アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「グローバルファンド」のブログ記事

みんなの「グローバルファンド」ブログ

タイトル 日 時
グローバルファンドへの全面的な支援をドナーが約束、UNAIDSは将来のHIV資金確保に期待
(解説) グローバルファンドの第5次増資会合閉幕後に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレス声明の日本語仮訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 22:55
『グローバルファンドのドナーが、流行終結を助けるため、ほぼ130億ドルを約束』
(解説) 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)に対する来年(2017年)から3年間の資金拠出額を各国や民間のドナーが約束する第5次増資会合が9月16、17日の2日間、カナダのモントリオールで開かれました。その結果についてグローバルファンドの公式サイトのニュース欄に掲載された報告の日本語仮訳です。 昨年12月に東京で開かれた増資準備会合では大枠として130億ドルの目標額が示され、今回の会議では各国および民間のドナーが「じゃあ、うちはこれだけ出しましょう」という誓約を行うという... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/09/20 00:05
グローバルファンド第5次増資会合に向けて UNAIDS、IAS
(解説)時差を考えると、カナダ東部のモントリオールはまだ、16日の未明でしょうか。♪夜が明けたら・・・一番早い列車に乗るから・・・じゃなかった。夜が明けたら、カナダ政府主催の世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)の第5次増資会合が始まります。来年から3年間のグローバルファンドの活動を支える土台ともいうべき重要な会議です。  昨年の12月には東京で日本政府主催の増資準備会合が開かれ、拠出総額の目標を130億米ドルとすることが大枠としてまとまりました。今回の会議はその約束に沿... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/16 15:40
世界エイズ・結核・マラリア対策基金第21回理事会報告会
 世界エイズ・結核・マラリア対策基金は21世紀に入ってからの途上国における治療の普及を資金面から大きく支え、この10年における地球規模のエイズ対策のめざましい成果の原動力となりました。日本が九州沖縄サミットで提唱したメカニズムが具体化したものであるという点でも注目したい組織です。最新の動向を伝える報告会が6月2日に開かれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/22 01:01
将来計画の形成に前進(世界基金理事会報告)
 (解説) ジュネーブで4月に開かれた世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)の理事会について、日本の市民セクターから参加したアフリカ日本協議会(AJF)の稲場雅紀氏が報告をまとめました。クレジットにあるグローバル・エイズ・アップデイトは、世界のエイズ対策の動向を定期的に伝えるAJFのメルマガで、わが国のエイズ対策を考えるうえでも非常に貴重な情報源となっています。今回の理事会は、資金規模、各国のプログラム全体への直接投資、市民社会・民間セクターの参加拡大、目的限定拠出への部分的容認などが打... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/24 09:43
医学専門誌にGAPの広告が載った
(解説)ボノが提唱したProduct REDは、米国にも広がり、i-podにもRED商品が登場しました。日本でも購入可能なようですね。ところでREDってなにという方のために、参考までにフジ・サンケイ・ビジネスアイに掲載されたコラムを転載します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/18 22:40
中国におけるHIV/AIDS対策の進展
 (解説)世界基金支援日本委員会と中国感染症対策センターは2006年7月10、11日の2日間、北京で国際シンポジウム「3大感染症対策東アジア地域協力北京会議」を開催しまた。エイズ、結核、マラリアの3大感染症に関しては、東京で2005年6月、九州・沖縄サミット世界基金構想5周年特別シンポジウム「3大感染症に対する東アジアの地域的対応」が開かれており、今回の北京会議はそのフォローアップ会議として「東アジア地域における3大感染症対策の共通課題を討議し、国境を越えた協力関係のもとに成果を上げている成功... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 01:39
ダボス会議とエイズ対策
 2月17日付の経済紙「フジサンケイ ビジネスアイ」に掲載されたコラムです。   ◎ビジネスが変わってきた           ダボス会議とエイズ対策 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/17 02:51
プロダクトRED
(解説)スイスのダボスで開かれている世界経済フォーラムは毎年、世界の政治やビジネスの指導者が集まる大会議です。今年のフォーラム会場で1月26日、Product REDというイニシアティブ(計画、構想)が発表されました。REDはHIV/エイズとの闘いのシンボルとなっているレッド・リボンからの発想でしょう。とは言っても内容がよく分からないので、資料をかき集め、(1)HIV/エイズの観点から世界経済フォーラムを紹介しているUNAIDSの「エイズ:everybody’s business」と(2)1月2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/29 21:28
世界エイズ・結核・マラリア対策基金 津波への対応
世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)のプレスレリース  スマトラ沖地震の津波への対応 の日本語訳は世界基金支援日本委員会のウエブサイト http://www.jcie.or.jp/fgfj/02tsunami.html で見ることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/24 18:04

トップへ | みんなの「グローバルファンド」ブログ

エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト グローバルファンドのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる