エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 結核終結に向けたモスクワ宣言3(約束と呼びかけ3、4)

<<   作成日時 : 2018/02/10 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


3) 科学研究と技術革新を進める

私たちは以下の約束をする
*多くの学問領域にわたる結核研究と技術革新、および保健医療分野の応用研究を迅速に進めるうえで必要な国および地域の能力と資金を拡大する。市民社会やコミュニティも含めた国の結核研究ネットワークを確立、強化し、結核研究が国の結核対策と研究開発戦略の中心的な要素であることを念頭に置きつつ、現存するネットワークを結核研究に統合、拡大し、研究およびその実施の妨げとなる規制を緩和する。
*研究目的に関連する各省庁、ドナー、科学コミュニティ、民間部門、学術およびその他の関係者が適切なかたちで;(a)以下の開発と評価を行う(1)診療の場における迅速診断(2)すべてのかたちの結核(潜在性結核感染症、薬剤耐性結核を含む)に対するより効果の高い新薬、およびより短期かつ良質で費用対効果の高い治療法(3)2025年までの安全で効果的な結核ワクチン開発 (b)結核流行の環境的、社会的な要因を把握し、効果的対応戦略に取り組む。
*必要に応じて国および世界レベルの研究体制の改善をはかり、新たな知見を適切な政策の枠組みに位置づけるなど、新規医療技術の速やかな導入を可能にする。
*必要に応じて、サーベイランスシステムの強化、すべてのレベルのデータ収集と報告の改善、革新的手法の活用を進め、結核研究の課題にサーベイランスを含める。


私たちは次のことを呼びかける
*WHOは世界のパートナー、研究機関、ドナー、科学コミュニティ、および各国と協力し、第9回BRICS首脳会議のアモイ宣言に盛り込まれた結核研究ネットワークなど現在進められている努力や新たな動きを考慮しつつ結核研究世界戦略の策定を検討する。
*WHOはグローバルヘルスのパートナーや研究パートナー、および各国と協力して、可能なら2017年G20ハンブルク・サミット首脳宣言で提案された薬剤耐性研究開発協力ハブのように現存する研究ネットワークを結核研究に適用することも考えつつ、結核の研究開発をさらに進め、結核予防、診断、治療、ケアの革新的なアプローチとツールを迅速に広げるための協力と調整に取り組む。


4) 多分野にまたがる責任体制を整える
2030年の結核終結には、世界全体でも各国の国内でも、知識の集積を有効かつ迅速な行動に変え、この宣言の約束を果たせるようにするしっかりとしたデータが必要になる。多分野にまたがる新たな責任体制によって、実行状況を検証、監視し、SDGと結核終結戦略の目標を段階的に達成していくうえで、さらにどんな行動が必要なのかを判断する体系的なアプローチが可能になる。深刻な影響を受けている国を重視しつつ、エビデンスと自立した分析、そして関連するすべてのパートナー間の建設的な協力の上に責任体制を構築しなければならない。また、重複を避け、報告が重荷にならないようにする必要がある。最大限の成果を上げるには、多分野にまたがり、公平性やジェンダーの平等、人権、倫理を尊重するための責任体制を以下のニーズに従って構築しなければならない:
a) 保健省が市民社会と協力して招集する結核に関する省庁間委員会、またはそれと同等の組織。必要なら政府首脳が直接、関与する。分野横断的な会議体がすでにあるのならそこに結核対策を含め、重複を避けるために既存の結核対策担当機関と協議しつつ対応をとる。
b) すべての関連部門のすべてのレベルでアドボカシーを強化するメカニズム。
c) 性別、年齢別データを含め、定義のしっかりした報告と明確な目標に向けた進捗状況をモニターするための検証プロセス。
d) 市民社会、および主要関係者の積極的な関与とモニタリング、報告、監査の機会。

私たちは以下の約束をする
*関連SDG指標および結核終結戦略の運用指標を活用し、ストップ結核パートナーシップが結核制圧のためのグローバルプラン2016-2020で設定した資金確保基準も適用しつつ、結核終結というSDGターゲットへの前進をはかるため、2018年の国連総会結核ハイレベル会合に先立ち、多分野にまたがる責任体制の構築を支援する。

私たちは次のことを呼びかける
*WHOは、国連結核特使や加盟国、適切なら地域的な経済統合組織、市民社会代表、国連機関、世界銀行および他の多国間開発銀行、UNITAIDE、ストップ結核パートナーシップ、世界エイズ・結核・マラリア対策基金、研究機関その他のパートナーと緊密に協力しつつ、WHO管理機構が検討できるよう多分野にまたがる責任体制を構築する。一方で、すでにある多分野および関係者による枠組みを考慮に入れ、建設的かつ独立した立場から世界レベルおよび各国レベルの成果を測れるようにする。とりわけ結核の影響を大きく受けている国々には注意を払い、成果を個々に検証する
*WHOは加盟国および主要関係者と協力して報告体制を構築し、独立の検証結果に基づく世界の結核対策の多分野にまたがる進捗報告書を定期的にまとめる。


今後について
 私たちはWHOと協力し、各国政府の指導者、関連部門、国連機関、二国間・多国間資金機関、ドナー、学術専門家、研究機関、科学コミュニティ、市民社会、民間部門とともに、この宣言に基づく行動を直ちに取ること、そして2018年にニューヨークで開かれる国連総会結核ハイレベル会合の準備およびフォローアップに取り組むことを約束し、結論とする。



3) PURSUING SCIENCE, RESEARCH AND INNOVATION
WE COMMIT TO
Increasing national and/or regional capacity and funding, as needed, to urgently expand multidisciplinary TB research and innovation, as well as applied health research, by establishing and/or strengthening national TB research networks including civil society and community-based mechanisms, considering TB research as a central element of national TB and R&D strategies, expanding existing networks to integrate TB research, and reducing research- and implementation-related regulatory impediments.
Working, when relevant, across ministries, donors, the scientific community and the private sector, academia, and other key stakeholders for the purpose of research: (a) for development and evaluation of (i) rapid point of care diagnostics, (ii) new and more effective drugs, and shorter, high-quality and cost-effective treatment regimens for all forms of TB (including latent TB infection and drug-resistant TB), and (iii) safe and effective TB vaccines by 2025; and (b) on environmental and social determinants of TB and effective interventions strategies.
Improving, as appropriate, the coordination of research efforts nationally and globally, and ensuring that the emerging knowledge is promptly put into action, including by putting in place appropriate policy frameworks and implementing new medical technologies.
Strengthening, as appropriate, surveillance systems, improving data collection and reporting at all levels, utilising innovative approaches and including surveillance in TB research agendas.


WE CALL UPON
WHO in collaboration with global partners, research organizations, donors, the scientific community and countries to consider developing a Global Strategy for TB Research taking into consideration ongoing and new efforts, such as the TB Research Network stated in the BRICS Leaders Xiamen Declaration.
WHO in collaboration with global health and research partners and countries to make further progress in enhancing cooperation and coordination of TB research and development, considering where possible drawing on existing research networks to integrate TB research, such as the new AMR Research and Development Collaboration Hub proposed in the 2017 G20 Leaders’ Declaration, notably to facilitate rapid scale up of innovative approaches and tools for TB prevention, diagnosis, treatment and care.


4) DEVELOPING A MULTISECTORAL ACCOUNTABILITY FRAMEWORK

To end TB by 2030, we will need reliable data to ensure that our collective knowledge is transformed into effective and timely action, both globally and domestically, and that we deliver on the commitments made in this Declaration. A new multisectoral accountability framework should enable the review and monitoring of implementation and provide a systematic approach to determine additional actions required to achieve the SDG and End TB Strategy milestones and targets. The accountability framework should build upon evidence, independent analysis and constructive collaboration among all relevant partners, with an emphasis on high-burden countries, and should avoid duplication and increased reporting burden. To maximize impact, a multisectoral accountability framework that is based on approaches protecting and promoting equity, gender equality, human rights and ethics could, according to needs, include:
a) The convening of national inter-ministerial commissions on TB, or their equivalent, by Ministries of Health in partnership with civil society and, where appropriate, with the direct engagement of the Heads of State, and the consideration of expanding existing intersectoral fora to include actions against TB in consultation with existing entities the goals of which include combatting TB so as to avoid duplication of efforts;
b) Mechanisms for strengthening advocacy at all levels within all relevant sectors;
c) Well-defined reporting, including sex- and age-disaggregated data, and review processes to monitor progress toward clear goals; and
d) Opportunities for active engagement, monitoring, reporting and/or audits by civil society, as well as other key stakeholders.


WE COMMIT TO
Supporting the development of a multisectoral accountability framework in advance of the 2018 UNGA High-Level Meeting on TB, to track progress towards the SDG target of ending TB using relevant SDG indicators and the End TB Strategy operational indicators, and applying financing benchmarks set by the Stop TB Partnership Global Plan to Stop TB 2016-2020.

WE CALL UPON
WHO, working in close cooperation with the UN Special Envoy on TB, Member States, including, where applicable, regional economic integration organizations, civil society representatives, UN Organizations, the World Bank and other multilateral development banks, UNITAID, the Stop TB Partnership, the Global Fund to Fight AIDS, TB and Malaria, research institutes and other partners, to develop the multisectoral accountability framework for the consideration of the WHO Governing Bodies, while taking into account existing multisectoral and multi-stakeholder frameworks, that enables measuring progress both globally and nationally through an independent, constructive and positive approach, especially in the highest burden countries, and an independent review of progress by those countries.
WHO, in collaboration with Member States and key stakeholders, to develop a reporting framework and periodicity for a multisectoral global progress report on TB, subject to independent review.


WAY FORWARD
We conclude with a commitment to act immediately on this Declaration in coordination with the WHO, and to engage with leaders and all relevant sectors of Government, UN agencies, bilateral and multilateral funding agencies and donors, academia, research organizations, scientific community, civil society and the private sector to prepare for and follow-up on the UNGA High-Level Meeting on Tuberculosis in 2018 in New York.




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結核終結に向けたモスクワ宣言3(約束と呼びかけ3、4)  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる