米国AAAサイトより


(解説)日本のACT Against AIDS(AAA)は国内の音楽、ゲーム機業界が担うHIV/エイズ啓発キャンペーンですが、米国にも実は日本の活動とは別に、政府によるACT Against AIDS(AAA)キャンペーン啓発サイトが存在します。そのサイトには《09:30》という赤い電光数字が大きく見出しになっています。米国内の年間の推定HIV感染数から逆算すると、平均して9分30秒ごとに誰かがHIVに感染しているということを示す数字です。医療が進歩と検査の普及により、多数のHIV陽性者が抗レトロウイルス治療(ART)を受けることができる米国ですら、流行の拡大には歯止めがかかっているわけではありません。米国AAAサイトには、《Get the Facts 事実を知ろう》《Get Tested 検査を受けよう》《Delay the Onset of AIDS エイズ発症を遅らせよう》《What You Can Do あなたにできること》の4段階のメッセージが掲載されています。米国の政策がすべて正しいわけではありません。また、条件が異なるので、日本とは同列に論じられない部分もあります。その一方で、共通の課題、共通の問題点を抱えている部分も少なくありません。HIV/エイズの流行に対し、米国内ではどんな啓発のメッセージが発信されているのか。参考までに日本語要約を2回に分けて掲載します。1回目は最初の《Get the Facts》です。


9分半ごとに米国内の誰かがHIVに感染している
Act Agaist AIDS
http://www.nineandahalfminutes.org/

HIV/エイズの流行は現実です-事実を知ろう。

 いかなる流行にせよ、その流行に歯止めをかけるには、第一にその病気の流行の大きさを認識しなければなりません。HIVはいまなお、米国全体にとって大きな脅威となっています。HIV陽性者が以前より長く生きていくことを可能にする治療法があるとはいえ、エイズは依然、重大な保健課題です。驚きましたか。事実を把握してください。
・ 米国では平均すると9分半に1人、誰かがHIVに感染している。
・ 2006年には年間で推定5万6300人がHIVに感染した。
・ 米国内のHIV陽性者数は100万人を超えている。
・ この100万人のHIV陽性者の5人に1人は自らのHIV感染を知らない(HIV感染に気付かなければ、知らない間にパートナーにHIVを移すことになる)。
・ 新たな治療法があっても、HIV感染者はエイズを発症する。
・ 米国内ではこれまでに100万人以上がエイズと診断されている。
・ 米国内ではいまなお、年間1万4000人のエイズ患者が死亡している。

+HIV/エイズの流行は遠く離れたところで起きているわけではない
 米国では非常にたくさんの人がHIVに感染しています。平均すると9分半に1人が感染している計算で、感染した人だけでなく、家族や友人にも影響が及ぼすことになります。
 都市や州ごとに流行の状態は異なりますが、いくつかの集団は他の人たちよりHIVによる打撃を大きく受けています。米国では、同性愛および両性愛の男性は人種に関わりなく、最も大きな影響を受けてきました。黒人男女とヒスパニック男性も他の人種、民族集団に比べ、HIV陽性率が極めて高くなっています。
 人種はそれ自体ではHIV感染のリスク要因ではないということを理解しておくことが大切です。貧困やホームレス状態、保健へのアクセスの欠如、犯罪率、薬物使用、高い性感染症感染率などがHIV感染率を高めることになり得るのです。

+米国で9分半ごとに誰かがHIVに感染しているという推定の根拠は何か
 米疾病対策センター(CDC)は2008年、HIVの年間新規感染に関する新たな推計を行いました。その推計では、毎年5万6300件の新規感染が発生していることを示唆しています。CDCは2006年現在の推定である年間のHIV新規感染5万6300件を1年間の総分数で割って9分半という計算に達しました。(詳しくはCDCウエブサイトのHIV発生率セクション)。


あなたはHIV感染を防げる
 HIV感染は完全に予防可能であるのに、米国では9分半ごとに誰かが感染している。その誰かがあなた、あるいは兄弟、姉妹、父母、友人、同僚、隣人といったあなたの知っている人になることもあり得ます。感染のリスクを減らすために事実を知ること、HIV/エイズについてパートナーや愛する人と話をすること、HIV感染の有無を調べる検査を受けることは、すべての人にとって大切です。
 常に簡単なことではありませんが、セックスについて積極的に話をする必要があります。あなた自身を守るには、HIVがどのように感染するのか、あるいは他の人に感染していくのかを知らなければなりません。HIVは、HIVに感染している人の血液、精液、先走り液、膣液、母乳が、感染していない人の体内に入ることによって感染します。

最も一般的なHIV感染経路

・ HIVに感染した人とのセックス(肛門、膣、口)によって
・ 薬物注射使用のHIV陽性者と注射針、注射器、その他注射用具を共用することで
・ HIV陽性の女性から出産時、あるいは出産後の母乳により赤ちゃんへ

HIVおよび他の性感染症から自分を守る方法
・ 性行為の相手の数を減らすことで、HIVまたは他の性感染症の感染のリスクは下がるだろう。
・ 過去の性経験、薬物使用、HIV検査歴についてパートナーと話をする。相手を尊重する成熟した性関係には、正直さが重要な役割を果たす。
・ すべての性パートナーにHIV検査を受けるようにすすめ、その結果を報告してもらうよう確認する。
・ HIV、性感染症の検査が受けられる場所を近くに探す。そうでなければ携帯電話から郵便番号をKNOW!T(566948)にテキストする。1-800-CDC-INFOに電話をすれば検査サイト探しを手伝ってくれる。
・ STDはHIV感染のリスクを高めるので、STD検査を受ける
・ STDにかかっているのなら治療を受ける。
・ あなたが他の男性とセックスをする男性であるか、肛門性交を行っているなら、A型、B型肝炎ウイルスのワクチン接種をうける。
・ 他の人に対し、米国のエイズの流行の厳しさについて話をする。事実を把握し、自分と愛する人を守り、検査を受けることを薦める。


The HIV/AIDS Epidemic in the United States Is REAL—Get the Facts!
Before we can stop any epidemic, we first have to recognize the magnitude of the disease. HIV is still a threat across the United States. And even though there are treatments to help people with HIV live longer than ever before,
AIDS is still a significant health issue. Surprised? Get the facts:
Every 9½ minutes (on average), someone in the United States is infected with HIV, the virus that causes AIDS.
In 2006, an estimated 56,300 people became infected with HIV.
More than 1 million people in the United States are living with HIV.
Of those 1 million people living with HIV, 1 out of 5 do not know they are infected. (People who have HIV but don't know it can unknowingly pass the virus to their partners.)
Despite new therapies, people with HIV still develop AIDS.
Over 1 million people in the United States have been diagnosed with AIDS.
More than 14,000 people with AIDS still die each year in the United States.

+The HIV/AIDS epidemic isn't just happening in faraway places.
People here in the United States become infected with HIV far too often—on average, every 9½ minutes. And it changes not only the lives of those who become infected, but also the lives of their families and friends.
Even though the epidemic is different in every city and every state, some groups of people are harder hit by HIV than others. In the United States, gay and bisexual men of all races bear the greatest burden. Black men and women and Hispanic men also have very high rates of HIV compared with other racial or ethnic groups.
It is important for people to understand that race, by itself, is not a risk factor for HIV infection. Poverty, homelessness, lack of access to health care, incarceration rates, drug use, and higher rates of sexually transmitted diseases (STDs) can all increase rates of HIV.

+Where did the estimate that every 9½ minutes someone in the United States gets HIV come from?
In 2008, CDC developed new estimates for the annual number of HIV infections—which suggest that about 56,300 new HIV infections occur each year. This estimate is a national average. CDC arrived at the 9½ minutes figure by dividing the number of minutes in one year by the 56,300 new HIV infections that were estimated for 2006. This result indicates that, on average, one new HIV infection occurs every 9.34 minutes in a year. For more information on the 56,300 estimate visit the HIV Incidence section of the CDC HIV Web site.

You Can Prevent HIV
Although HIV infection is completely preventable, every 9½ minutes, someone in the United States is infected with the virus. That person could be you—or someone you know—your brother, sister, father, mother, friend, co-worker, or neighbor. It is important for everyone to get the facts, talk about HIV/AIDS with partners and loved ones, reduce risk behaviors, and get tested to learn their HIV status.
It's not always easy, but we all must be willing to talk about sex. To protect yourself, you need to understand how a person gets HIV or passes it to someone else. HIV can be passed on when blood, semen (cum), pre-seminal fluid (pre-cum), vaginal fluid, or breast milk from a person who has HIV enters the body of a person who does not have HIV.

The most common ways that HIV is transmitted from one person to another.
By having sex (anal, vaginal, or oral) with a person who has HIV infection;
By sharing needles, syringes, or other injection equipment with a person who injects drugs and has HIV; or From women with HIV to their babies before or during birth, or through breast-feeding after birth.

Other ways you can protect yourself from getting HIV and other STDs.
Reduce your number of sex partners; this will reduce your risk of getting HIV as well as other STDs.
Have ongoing and open discussions with your partners about their sexual histories, drug use, and HIV testing behaviors; honesty plays a key role in respectful, mature sexual relationships.
Encourage all sexual partners to get tested for HIV and make sure they tell you the results.
Locate an HIV and STD testing site near you or from your mobile phone, text your zip code to KNOWIT (566948). You can also call 1-800-CDC-INFO for assistance in locating a testing site. Get tested for STDs that could put you at greater risk for becoming infected with HIV.
If you have an STD, get treatment.
If you are a man who has sex with other men or if you engage in anal sex, get vaccinated against hepatitis A and B viruses.
Tell others about the severity of the HIV epidemic in the United States—encourage them to get the facts, protect themselves and those they love, and get tested.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック