いよいよ発進 コミュニティ・アクション ’06

(解説)Community Action for AIDS 06実行委員会のプレスレリースです。


・いよいよ発進 コミュニティ・アクション ’06
11月16日、キックオフ・イベント

                Community Action for AIDS 06 実行委員会

 12月1日の世界エイズデーを中心に全国で開催されるさまざまなイベントをエイズキャンペーンの大きなうねりにしていくCommunity Action for AIDS 06がいよいよ、16日にスタートします。11月30-12月2日の3日間、東京で開かれる第20回日本エイズ学会学術集会・総会に呼応して、コンサート、アートイベント、クラブパーティ、シンポジウム、ワークショップ、学習会など、HIV/エイズと関わるさまざまなコミュニティの催しに多くの人が参加できるよう、情報のカタログ化を通して新たな動きを生み出していく試みでもあります。
といっても分かりにくいかもしれませんね。そこで、キックオフ・イベントを開催し、あわせて記者会見を行ないます。百聞は一見にしかずというか、自転車は乗ってみなけりゃ走れないというか、これから情報がどんどん発信されます。参加のかたちもさまざまです。コミュニティ・アクションへの参加を呼びかけるLiving Together宣言に賛同者として名前を連ねていただければ、それも立派なアクションです。
どうか、ご参加いただくようよろしくお願いします。

 日時  2006年11月16日(木)午後3時-4時
 会場  コミュニティセンター akta (東京都新宿区新宿2丁目)
地図 http://www.rainbowring.org/contact/index.html
内容 ・司会(コミュニティ・アクション2006趣旨・概要説明) 長谷川博史 10分
     ・あいさつ(第20回日本エイズ学会とコミュニティ) 池上千寿子 5分
     ・PWA賞授賞式 10分 
        PWA賞について 樽井正義 5分
受賞者発表 プレゼンター 生島嗣 5分
受賞者記念講演 20分 
     ・コミュニティ・アクション参加者によるイベント予告 10分
     ・クロージング・リマーク 根岸昌功 5分 
 なお、キックオフ・イベントにはマスメディアの取材(写真、ビデオ撮影を含む)をお願いしています。

Community Action for AIDS 06の詳細はウエブサイト http://www.c-action.org/
 をご覧ください。

《メディアの皆さんへ》
1. 直前プレス・ブリーフィング (当日午後2時半-3時、会場)
キックオフ・イベントの当日、会場でプレス・ブリーフィングを行ないます。コミュニティ・アクションおよび第20回日本エイズ学会学術集会に関する質問にお答えします。
2.写真、ビデオ撮影についてのお願い
当日は映像を撮られることを望まない方も参加されることが予想されます。撮影の場所、角度、方法などで一部、ご配慮をお願いすることもありますので、ご理解いただくようお願いします。
3.報道担当受付
会場に報道担当受付を設けます。取材をご希望の方は報道担当受付にてプレス資料をお渡しします。

 お問い合わせは 長谷川博史 hasegawa@janpplus.jp
(電話) 03-5367-8558(JaNP+)にお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック