「普遍的アクセスと人権」 世界エイズキャンペーン2009~10テーマ


(解説) 世界エイズキャンペーン(WAC)は、“Stop AIDS. Keep the Promise”のスローガンのもとにHIV/エイズ分野のキャンペーンを推進するための国際的市民社会組織です。世界エイズデーのキャンペーンも以前は国連合同エイズ計画UNAIDS)が主体になって進めていましたが、いまはWACが中心になっています。WAC自身が実施主体というのではなく、各国の国内キャンペーンや、アフリカ、アジアなどの地域レベルのキャンペーン、さらに国際的なキャンペーンなどを支援し、世界各地でどんなことが行われているのか情報を収集、提供するような役どころですね。そのWACの2009~10年のキャンペーンテーマは「普遍的アクセスと人権」です。なぜいま、このテーマなのか。それを説明した文書を日本語に訳しました。



2009-10年の世界エイズデーのテーマに関する背景説明(Denis Burke)
                    2009年8月10日
http://www.worldaidscampaign.org/en/Universal-Access-and-Human-Rights

 世界エイズキャンペーンは、さまざまな関係者やパートナー組織のコミュニケーション・メディア担当者、世界エイズキャンペーンの支援者らとの緊密な協議の結果、「普遍的アクセスと人権」をテーマに選ぶことになった。

◇このテーマが生み出すもの

 キーポピュレーションへの関心を高める可能性
 人権を取り巻く課題に取り組む動きの促進
 人権というテーマを普遍的アクセス実現のための包括的アプローチに活用
 
 人権の枠組は新たな対話を可能にし、知る権利、治療を受ける権利、差別を受けない権利、健康への権利などさまざまな課題をあわせて考えることができるようになる。

 人権と普遍的アクセスはさまざまな要素が相互に補完しあう広範で包括的なテーマである。

 人権に関し、国際的な合意を得ている協定と定義は、政府を巻き込んだ協力体制を確立していくうえで大きな基盤となる。


◇なぜいま、このテーマなのか

 2010年はミレニアム開発目標実現に向けた節目の年であり、2010年末までに必要なすべてのケアへのアクセスを実現するとの目標に向けて、何が実行でき、何ができなかったのかを高いレベルで検証することが重要だ。最近の世界の経済的苦難により、各国政府は厳しい判断を迫られている。そうした中で、世界エイズデーは必要なケアに対する普遍的アクセスの重要性を強調する大切な機会である。

 予算の制約からHIVとエイズの治療プログラムを縮小したり、廃止したりする動きはすでに警戒すべきレベルに達している。今回のテーマは、人権侵害とHIV感染率との関係を理解する大事な機会を提供するものでもある。すべての人に予防、治療、ケア、支援の普遍的アクセスを実現することは、現在および近い将来、いかにしてHIVと闘うのかという問題と切り離すことのできない基本的な人権課題である。ミレニアム開発目標の評価の観点からすると、すべての人に治療のアクセスを確保するというメッセージは、世界的なHIVとエイズ対策のアプローチと完全に歩調を合わせた課題なのだ。

 今回のテーマは、社会から無視されがちなコミュニティの中でも最もスティグマや排除の対象になりやすいを集団の苦境を訴える機会でもある。権利を重視するアプローチは、人権に対する理解を深め、人権関連の国際合意や国際法への信頼性を高める他のキャンペーン領域(たとえば、食の権利)では強化が図られてきた。

人権というテーマは、平等の原則や人間の価値に関する物語や実際の事例紹介を通して力強く伝えることができる。

 人権のアプローチは包括的で、治療、予防、ケア、支援の普遍的アクセスの実現に必要な対策と直接的に結びついている。

 普遍的アクセスと人権を関連づけることは、すでに人権の尊重を約束している世界の指導者の前にHIVの診断と治療を取り巻く課題を示すことになる。

 2010サッカーW杯は南アフリカで開催されるので、エイズの流行に深刻な影響を受け、今後も受け続けることになる国に世界中から観客と報道陣が集まってくる。

 2009年は子供の権利条約20周年だった。

 この節目は、HIV/エイズに関連した権利も含め、子供の権利保護を強調する重要な機会である。

◇真に世界規模のキャンペーン

 最大限の効果をあげるために、世界エイズ・キャンペーンとそのパートナーは12月1日の24時間、世界中のイベントを支援し、広報する。

 しかし、もちろん、それだけではない。ICAAP、G20、子供の権利条約記念会議など近々に開催されるイベントも視野においている。

 われわれは12月1日に向けて勢いを持続させるためのアイデアを募っている。すでに実施しているアイデアのひとつは、はがきの活用だ。南アフリカでは、普遍的アクセスと健康への権利を守るという国際的な約束を果たすよう保健大臣宛てにはがきを書いて投函するよう広く社会に呼びかけ、すばらしい成功を収めた。このお知らせは毎月1日に更新し、皆さんからのフィードバックを歓迎している。




Background to World AIDS Day theme 2009-10
Denis Burke        10/08/2009 3:40 pm

The World AIDS Campaign arrived at the selection of the theme Universal Access and Human Rights after close consultation with representatives of various constituencies, communications and media representatives of partner organizations, and friends of the World AIDS Campaign.


Some opportunities presented by this theme

The possibility to draw attention to key populations
To be part of the current momentum around the issue of human rights
To take advantage of the theme of human rights as a comprehensive approach that ties directly to universal access

The language and framework of human rights makes new dialogue possible, and pulls together many issues including the right to information, right to treatment, non- discrimination as well as the right to health.

Human rights and universal access are very broad and encompassing themes that complement each other when combined.

Internationally agreed conventions and definitions of human rights are a solid advocacy base, particularly in interacting with governments.


Why is the theme timely?

2010 will be a milestone for the Millennium Development Goals- encouraging high level review of what has, and has not, been accomplished in the aim to achieve access for all to essential care by 2010.The world’s current economic woes are forcing governments to make some painful decisions. World AIDS Day is an important opportunity to emphasise the critical need for universal access to essential care.

There have already been alarming instances of HIV and AIDS treatment programs being curtailed or shut down due to budgetary restrictions. The theme presents an opportunity to make understood the links between violations of human rights and HIV infection rates. Our message is that access for all to prevention, treatment, care and support is a fundamental human right that is impossible to decouple from the discussion of how we tackle HIV and AIDS now and in the future. In light of the approaching assessment of the Millennium Development Goals, the message that access to treatment for all is essential in how we approach HIV and AIDS globally is completely entwined

This theme offers a good opportunity to highlight the plight of the most stigmatised and marginalised within communities who are often neglected. Rights- based approaches are being strengthened in other campaign areas (e.g. there is a growing focus on the Right to Food) which helps to raise awareness about human rights and its language; and gives more credence to the international agreements related to human rights and their precedence in international law.

The theme and needs of human rights can be powerfully articulated through contextual stories and real life case studies to principles of equality and the value of all human beings.

The human rights approach is comprehensive, tying directly into the response needed for universal access to treatment, prevention, care and support.

Linking Universal Access to Human Rights helps bring the HIV diagnosis and treatment issues into existing fora and before world leaders who are already committed to pursuing a human rights agenda.

South Africa will host the 2010 FIFA World Cup bringing visitors and reporters from across the globe to a country that has been, and continues to be, deeply affected by the AIDS epidemic.

2009 marks the 20th anniversary of the Convention on the Rights of the Child.

This anniversary is a special occasion lending weight to the need to protect the rights of children- including their rights relating to HIV and AIDS.

A Truly Global Campaign
In order to ensure maximum impact- the World AIDS Campaign and its partners intend to encourage, assist, and publicise events around the world spanning the 24-hour time zone on December 1st.

But of course we can all do more than that. Key events coming up include ICAAP, the G20, Rights of the Child anniversary and many more.

We want to hear your ideas to help build momentum leading up to December 1st. One idea we have already tested is the use of the postcards. They have so far been remarkably well received in South Africa where we have asked members of the general public to fill them in and post them to the Health Ministry urging it to live up to its international commitments on Universal Access and the right to health. We will update this bulletin at the start of each month and we welcome your feedback.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック