メディアステートメント IAS2009


 (解説) ケープタウンで開かれていた第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2009)は最終日にメディアステートメント(メディア向け声明)を発表して閉幕しました。各国代表がなにかを取り決めるという性質の会議ではないのですが、世界の研究者がこれだけ集まったのだから、社会に向けたメッセージを成果文書として発信しておきたいということでしょうか。
 ここ数年、国連などの保健関係の会議では、保健対策の資金がエイズ対策にばかり注がれているとか、個別の疾病対策より全体的な保健基盤の強化に資金を振り向けるべきだといった議論が盛んに仕掛けられています。それがあたかもエイズ対策にお金を使いすぎといった不当なイメージを形成することにもなりかねない。そうした懸念はエイズ対策の最前線にいる人たちが常々、感じているところです。
 一方で、エイズ対策だけうまくいけば、ほかの保健課題はどうなっても構わないといったようなことを考えている研究者もいません。とりわけ途上国では脆弱な保健システムの強化がはかられなければ、エイズ対策だけがうまく機能するなどということはあり得ない。そのことも現場にいる人たちは痛いほど感じています。
 いかにエイズ対策が全体の保健システムの強化に貢献しているのか。今回のメディアステートメントが過剰に思えるほどこの点を強調しているのは、個別疾病対策(垂直的な対策)か保健システム強化(水平的対策)かの水平垂直論争が背景にあるからでしょうね。もちろん、水平か、垂直かの二者択一ではなく、そのバランスが大切だねというところに議論は集約していくのですが、そうなれば今度は、じゃあ、その適切なバランスとはどんなバランスだという話も出てきます。そのあたりを踏まえつつ、読んでいくと、なかなか味のあるステートメントですね。

 メディアステートメントの原文は http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/Leveraging%20HIV%20Investments%20for%20Health%20Women%20and%20Kids%20%2822%20July%20FINAL%29.pdf



 メディア・ステートメント
 エイズに関する国際科学会議の結論
 HIV対策が女性や子供を含む他の保健対策に重要な利益をもたらす根拠を研究者らが強調
 エイズ対策を投資をモデルに保健システム強化への追加的支援を行うよう科学者らが要請

 (2009年7月22日 南アフリカ・ケープタウン) 第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2009)の本日の結論として、国際エイズ学会は、HIV対策への投資が乳幼児死亡率や結核発生率の低下、女性に対する保健サービスのアクセスの改善、保健システムの基盤強化などに貢献していることを示す根拠が得られたことを歓迎する。
 
 10年前には、HIVプログラムに使える資金は世界全体でも10億ドル以下だった。2009年にはそれが140億ドルに増えている。こうした投資はHIVの流行との闘いに大きな利益を還元した。現在は治療を受け、生存している400万もの人が、その投資がなければ死亡していただろう。このことはとりわけ重要だ。新たにHIVに感染する人の数は、予防対策の成果もあって、ピークを越えていることをデータが示唆している。加えて、この会議で示された新たなエビデンスによれば、大規模な治療の普及は、ケアを受ける個々の患者の生命を助けるだけでなく、ウイルス量を減らし、したがって感染しやすさを抑えることになるため、その結果として流行の抑制が可能であることもまた示唆されている。

 今回の会議、およびロックフェラー財団と世界銀行がスポンサーとなった保健システム強化に関するIASの2日間の関連会合では、HIVプログラムの規模拡大は他の分野でも保健環境を改善し、保健基盤全体の強化につながることを示唆するエビデンスも示された。この点も重要である。

 HIVに関する投資の結果として、診療所や病院が再び活性化し、検査および診断能力が強化され、保健医療従事者が増え、勤労意欲も大きく高まっている。

 過去5年間のARTの拡大は、HIV陽性率の高い多くの貧困国で「圧力弁」となってきた。以前なら資源の乏しい地域では、病院のベッドも診療所も、日和見感染症と終末期のケアのための集中的な管理が必要なエイズ患者でいっぱいだった。医師や看護師は過労で意欲も失われがちだった。多くの国の保健システムが、エイズケアで他の保健課題に手が回らない状態だった。最近はHIV分野への投資とその結果もたらされたエイズ発症率、死亡率の低下により、他の保健課題に資金を振り向けることができるようになっている。

 コロンビア大学のワファ・エルサドルが会議で強調したように、HIVの感染と発症のメカニズムは非常に複雑なため、その治療や研究のために整えられた基盤は、他の疾病対策にも広く応用することができる。たとえば、HIVは個人だけでなく家族にも影響を与える;検査室でのモニタリングや安全な薬剤の提供、高いレベルでの服薬継続が求められる;HIV感染の流行は偏見や差別と結びついている;治療も予防も緊急の対応と長期の努力の両方が求められる・・・といった課題への対応はその点で重要である。

 「HIVプログラムは、資金の限られた状況下で大規模な慢性疾患プログラムが成功をおさめた歴史上初の事例である。われわれはこの成功をレバレッジ(てこ)にして他の保健課題の再生と拡充をはかることができる」とエルサドルは述べた。

 HIVへの投資が他の保健課題にもレバレッジ(てこ)となって利益をもたらした例としては以下のようなものがある。

 1 東ウガンダでは、HIV/エイズ対策のサービスの増大はHIVとは関係のない乳幼児死亡率を83%も低下させ、おそらくは孤児になる子供の数を90%減らした。(Mermin J, Were W, Ekwaru JP, et al. The Lancet, 2008)

 2 南アフリカのクワズルナタル州の農村地域では、2001年の母子感染予防策と2004年の抗レトロウイルス治療(ART)の導入により、2歳以下の子供の死亡率が57%低下したことが確認され、保健サービス改善の効果が人口レベルで現れている。(Ndirangu J, Bland R, Newell M-J. IAS 2009, abstract WEAD105)

 3 ハイチとルワンダでは、妊娠、出産時のケアやワクチン接種、性感染症のスクリーニングなどHIV以外の保健サービスの利用の増加が記録されている。(Walton DA, Farmer PE, Lambert W, Leandre F, Koenig SP, Mukherjee JS. J of Health Policy, 2004)


 4 HIV治療を受けている女性は医療保健施設で出産する傾向が強いことがエビデンスとして示されている。メンタル・ヘルスのサービスが充実している国の方が、HIVの母子感染防止策だけでなく、母子保健全般および子供の生存のためのサービスを支援するプログラムがはるかに良く運営、維持されている。(2003-2007 Research and Demographic and Health Surveys from Cote d’Ivoire, Rwanda, Ethiopia, etc. cited by Rene Ekpini at IAS 2009)

 5 ほとんどの国で主な母子保健介入策のカバー状況は2004年以降、明確な停滞を示すことなく着実に改善している。(World Health Organization: Report on the 3rd Expert Consultation on Maximizing Positive Synergies between Health Systems and Global Health Initiatives. October 2008.)


 6 ボツワナでは、国内予算と国際援助資金の両方を活用し、HIV/エイズプログラムの実施に力を入れて取り組んできたことで、この数十年間ではじめて、乳幼児死亡率が減少し、平均余命が延びた。 (Stoneburner R, Montagu D, Pervilhac C, et al. 16th International AIDS Conference, Toronto, abstract THLB0507)

 7 南アフリカのHIV陽性率が高く、資金がきちんと確保された結核プログラムが実施されているコミュニティにおける研究では、抗レトロウイルス治療の普及により、結核対策も進展し、HIV陽性者がARTを受ける際に結核が確認されるケースが年間で75%以上と大きく減少している。 (Middelkoop, K, Wood, R, Myer, L, Sabastian, E, Bekker L-G. IAS 2009 abstract CDB041)

 HIVへの投資はまた、より広範な保健需要に応えるための保健労働力の拡充という点で革新的な改善につながっている。例えば、MSF(国境なき医師団)による看護師主導のサービス提供プログラムは南アフリカのレソトなどで大きな成功をおさめており、他の地域でも応用できるよう分析を進める必要がある。

 「こうしたHIVに関する世界的な動きの結果として、保健支出全体(とりわけ結核、マラリアなど感染症の支出)が増加し、保健分野の労働力もより充実し、人権や社会問題、平等に関する課題などがプライマリーヘルスケアの最前線で扱われるようになった。保健環境と保健システム強化の必要性について、世界が協力して取り組む雰囲気も生まれている」とクワズル・ナタル大学の保健経済とHIV/エイズ研究部長でIAS理事でもあるアラン・ホワイトサイド教授は語る。「われわれはまた、公衆衛生プログラムやサービスに関し、説明責任と有効性の確保の面で大きな改善がはかられていることも目撃している」

 保健システムの拡大再建に関し、いまなお数多くの課題が残っていることは、疑う余地もない。将来を見据え、会議参加者は、各国政府が非政府組織や当事者コミュニティと協力しつつ、保健医療サービスの分野での指導力と責任を担えるようにするため、HIVプログラムと国際保健に対する投資をどのように活用したらいいのかを話し合った。

 「これまでの研究に基づき、HIVに対する投資に関してケープタウンで示されたエビデンスは、レバレッジ(てこ)の役割を果たし母子保健へも利益をもたらすものだ」とIASのフリオ・モンタネール会長は述べた。「このようにして、ミレニアム開発目標4、5、および6-子供の死亡率を引き下げ、母親の保健状況を改善し、HIVと闘う-は相互に影響を及ぼしつつ、常に協力していくことで実現を目指さなければならない」


 


MEDIA STATEMENT
At Conclusion of Major International Scientific Meeting on AIDS,
Researchers Highlight Evidence of Important Benefits from HIV Investments
for Other Health Conditions, Including Those Affecting Women and Children
Scientists Urge Support for Additional Investments to Strengthen Health
Systems, Using Recent AIDS Investments as a Model
(Cape Town, South Africa – 22 July 2009) – At today’s conclusion of the 5th
IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2009) the
International AIDS Society welcomed evidence illustrating how investments in
HIV have contributed to reductions in infant mortality and TB incidence,
improved access to health services for women, and expanded health systems
capacity.

Ten years ago there was less than US$1 billion available for HIV programmes
globally. By 2009, there is US$14 billion available. These investments have
generated substantial returns in addressing the HIV epidemic -- in
particular, four million people who would otherwise be dead are now on HIV
treatment and alive. Data suggest that the number of new infections has
peaked, due in part to successful prevention efforts. In addition, new
evidence presented at this conference suggests that treatment on a large
scale can not only save the lives of individual patients receiving care, but
also curb the epidemic by reducing viral loads and thereby infectiousness.

Importantly, the conference -- as well as an IAS two-day meeting on health
systems strengthening, sponsored by the Rockefeller Foundation and the World
Bank, in conjunction with IAS 2009 -- also presented evidence suggesting
that the scaling up of HIV programmes can lead to improvements in outcomes
related to other health conditions and bolster health care infrastructure
overall.

 As a result of investments in HIV, clinics and hospitals are being
refurbished; laboratory and diagnostic capacity is being strengthened;
additional cadres of health workers are being mobilized; and morale among
health workers is greatly lifted.

The scale-up of ART over the past five years has also served as a “pressure
valve” for many poor countries with high seroprevalence. Previously,
hospital beds and clinics in resource-poor settings were overwhelmed by AIDS
patients requiring extensive management for opportunistic infections and
end-of-life care. Doctors and nurses were overworked and de-motivated. AIDS
care displaced other health issues from many health systems. Recent
investments in HIV and the resulting declines in morbidity and mortality
have freed up resources for use on other health priorities.

As Wafaa El-Sadr from Columbia University highlighted at the conference, the
complex nature of how HIV is transmitted and manifested has required the
creation of infrastructure that is appropriate to address other diseases and
conditions. For example, HIV affects families, not simply individuals; it
requires laboratory monitoring, a secure drug supply and high levels of
retention and adherence; HIV is associated with stigma and discrimination;
and both treatment and prevention are acute and chronic endeavors.

“HIV programmes represent the first successful large-scale chronic disease
programmes in resource-limited settings in history. We can leverage their
successes to revitalize and enhance responses to other health priorities,”
said El-Sadr.

Specific examples of how HIV investments have leveraged other health
benefits include:

1. In Eastern Uganda, the increase in services for HIV/AIDS was accompanied
by a reduction in non-HIV infant mortality of 83%, possibly attributed to
the 90% reduction in children being orphaned. (Mermin J, Were W, Ekwaru JP,
et al. The Lancet, 2008)

2. In a rural region of KwaZulu-Natal Province in South Africa, following
the introduction of prevention of mother-to-child transmission (PMTCT)
services in 2001 and antiretroviral therapy (ART) programmes in 2004, a 57%
reduction in the under age-2 child mortality rate was observed, showing a
population-level effect of improved health services. (Ndirangu J, Bland R,
Newell M-J. IAS 2009, abstract WEAD105)
 
3. In Haiti and Rwanda, Partners in Health documented increased use of
non-HIV related health services, including antenatal care, delivery of
newborns in healthcare settings, increased vaccinations and screening for
sexually transmitted infections. (Walton DA, Farmer PE, Lambert W, Leandre
F, Koenig SP, Mukherjee JS. J of Health Policy, 2004)

4. Evidence shows that women being treated for HIV are more likely to
deliver children within health facilities. Countries that have strong
maternal health services have been much more capable of managing and
maintaining programmes that support overall maternal health and child
survival and not just PMTCT. (2003-2007 Research and Demographic and Health
Surveys from Cote d’Ivoire, Rwanda, Ethiopia, etc. cited by Rene Ekpini at
IAS 2009)

5. In most countries, coverage of key maternal and child health
interventions has continued to improve at a steady pace with no clear
evidence of a slow down since 2004. (World Health Organization: Report on
the 3rd Expert Consultation on Maximizing Positive Synergies between Health
Systems and Global Health Initiatives. October 2008.)

6. Botswana had its first decline in infant mortality and increase in life
expectancy in decades as the country focused on implementing HIV/AIDS
programmes using both domestic and international resources. (Stoneburner R,
Montagu D, Pervilhac C, et al. 16th International AIDS Conference, Toronto,
abstract THLB0507)


7. A study in a South African community with high prevalence of HIV and a
well-functioning TB programme found that the rollout of antiretroviral
therapy was associated with improvements in TB, with substantial declines
(over 75%) in annual TB notifications among those who are HIV positive when
receiving ART. (Middelkoop, K, Wood, R, Myer, L, Sabastian, E, Bekker L-G.
IAS 2009 abstract CDB041)

Investments in HIV have also led to innovative improvements to expand the
health workforce to meet the broader health needs of communities. For
example, MSF programmes with nurse-driven management of service delivery
programmes have shown significant successes in places like Lesotho and South
Africa and need to be analyzed for replication in other settings.

“As a result of this global momentum on HIV, overall health expenditures
have increased (notably for TB, malaria and infectious diseases), the
overall health workforce has become more innovative, human rights, social
determinants, and issues of equity are now at the forefront of primary
health care, and there is global solidarity around health conditions and the
need for strengthened health systems,” said Prof. Alan Whiteside, Director
of the Health Economics and HIV/AIDS Research Division (HEARD) at the
University of KwaZulu-Natal and IAS Governing Council member. “We are also
seeing improved accountability and effectiveness of public health programmes
and services.”


There is no doubt that challenges remain for enhancing the build-up of
health systems. Looking ahead, meeting participants discussed how
investments in HIV programmes and global health should aim to empower
governments to demonstrate leadership and stewardship of health care
services in their own countries, in partnership with nongovernmental
organizations and affected communities that have paved the way in many
areas.

“Evidence presented here in Cape Town builds on earlier studies
demonstrating that targeted investments in HIV are leveraging additional
benefits to maternal and child health,” said IAS President Julio Montaner.
“In this way, the Millennium Development Goals 4, 5 and 6 – to reduce child
mortality, improve maternal health and combat HIV – reinforce one another
and must always be pursued in tandem.”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック