シデベUNAIDS事務局長は「アデバヨール、バラク両親善大使のリーダーシップに感謝したい。サッカーは世界的に高い人気を持つスポーツであり、各国代表チームのキャプテンの影響力は極めて大きい。アピールはHIV母子感染対策への関心を高め、必要な人に検査と治療を提供するための強力な助けになるだろう」と語った。

 ナイジェリアのカヌ・ヌワンコ主将は、代表チーム壮行晩餐会のゲストだったグッドラック・エベル・ジョナサン同国大統領の前で最初に署名を行った。

 バファナ・バファナと呼ばれる南アフリカ代表チームのキャプテン、アーロン・モコエナ選手は同国サッカー協会のカーステン・ネマタンダニ会長主催の激励晩餐会でアピールに署名した。FIFAのジョセフ・ブラッター会長、アフリカサッカー連盟のイッサ・ハバツ会長、2010ワールドカップ組織委員会のダニー・ジョーダンCEOも出席していた。国連開発計画(UNDP)親善大使でもあるコートジボアール代表主将、ディディエ・ドログバ選手も署名した。ドログバ選手はチェルシーの強力なストライカーであり、今年の英国プレミアリーグの得点トップである。

 大西洋を越え、ラテンアメリカではパラグアイ代表のデニス・カニザ主将、ウルグアイ代表のディエゴ・ルガーノ主将が署名した。フランスのパトリス・エブラ選手、ギリシャのギオグロス・カラグニス選手、先週の記者会見でこの計画について語ったセルビアのデヤン・スタンコビッチ選手ら欧州の主将たちも署名した。オーストラリア代表のルーカス・ニール主将も署名した。

 スター選手がこうした行動を取るのは、2008年の1年間だけでも世界で43万人の赤ちゃんがHIVに感染し、その90%はサハラ以南のアフリカに集中しているからだ。エイズ関連の疾病はアフリカの多くの国で、乳幼児や子供の最大の死因となっている。また、世界全体で見てもエイズ関連疾病は出産適齢期の女性の死因のトップである。

 母子感染予防で、各国は大きな成果をあげてはいる。低・中所得国のHIV陽性の女性のほぼ半数は母子感染を防ぐためのHIV治療を受けている。こうした努力は母子保健の改善を助け、2015年のミレニアム開発目標(MDGs)の達成に近づくものでもある。

 FIFA(国際サッカー連盟)はHIVとの闘いに参加している。ケープタウン郊外のカイリスチャにはフットボール希望センターが昨年12月、HIVなど若者が抱える課題と取り組むためにアフリカで20カ所予定されているセンターの第1号として開設された。FIFAはW杯期間中、試合中継を行うファンパークでコンドーム普及とHIV予防のメッセージを伝えるスクリーン広告を流すことにしている。

 「乳幼児のHIV感染は高所得国では実質的に防止されている」とシデベ事務局長はいう。「その手段をHIVのないアフリカ、HIVのない世界を実現するために活用する時がきた」

 「フットボールの影響力を活用すれば、今後4年間で変化を生み出すことができる」とアピールは述べている。「子供の感染がなくなるように世界中の男性、女性、家族、サッカーファンに働きかけよう」



Ahead of World Cup, national team captains appeal: “Give AIDS the red card”
7 June 2010

Captains of South Africa, Nigeria, France, Paraguay, Uruguay, Australia, Cote D'Ivoire, Uruguay, Greece, and Serbia national teams join appeal to prevent mothers from dying and babies from becoming infected with HIV.

Each day nearly 1200 babies are born with HIV worldwide—during the course of a 90-minute football match almost 80 babies will become newly infected.

Captains of the teams competing in the 2010 FIFA World Cup South Africa may be rivals on the pitch in the coming weeks, but off the pitch they are joining forces to support a global campaign to prevent mothers from dying and babies from becoming infected with HIV.

The initiative is backed by UNAIDS Goodwill Ambassadors and international football stars Mr Michael Ballack, former captain of the German World Cup team, and Mr Emmanuel Adebayor of Togo who have personally asked World Cup football team captains to sign this Appeal:

“Between now and 2014, when the next World Cup is played in Brazil, together we can stop babies from becoming infected with HIV and keep their mothers alive and thriving. Hence we appeal: From Soweto to Rio de Janeiro, give AIDS the red card and prevent babies from becoming infected with HIV.” —World Cup Appeal to prevent mothers from dying and babies from becoming infected with HIV

UNAIDS Executive Director Mr Michel Sidibé, who will attend the World Cup opening ceremonies later this week in South Africa said, “I thank Goodwill Ambassadors Adebayor and Ballack for their leadership. Through the Appeal, the global popularity of football and the prestige of team captains will help us raise awareness about the toll of HIV on mothers and babies and promote action to ensure that HIV testing and treatment services reach all who need it.”

Nigerian team captain Mr Kanu Nwankwo was the first to join up, signing the Appeal in the presence of Nigeria’s President, Dr Goodluck Ebele Jonathan who was guest of honour at the gala send-off dinner for the national team.

Mr Aaron Mokoena, captain of Bafana Bafana, nickname of the host team South Africa, signed the Appeal at a good luck dinner for the team hosted by Kirsten Nematandani, President of the South African Football Association. Mr Joseph F. Blatter, President of FIFA; Mr Issa Hayatou, President of the Confederation of African Football; and Mr Danny Jordaan, CEO of the 2010 World Cup Local Organizing Committee were also in attendance. Cote d’Ivoire team captain and UNDP Goodwill Ambassador Didier Drogba, dynamic striker with Chelsea and top scorer this year in the English Premier League, has also signed.

Across the Atlantic Ocean in Latin America, Paraguay’s captain Mr Denis Caniza, and Mr Diego Lugano, the captain of Uruguay are signatories to the appeal. European captains have also signed up, including the team captain of France, Mr Patrice Evra, Mr Giorgos Karagounis, captain of the Greek team, and Serbia’s captain Mr Dejan Stankovic, who discussed the initiative at a press conference last week. Also signed on is Mr Lucas Neill, captain of Australia’s team.

The star players are taking action because in 2008 alone, 430,000 babies were infected with HIV, 90% in sub-Saharan Africa. AIDS-related illness is the single largest cause of death of infants and young children in much on Africa, and the leading cause of death of women of reproductive age across the world.

Countries are however making progress in stemming mother-to-child transmission of HIV. Nearly half of all HIV-positive pregnant women in low- and middle-income countries receive HIV treatment to prevent the transmission of the virus to their babies. These efforts are helping to improve maternal and child health and bring us closer to achieving all the Millennium Development Goals by 2015.

FIFA (International Federation of Association Football) is playing its part in tackling HIV. The Football for Hope Centre in Khayelitsha in the outskirts of Cape Town opened its doors in December, the first of 20 such community centres that will address HIV and other key issues affecting young people across the continent. FIFA will also screen advertisements for condoms and HIV prevention messages at fan parks during the World Cup where fans can view the matches.

“HIV infections in infants have been virtually eliminated in many high-income countries,” said Mr Sidibé. “Now we must apply the tools at our disposal to create an HIV-free generation in Africa and worldwide.”

“We can make change happen in the four years to come—using the power and outreach of the game of football,” states the Appeal. “We can reach out to men and women, families and football fans worldwide to ensure that children do not become infected.”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック