第98回フォーラム案内 ユニバーサル・アクセスへの長い道

エイズ&ソサエティ研究会議第98回フォーラム
「ユニバーサル・アクセスへの長い道」
=世界のHIV/エイズ最新情報・国際会議レポート=

◎日時:2009年12月10日 午後6時30分~8時
◎場所:ねぎし内科診療所
・東京都新宿区四谷三丁目9番地 光明堂ビル5階
・行き方:東京メトロ丸の内線四谷三丁目駅1番出口 徒歩3分
・地図: http://www1.odn.ne.jp/negishi-naika/basho.html
◎主催・問合せ:(特活)エイズ&ソサエティ研究会議 プロジェクトRING
・東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル2F アフリカ日本協議会気付
・電話:03-3834-6902, Fax:03-3834-6903, メール:info@ajf.gr.jp
・担当:稲場雅紀、小川亜紀
・会費 1000円(資料代ほか)


◎2006年、世界は新たなエイズ対策の目標を掲げました。「2010年までに、HIV治療・予防・ケアへの普遍的アクセスを実現する」:世界のHIV陽性者たちや、HIV/エイズに取り組む人々はこの目標に大きく勇気づけられました。


◎それから4年、来年がその「期限の年」になります。世界はこの目標に向けてどう取り組んでいるのでしょうか。実現は間近なのでしょうか。一方、「世界経済危機」以降、世界はエイズ対策にしっかりを資金を拠出し続けているのでしょうか。10月にモスクワで行われた東欧・中央アジア地域エイズ国際会議、11月にエチオピアの首都アディス・アベバで行われた世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)理事会に出席してきた若手国際派エイズ・アクティヴィスト、小川亜紀氏が報告します。


◎また、UNAIDSが11月末に出した新たなHIV/AIDS国際統計について、(特活)エイズ&ソサエティ研究会議副代表、樽井正義氏(慶應義塾大学教授)が報告します。世界のエイズ問題の最新情報と展望をつかみたい方、ぜひともご参加ください。

==============
◎プログラム
・UNAIDS最新疫学統計についての報告:樽井正義氏
・東欧・中央アジア地域エイズ国際会議、世界基金第20回理事会報告:小川亜紀氏
 (聞き手:稲場雅紀)
・質疑・応答
==============

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック