アフリカはHIV対策の入口に立っている IAS2009レリース3


(解説) IAS2009の3日目のプレスレリースです。南アでの治療アクセスの状況、超多剤耐性結核とHIV対策、予防への治療の応用などが議論されています。また、前日の特別セッションで米国の新たな地球規模エイズ調整官、エリク・グーズビー博士が講演したことも紹介されています。
 プレスレリース原文は http://www.ias2009.org/admin/images/upload/780.pdf


アフリカはHIV対策の入口に立っている
 南アフリカにおけるHIV感染の流行に焦点
 治療のアクセスは拡大しているが、なお数百万の人が必要な治療を得られずにいる
 
(2009年7月21日 南アフリカ・ケープタウン) 南アフリカのクワズル・ナタル州における超多剤耐性結核菌(XDR-TB)とHIVの免疫コントロールの研究は、世界で最も大きくエイズの流行の影響を受けている国で開かれた第5回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2009)の戦略的位置を浮かび上がらせた。5000人を超える研究者、臨床医、コミュニティ指導者らが参加した会議の火曜日の全体会合では、HIV感染予防のための医学的介入に関する研究のまとめや、経済後退の影響が懸念される中での長期的なHIV対策への資金確保などの課題も取り上げられた。会議は7月19日から22日までケープタウンで開かれている。

 「ダーバンで開かれた第13回国際エイズ会議は、貧しい人々に対し、豊かな人々と同じようにHIVの治療のアクセスを確保すべきだという要求を最初に掲げた会議だった。そして、アフリカ大陸がHIVの流行との闘いの戸口に立っているいま、IASが南アフリカに戻ってきた」とIAS2009の地元組織委員会のフーセン(ジェリー)コーバディア共同議長は語った。「われわれは2000年以降、本当に大きな成果を上げてきた。しかし、南アフリカはいまなお、世界で最悪の流行の真っ直中にある。流行を縮小に転じるには、さらに科学者、政治指導者、国際的な資金拠出者、そしてコミュニティのリーダーシップが必要である」

 南アフリカでは、成人の5人に1人に相当する推定570万人がHIV陽性であり、2008年の半ば時点で、生きていくために必要な治療を受けることができている患者はそのうちの60万人にとどまっている。南アフリカのHIV/エイズ国家戦略計画は、2011年までに抗レトロウイルス治療を必要する人の80%に治療を提供し、95%の妊婦に母子感染防止のサービスへのアクセスを確保し、新規感染を半減させることを目標にしている。


 「何が危機にさらされているのかを考えれば、世界経済が苦しい時期だからHIV対策の資金確保が犠牲になってもいいといった考え方を受け入れるべきではない」とIASのフリオ・モンタネール会長は述べた。「私たちは常に効果的な対策を目指してきた。そのための厳格な評価も行っている。しかし、長い目で見れば、人々に早期に、そして持続的な治療を提供していく以上に効果的な方法はない」

医学医療による予防 - マイクロビサイド、ワクチン、暴露前予防

 全体会合の中で、ロナルド・グレイ博士は、性感染症コントロール、マイクロビサイド、暴露前予防(PrEP)、HIVワクチン、男性の割礼など医学医療による予防のための臨床試験について、28件の結果を要約して報告した。これらの臨床試験のうち、有意な予防効果が認められたのはの3件の男性の割礼を含む4件だけだった。グレイ博士によれば、これらの肯定的、あるいは否定的結果から引き出しうる結論の一つは、予防に関する第3層試験は困難で、費用も時間もかかるということだ。究極的に研究者は臨床試験に入る前にもっと慎重に被験者のスクリーニングをしなければならないし、もっと小規模の試験を考える必要があるかもしれない-とグレイ博士は指摘する。そうでなければ巨額の投資を抜きにして厳格で質の高い結果は得られないからだ。グレイ博士は米ジョンズ・ホプキンス大学 のBloomberg School of Public HealthのRobertson Professor of Reproductive Epidemiology in the Department of Population, Family and Reproductive Healthである。

HIVの複製に対する免疫コントロール

 ブルース・ウォーカー博士はHIV感染を制御する際のT細胞のCD4とCD8の役割について分析した。KZNを拠点とする南アフリカの研究者と協力して得られたデータから、ウォーカー博士は、最もよく見られるサブタイプであるHIV-1のサブタイプCに感染した人のT細胞による免疫反応に注目した。いまも続いているこの研究は、慢性的にサブタイプCウイルスに感染しているズル/コーサ族の人たちも含まれている。ウォーカー博士はTリンパ球がHIVを撃退できない理由を研究し、感染者の遺伝的特性がどのように影響するか、Tリンパ球の細胞毒性の変異はどのようにしてHIVの複製能力を弱めるか、人白血球抗原(HLA)システムの中の特定の遺伝子がHIV-1に感染した人のウイルスコントロールに違いをもたらすのはどうしてなのかといった点を検討した。ウォーカー博士はハーバード大学医学部教授で、マサチューセッツ総合病院(MGH)とMIT、ハーバード大学のthe Ragon Institute の所長である。

長期のHIV対策のための資金確保

 ステファノ・ベルトジ博士によると、世界経済危機によってHIV/エイズ対策の資金確保が困難に陥っていることは投資確保の観点からもっと強調すべきであり、短期の緊急対応からより効果の高い長期的アプローチへと発想を変えていくことが求められている。ベルトジ博士はメキシコ国立公衆衛生研究所の Center for Evaluation Research and Surveysの所長である。彼は、HIV介入のための戦略的選択と目標設定の改善、マネージメントの改善、これらの介入の他のサービスとの統合など、有効性を高めるためのいくつかの戦術をあげた。彼はまた、長期的な成果への投資と短期の成果を達成するための資金確保とのバランスを取る必要があることを訴えた。

HIVと超多剤耐性結核

 クワズル・ナタル大学ネルソン・R・マンデラ医学部感染対策部長のプラシニ・モードレイ博士はKZNにおける超多剤耐性結核菌(XDR-TB)の出現と拡大状況を調べ、この地域における結核とHIV感染の流行の関連について説明した。XDR-TBのアウトブレークがあったテグラ・フェリーでの経験をもとに、彼女は結核の拡大要因としてのnosocomialな感染とコミュニティ内の免疫力の低下した患者の増加について検討した。モードレイ博士によると、その結果は、早期診断による積極的な症例把握、すべての結核患者を対象にした適切かつ早期の治療提供、HIVに感染した人へのタイムリーな抗レトロウイルス治療の開始、医療機関の院内感染対策など多角的な結核対策アプローチの必要性を示している。

月曜日のウエブキャストは会議のウエブサイトで本日中に見られるようになる。

米国の指導者たちがオバマ政権下でのHIV政策について講演

 米国の地球規模エイズ調整官(エイズ大使)に就任したエリック・グーズビー氏と米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が昨日の特別セッションで、オバマ政権のもとでの米国の国際的なHIV政策、研究開発について講演した。グーズビー博士は抗レトロウイルス治療をどの時点で開始するかに関する最近の議論を取り上げ、医学的にはCD4細胞が350の段階で治療を開始する方が200で開始するよりもいいことは明らかであると述べた。彼は参加者に対し、世界保健機関(WHO)のHIV治療ガイドラインはこうした医学的な知見に基づいて見直すべきだと語るとともに、一方で各国の経済的な治療提供能力という財政面での現実も考えなければならないと述べている。グーズビー博士はまた、「われわれはジェンダーの不平等に取り組み、女性や女児を取り巻く問題を特に強調していかなければならないと認識している」と語り、PEPFAR(米大統領緊急エイズ救済計画)が、自らの活動やPEPFARが支援するプログラムの中でジェンダーの不平等について重視していく考えを明らかにした。

 ファウチ博士は早期に治療を開始することの利益と費用対効果について述べつつ、現在のHIVに関する科学研究と米国の医療保健政策との関係について検証した。博士によると、病状が進行してから治療を開始した人(CD4細胞50以下)のケアのための年間コストは、早期に治療を開始した人の2倍になることが研究により明らかにされているという。ファウチ博士はまた、HIV陽性者のに対する米国の入国規制は撤廃されるし、米国内の注射針交換プログラムに対する政府予算の禁止規定も解除されることを確信していると語った。この2つの課題は米国で現在、積極的な検討対象になっている。

 特別セッションは世界基金のミシェル・カザツキン代表が座長をつとめた。セッションのウエブキャストはオンラインで見ることができる。









AFRICA STANDS AT A THRESHOLD IN HIV RESPONSE
Focus on the Epicenter of the HIV Epidemic in South Africa
Highlights Both Significant Increases in Access to Treatment
and the Millions Still in Need
(21 July 2009 – Cape Town, South Africa) Examinations of extremely drug resistant tuberculosis (XDR-TB) and immune control of HIV in South Africa’s KwaZulu-Natal Province highlighted the strategic location of the 5th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2009) in the world’s most HIV-impacted country. At Tuesday’s plenary session, the more than 5,000 researchers, clinicians and community leaders attending the conference also took a comprehensive look at research on biomedical interventions to prevent HIV infection and financing the long-term response to HIV amid growing concerns about the impact of the global recession on scale-up. The conference runs from 19-22 July in Cape Town.

“The XIII International AIDS Conference in Durban gave birth to the call for access to HIV treatment for rich and poor alike and the IAS has returned to South Africa as the continent stands at a threshold,” said IAS 2009 Local Co-Chair Dr. Hoosen (Jerry) Coovadia who is Chairman of Dira Sengwe and Scientific Director of the Doris Duke Medical Research Institute at the University of KwaZulu-Natal in Durban. “We have made real progress since 2000 but South Africa still has the worst epidemic in the world and we once again need the leadership of scientists, political leaders, international donors and community to turn the pandemic around.”

An estimated 5.7 million people in South Africa – one in every five adults – is HIV positive, and an estimated 600,000 patients had access to life-saving antiretroviral therapy (ART) by mid-2008. South Africa’s HIV/AIDS National Strategic Plan set targets to treat 80% of people who need ART by 2011, to give 95% of women access to prevention-of-mother-to-child transmission services by 2011, and to reduce new infections by 50% by 2011.

“In light of what is at stake, we are unwilling to accept the idea that HIV funding must fall victim to the global economy,” said IAS President Dr. Julio Montaner, who is IAS 2009 Chair and Director of the BC Centre for Excellence in HIV/AIDS in Vancouver, Canada. “We must always drive for an efficient response that includes rigorous evaluation, but there is nothing we can do that is more efficient in the long run than treating people early and in a sustained way."

Biomedical Prevention – Microbicides, Vaccines, Circumcision and PrEP
In his plenary presentation, Dr. Ronald Gray summarized the results of the 28 completed biomedical HIV prevention trials of STD control, microbicides, pre-exposure prophylaxis (PrEP), HIV vaccines and male circumcision. Of these trials, only four, including three of male circumcision, have reported significant efficacy. According to Dr. Gray, one of the conclusions to be drawn from positive and negative results is that phase III prevention trials are difficult, expensive and time-consuming. Ultimately, according to Dr. Gray, researchers will need to more carefully screen candidate interventions prior to trials and may need to conduct fewer trials, but with a greater investment in rigor and quality. Dr. Gray is Robertson Professor of Reproductive Epidemiology in the Department of Population, Family and Reproductive Health at the Johns Hopkins Bloomberg School of Public Health.

Immune Control of HIV Replication
Dr. Bruce Walker analyzed the roles of CD4 and CD8 T-cell responses in controlling HIV infection. Drawing from data collected from collaboration with South African researchers at a site in KZN, Dr. Walker focused on T-cell-driver immune responses in people infected with HIV-1 subtype C virus, the most common subtype. This ongoing work involves people of Zulu/Xhosa ethnicity who are chronically infected with subtype C virus. Dr. Walker explored several facets of how T lymphocytes fall short in fighting off HIV, including how genetics of the infected person affect HIV control, how mutations in cytotoxic (cell-killing) T lymphocytes can impair HIV's ability to replicate, and why specific genes in the human leukocyte antigen (HLA) system affect viral control differently in people infected with different HIV-1 subtypes. Dr. Walker is Professor of Medicine at Harvard Medical School and Director of the Ragon Institute of MGH, MIT and Harvard.

Financing the Long-Term Response to HIV
According to Dr. Stefano Bertozzi, the threats to HIV/AIDS funding from the global financial crisis will place a greater emphasis on getting value from investments, and require a shift in thinking from a short-term, emergency response to a more efficient, long-term approach. Dr. Bertozzi is Executive Director of the Center for Evaluation Research and Surveys at Mexico’s National Institute of Public Health (INSP). He pointed to several tactics to improve efficiency, including strategic selection and improved targeting of HIV interventions, and better management and strategic integration of those interventions into other services. He also called for more balance between investing for long-term benefit and funding activities to achieve short-term results, including evaluation.

HIV and Extremely Drug-Resistant Tuberculosis
Dr. Prashini Moodley, Chief Specialist and Head of the Department of Infection Prevention and Control at the Nelson R. Mandela School of Medicine, University of KwaZulu-Natal, examined the emergence and spread of XDR-TB in KZN, explaining the interconnections between the local TB and HIV epidemics. Based on the experience of Tegula Ferry, site of a major XDR-TB outbreak, she discussed the roles of both nosocomial spread and the increasing numbers of immune-compromised patients in the community as factors in the spread of TB. According to Dr. Moodley these findings indicate the need for a multi-pronged approach to TB control that includes active case finding through rapid diagnostic methods, appropriate and early treatment for all patients with TB, timely initiation of antiretroviral treatment for all HIV-infected individuals and appropriate hospital infection control.

A webcast of Monday’s plenary will be available on the conference website later in the day.

U.S. Leaders Address HIV Policies Under Obama
U.S. Ambassador at Large and Global AIDS Coordinator Eric Goosby and National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) Director Anthony Fauci yesterday addressed U.S. global HIV policy, research and implementation under the Obama Administration in a special session. Addressing the current debate over when to initiate antiretroviral therapy, Dr. Goosby noted that the science clearly shows starting treatment at CD4 cell counts of 350 is better than starting at counts of 200. He assured delegates that this science will inform discussion of whether the World Health Organization’s HIV treatment guidelines should be revised, but also noted that fiscal realities of what countries can afford will be a consideration. Dr. Goosby also said that PEPFAR is committed to mainstreaming responses to gender inequality in its activities and the programmes it supports. “We know we must place a special emphasis on women and girls to address gender inequity,” he said.

Dr. Fauci reviewed the current state of HIV science and U.S. health policy, noting the benefit and cost-effectiveness of beginning treatment earlier. He cited research showing that the annual cost of caring for someone who starts treatment late in the course of disease (with a CD4 cell count of less than 50) is twice as high as the cost of care for someone who began treatment earlier. Dr. Fauci also said that he is confident the U.S. entry ban on people living with HIV will be lifted, as will the ban on federal funding of needle exchange programmes operating in the U.S. Both issues are under active consideration in the U.S. at present.
The special session was chaired by Global Fund Executive Director Michel Kazatchkine.
A webcast of the session is available online.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック